歌舞伎俳優の中村京紫さん(52歳)舌癌で死去! 舌がんの原因や症状 治療法は?



中村京紫さん(なかむら・きょうし、本名松本祥康=まつもと・よしやす=歌舞伎俳優)さんが9日午後0時20分、舌がんのため東京都内の自宅で死去されました。
まだ52歳という若さ。第一線で活躍する歌舞伎俳優の中村京紫さんを襲った舌癌とはどのような癌なのでしょう?

スポンサードリンク

歌舞伎俳優の中村京紫さんがお亡くなりになられました。
働き盛り、男盛りの52歳という若さです。

歌舞伎界では、勘三郎さん、團十郎さん、三津五郎さんなど、
若くして立て続けに亡くなられていて、またもや因縁があるのかと疑ってしまいます。

中村京紫(なかむら・きょうし)さんのプロフィールを調べてみました。


出典:http://www.sanspo.com/geino/photos/20170810/geo17081019200030-p1.html

本名:松本祥康(まつもと・よしやす)
出身:福岡
生年月日:1965年
没年月日:2017年8月9日(享年52歳)
職業:歌舞伎俳優

京紫さんは1986年、国立劇場歌舞伎俳優研修終了。
同年4月、本名で初舞台。87年2月、四代目中村雀右衛門に入門し、
同4月、歌舞伎座で中村京紫を名乗ることになります。

時代物の局や腰元、世話物の芸者、仲居など、
しっとりと美しい色気がある真女方(まおんながた=女性の役しか演じない俳優)として活躍されます。

最後の舞台は今年3月の国立劇場で行われた「伊賀越道中双六」での腰元役となりました。
ご冥福をお祈りいたします。

出典:https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/10/0010451204.shtml
 

■舌癌って?

舌癌は口腔にできるがんの中で一番多いがんとされ
ウイキぺディアでは下記のように説明されています。

舌癌(ぜつがん)は、口腔癌の一つで、舌前方2/3(有郭乳頭より前方)と舌下面の範囲で発生する腫瘍。
口腔癌の中で最も多く、報告によっても差があるが、口腔癌全体の30%〜60%を占め、
そのほとんどは舌縁部に発生する。

舌癌は舌のヘリ(縁側)、とくに奥歯のあたりのへりにできます。

腫れものが大きくなるとしたがこわばって話がしにくくなります。

舌は食べたり飲んだり話をしたりと動かすことが多く、安静を保ちにくいので、がんの進行も速く、
リンパ節に転移するおそれもあるといわれています。

また例え治療で良くなったとしても、後でその障害が残るといわれています。

 

■舌癌の原因は?

舌癌の原因には歯、または義歯の影響がかなり考えられています。

普通はそのようなことはないのですが、
時に舌のへりが虫歯や義歯に長期間あたるようなことがあります。

それは痛むのでわかります。

この慢性の刺激が続いていると、初めは外傷による潰瘍ができ
その後、舌癌になることがあると考えられています。

その他、アルコールやタバコ、香辛料などの刺激物などの刺激物も舌癌の原因とされています。

また、虫歯が原因で舌癌にもなるみたいです。
虫歯があると舌で虫歯を触ったりしますよね?それが原因で舌癌になるという話もあります。

判別がつきにくいのは、虫歯や義歯によってできる潰瘍です。

外傷性(褥瘡性)の潰瘍は、虫歯の処置や義歯の調整をすれば間もなく治りますが
がんの潰瘍は治りません。

舌癌は50代前後の方がなりやすいといわれていますが
専門であれば見ただけですぐわかります。

確実な診断は生検といい、組織を取り顕微鏡で調べます。
 

スポンサードリンク

 

■舌癌の症状は?

初期症状は痛みのあるただれ(潰瘍)から始まります。
それはほとんど舌のヘリ(縁側)、とくに奥歯のあたりのへりにできます。

舌癌症状の画像はこちらで見ることができます。

舌癌は舌の先や中央にはできにくく、奥歯のあたる後方の縁側にでき、
潰瘍面がでこぼこしていたり、腫れていたりして痛みを伴います。

このただれは1~2週間では治らないで、
次第にそのまわりがかたくなり大きくなります。

そのうち舌が動きづらくなり、顎下リンパ節に腫れがでてきます。
痛みや出血、さらには舌の運動や咀嚼、嚥下、構音機能の障害もでてくるようになります。

 

■舌癌の治療法は?

舌がん、歯肉がんなどの口腔(こうくう)がんは、
外照射による放射線治療が効きにくいので、他の臓器に転移がない限り、初回治療は手術になります。

手術でがんをその周囲の組織と共に取り除きます。

早期の舌がんで部分切除なら、舌の機能にはほとんど影響が出ないので、
手術後もこれまでと同じように食べたり話したりできます。

予後は良好で高い治癒率を示しています。

しかし大きくなると舌全体を取ることもあります。
進行がんで広い範囲の切除を行った場合、後に切除した部分を修復する手術が再建手術です。

その際腹部(腹直筋皮弁)や太もも(大腿=だいたい=皮弁)の組織を用いて再建します。
これはマイクロサージャリーによる遊離組織移植といって、頭頸部再建で一般的に行われる手技です。

遊離組織移植が普及していなかった時には、進行舌がんの術後の誤嚥(ごえん)性肺炎を予防するために、
のどにがんがなくても声帯を切除することもあったようです。

しかし遊離組織移植が広まってからは、舌を全摘した人でもほとんど声帯を残せるようになりました。
 
がん治療を受ける病院を選ぶ際には、
日本頭頸部外科学会の認定施設かどうかが、一つの目安になると思います。
同学会のホームページを参考にしてみてください。
http://www.jshns.umin.jp/senmoni/senmoni_meibo_shisetsu.html

 
中村京紫さんの葬儀は東京都杉並区にあるコムウェイホール高円寺で14日の朝の11時よりとり行われます。
心よりご冥福をお祈りいたします。 合掌

まとめ

舌癌の原因は、喫煙、飲酒のほか、合わない入れ歯やさし歯による刺激、虫歯でとがった歯に触れることによる傷、口の中の汚れによる炎症、悪い歯並びによる刺激、食べ物の刺激などが考えられています。
舌がんの治療内容によっては食事の接種、会話などに支障をきたしかねない病気ですので不安な方は早めの受診をおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です