飛蚊症(ひぶんしょう)とは!原因 症状 対策 予防法は?



視界にゴミや虫が飛んで見える目の病気を飛蚊症といいますが、多くは違和感をおぼえるだけで治療の必要はないといわれています。
しかし、まれに失明したり他の危険な病気のサインだったりすることもあるようです。
飛蚊症の原因や症状・対策について調べてみました。

スポンサードリンク

私も若い頃から飛蚊症なので
飛蚊症のことはある程度理解してるつもりだったのですが、
ココでもう一度おさらいを兼ねて調べてみることにしました。
 

■飛蚊症の原因は?

私たちがものを見る時、
瞳孔から入った光はゼリー状の硝子体を通って網膜に達し、脳に信号が送られます。

その場合、硝子体が濁ったり網膜が出血したりすると、
網膜に影が映り、虫などが目の前を飛んでいるように見えます。

なぜ硝子体は濁るのかというと
硝子体が濁る原因として最も一般的なのが加齢です。

加齢って本当にタチが悪いです…( ノД`)

加齢で硝子体にあるコラーゲンなどの繊維が塊を作るためだとされています。

その他、近視の人やぶどう膜という目の組織などに炎症が起きて、
濁りが生じる場合もあるそうです。

出血はボールが目に当たるなど、強い衝撃を受けた際
網膜が裂けたり、はがれたりして起きることがあります。

その他、糖尿病や高血圧などで
目に新しくもろい血管が増えることも原因になるようです。

 

■飛蚊症の症状は?

虫や糸くずなど様々な形をした影が飛んでいるように見えるケースが一般的です。

特に白い壁や空を見上げた時、ハッキリ現れます。

このうちまれに、硝子体や網膜に出血が起こると
目の前にカーテンがかかったり、墨が垂れてきたように見えたりと
視界が狭くなることがあります。

この場合は、進行すると失明することもあるので
早めに病院へいくようにしてください。

ぶどう膜の炎症で飛蚊症になる場合、失明する可能性は低いですが
光をまぶしく感じたり痛みや充血がでることがあり治療が必要だといわれています。
 

スポンサードリンク

 

■飛蚊症の治し方は?

私も学生の時から、0.1もないド近視だったのですから飛蚊症歴は長いです。

私の場合は糸くずがフワフワ目の中を飛んでる感じです。
そして視線を左右に動かすと、糸くずも同じようについてきます。

最初は何かな?って感じで、
そのうち気になるとイラっとしたりもしてました。

それでも痛くもかゆくもないので過ごしていたら、
近視の人にそんな目の症状が多いということがわかりました。

「へ~そうなんだ」 という感じで…
病院へも行かなかったのですが、それからはあまり気にならなくなりました。

とりあえず硝子体が濁り虫のようなものが見えたら
医師に診断してもらってください。

ただ、加齢や近視が原因の場合は治療はいりません。

飛蚊症の患者さんが100人居たら99人はこの状態だといわれています。

私の場合は強度の近視から来ていて
今は、加齢も加わって年季もはいっています。

いや本当にですね、飛蚊症は誰でもあるようですし、
加齢や近視が原因と診断されれば
命にかかわることではないので気にしないことが一番です。

しかし、出血がある場合は治療が必要で
網膜が避けていたら手術になります。

まず点眼薬で麻酔をかけレーザーを照射して
損傷部分を修復します。

剥離していると硝子体の形を整えるために細い針を刺してガスを補充したり
シリコン製の小型スポンジを眼球の外側に縫い付けたりする手術が一般的だといわれています。

患者の年齢から適した方法が勧められるようです。

ぶどう膜の炎症ならば手術せず、ステロイドなどの点眼薬や飲み薬で治療!
糖尿病など、ほかの病気が関連していれば、その病気の治療も重要になってきます。

 

■飛蚊症の予防は?

加齢で硝子体の濁りを防ぐのは難しいようですね
近視は目の体操などで一定は防げます。

近視がひどくならないように、
目の体操をしたり、遠くの緑を眺めて眼を休ませたりしてみてください。

糖尿病や高血圧が原因の場合は、
食事や運動、睡眠など生活習慣の見直しが大切だといわれています。

ただ、網膜剥離やぶどう膜炎で発生した飛蚊症はかなり辛いようですので
早期発見し治療が必要かどうかを正しく見極める必要があります。

何だか目がおかしい、蚊のようなものが飛んだり丸い黒い玉が飛んで見えるようなら
早めに医師に見せて診断してもらうことが大切といえるでしょう。

関連記事
・眼瞼下垂症とは!原因 症状 治療 予防法について!
・白内障とは!原因と初期症状の見え方は?手術の方法と費用は?
・涙が溢れて止まらない原因は目のシワだった!結膜弛緩症の症状と対策!
・加齢黄斑変性症の原因と症状!失明しないための予防と対策は?
・眼精疲労の原因はドライアイ?!頭痛、肩こり、目のぼやけ、しょぼつきを改善する方法
・視野が狭くなった原因は緑内障?自覚症状や予防と対策を知りたい

まとめ

飛蚊症は網膜に繊維や血の影が映り、虫が飛んでいるように見える目の病気です。
加齢や近視、網膜が裂けたり、高血圧や糖尿病などでも発症する病気だといわれています。
99%は加齢や近視の場合が多く治療はいらないそうでが、
網膜が裂けていれば手術もいりますので、早期の発見と診断が求められます。
おかしいなと思ったら、お医者さんの診断を仰ぐようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です