トウモロコシの美味しさはひげ次第!レンジで調理の時間と悪魔の作物の意味は?



トウモロコシは茹でても焼いても美味しいですね。
たくさんのひげがありますが、これは何故ついているのでしょう。
実は意味なくついているのではなくちゃんと理由があるんです。
トウモロコシのひげのヒミツや調理方法!「悪魔の作物」といわれる理由とは・・・

スポンサードリンク

■トウモロコシのひげのここがスゴイ!

トウモロコシにはひげがありますが、それには理由があります。

黄金に輝くトウモロコシの実は
そのひと粒ひと粒がひげと直結しているんです。

つまり、実の数とひげの数は全く同じなんですね。 |)゜0゜(| ワオー

ちなみにトウモロコシ1本には何個の実があると思いますか?

1本につき実の数は、500~700粒

ということはひげもこの数と同じ数だけあるってことになります。

ひげは、正しくはめしべ(絹糸)で、
実の成長には欠かせないものです。

もし成長途中でひげを抜くようなことがあれば、そのひげにつながっている実は、
それ以上育たない仕組みになっています。

まるで “へその緒” みたいに
ひげと実はとても深い関係にあるようですね。

ひげと実が切っても切れない関係にあるということは
裏を返せば、ひげの状態をみれば中身の粒の状態がわかるということになります。

ひげの数が少なければ当然粒の数も少なく
ひげが干からびていれば鮮度が落ちている。

ひげが緑色ならまだ未熟で甘みが足らないってことになり、
茶褐色でみずみずしく光沢のあるひげなら今が旬の食べごろ…ということになります。

まさにひげはトウモロコシのおいしさのバロメーターと言えます。

ただし、皮も鮮度を見分けるには重要なポイントとなり、
鮮やかな緑色でつやのあるものは新鮮な証拠なので覚えておくと失敗しませんよ。

ところで、トウモロコシは鮮度の低下が激しい野菜。
時間とともにどんどん糖分がでんぷんに変化してしまい、甘みが失われてしまいます。

買ったものはその日のうちに食べるか、
早めにゆでて冷蔵庫へ入れた方が風味が保てますよ ٩(ˊᗜˋ*)و
 

スポンサードリンク

 

■レンジでチンするだけ!茹でトウモロコシの作り方

普通は、トウモロコシの皮とヒゲをとってから、お湯で茹でると思いますが、
電子レンジを使うと簡単に茹であげることができます。

水を使わないので甘みが増すんです。
では早速作り方をご紹介しますね。

1、皮をむきヒゲを取り、水洗いします。

2、キッチンペーパーで軽く水分をとって、全体に軽く塩をふりかけます。

3、ラップをしてレンジでチンするだけで出来上がり~

ほら、簡単だったでしょ (゚∀゚ノ)

トウモロコシ1本あたりの重さは、300~450gですから

500ワットなら1本で3~4分程度。
2本なら倍の6~8分程度になります。

100gあたり1分30秒 が目安と覚えておいてください。

レンジのワット数やトウモロコシの本数で時間が変わりますから
自宅のレンジでタイミングを見ながら、やってみてくださいね。

 

■トウモロコシが悪魔の作物と飛ばれる意味は?

トウモロコシは小麦 米と並ぶ三大穀物のひとつ
ところが「悪魔の作物」というありがたくない称号をもっています。

じつはトウモロコシは生命力が強く、超えた土地でなくても水分や肥料を吸収してよく育ち
光合成の能力も強く 収穫量も多いというたくましい野菜。

その代わり土の中の有機物もどんどん吸収してしまうため
その土地をいっそうやせさせてしまうのが欠点だそうです。

世界最大の生産国アメリカのなかでも、とくに北アメリカの五大湖南西部地方では
一帯が広大な「悪魔の作物」のトウモロコシ畑となっているため、土壌の砂漠化が心配されているそうです。

大地の栄養をタップリ吸い上げたトウモロコシだとわかると、
ガッツリと大地のパワーを頂けるようで、夏の疲れも吹っ飛びそうですね。 

トウモロコシを食べて元気になりましょう٩(ˊᗜˋ*)و

参考書籍:雑誌ESSE 暮らしの何故に答える

まとめ

トウモロコシのひげはめしべ。
実のひとつひとつと直結してるからおいしさのバロメーターになるということです。
ひげは実が熟すバロメーターだと思っていたのですが、まさかひげの数と粒数が同じだとは知らない人も多いのではないでしょうか。
トウモロコシは生命力が強く、痩せた土地でもよく育つため、その土地を一層痩せさせてしまうのだとか。
そのため「悪魔の作物」というありがたくない称号をもらっていますが、
ダイヤモンドのようにキラキラ輝く黄金の粒からは到底創造もできないパワーフードだと思います ٩(ˊᗜˋ*)و

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です