増えてる20代30代の若年性乳がんの原因と自分で確認する方法!!


kafun
乳がんと聞くと、40代以上の女性の人がかかる病気と思っていませんか?
しかし、最近は20代~30代の人がかかる「若年性乳がん」が増えているといわれています。

スポンサードリンク

若年性乳がんと普通の乳がんの違いってなんでしょうか。
どのようにして早期発見すればいいのでしょうか?

■「若年性乳がん」とは

若年性乳がんとは、
35歳以下の女性がかかる乳がんのことをいいます。

一般に、乳がんを発症するのは40~50代の女性が多く、
35歳以下の乳がん率は3%以下と少ない数値だといわれています。

現在、市町村などの自治体の多くは、
40代未満では、「問診と視触診」による乳がん検診がすすめられています。
(マンモグラフィ検査も行うこところもあります)

問診
視診・・・眼で異常の有無を確認
触診・・・手で触れて「しこり」等の有無を確認

40歳未満の若い方は、乳がん検診の対象から外れていることや、
若い女性の乳房は張りがあるため、
しこりが小さいうちは見つけにくい
ことが関係していると思われます。

そのため、検診を受けても見逃されてしまうことがあります。
乳がんは、若い人ほど発見が遅れがちになるといわれる理由です。

若年性乳がんの場合は、がんの進行が早く、
発見した時点で腫瘍が大きくなっている傾向
があり、
また再発の可能性も高いことが指摘されています。

そのため、早期発見をすることがより重要になります。

近年の日本では食生活などの欧米化で、乳がん発症の若年化が進んでおり、
20代30代でも乳がんの危険年齢といわれています。

 

■若年性乳がんの特徴とは

・進行が早い
・皮膚症状が少ない
・しこりが大きい
・両側ではなく片側に発生することが多い

 

通常の乳がんは皮膚の浮腫や衛星結節といった皮膚の病変が表れますが、
若年性乳がんではあまり見られません

また、若年性乳がんの場合、
しこりの大きさは平均して2.9cmと、かなり大きくなりるのも特徴です。

スポンサードリンク

 

■若年性乳がんになりやすい人とは

乳がんには初期症状がほとんどなく、
気づかずに放置してしまうことも少なくありません。

そのため、乳腺の外までがん細胞が増殖し、
転移してしまう可能性があります。

また、若年性乳がんにかかりやすい人には次のような特徴があります。

・身内に乳がんを患った人がいる
・肥満体質である
・初経(初潮)が早かった
・出産経験がない
・過剰にアルコールを摂取している
・栄養バランスの偏った食事をしている

 

さらに詳しく書いてるこちらの記事も参考になると思います。
>>乳がんリスクを高める6つの原因とその訳

家族性乳がんのように、遺伝的な要因が考えられる方では、
定期的な検診や観察が重要です。

無症状で健康な20~30代の女性の場合は、自己検診を基本とし、
異常を感じたら専門医に診てもらうのが原則と言えるでしょう。

 

■乳がんを自分で見つける方法

乳腺の状態は、月経周期に伴って変化するので、
生理がある方の場合は、乳腺が張っている排卵後から生理前を避け、
生理になって5~10日以内、乳房が柔らかくなる時期が適しています。

閉経している方の場合は、ホルモンレベルはほぼ一定なので、
月に1回、日を決めて、自己検診を行うことが勧められています。

乳がんは何より早期発見と治療が大切です。
チェックするには「目で見る」と「触診する」の2つの方法があります。

 

・見てチェック

裸の状態で手を頭の後ろで組み、
バストやワキに不自然な凹凸がないかをチェックする。

・触ってチェック

1:枕の上に背中を乗せて仰向けになる
2:片手を頭より高い位置でのばして、ワキのリンパの部分や乳房を触る
3:しこりやくぼみがないか、また乳頭がただれていないかをチェックする

 

指の腹を使って少しずつ確認します。

つまんだり力を入れすぎたりすると、きちんと判断きません。
腫瘍(ガン)があると、ごつごつした感触があり、
肉まん(乳房)に梅干しの種(しこり)が入っているようなイメージがあります。

若年性乳がんは、
早期発見であれば治る可能性が高いです。

20歳を過ぎたら月に1度はセルフチェックし、
定期的な健診を受けることが大切だといわれています。

 

追加記事:2017年6月23日
小林麻央さんが2017年6月22日に亡くなられました。
ここに心よりご冥福をお祈りいたします。
小林麻央さん(34歳)死去!壮絶がん闘病の末お別れの言葉は「愛してる」

こちらの記事もよく読まれています。参考にしてみてくださいね。
・小林麻央さんは乳がんだった!梨園の妻の責任と使命が原因?!
・乳がん検診の落とし穴!マンモグラフィーの過信は危険と心得よ!
・乳がんリスクを高める6つの原因とその訳
・乳房のしこりと痛みを見逃すな!自分で守る乳がん初期症状対策
・がんの要因は遺伝だけではなかった!ストレス 低体温 睡眠不足が危ない!?
・川島なお美さん無念の死!命を奪った胆管がんの原因と治療法とは

まとめ

若年性乳がんは、比較的若い35歳以下の女性に発症するがんです。進行が早く気づきにくいといわれています。「まだ若いから」と油断せず、乳房の異常に気づいたら、専門医を受診して必要な検査を行うことが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です