女性ホルモンとは!ホルモンバランスを整えるサプリメントは何がいい?



“女性ホルモン”のターニングポイントは42歳!
美容だけでなく、健康面にも大きな作用をもたらしてくれる“女性ホルモン”ですが、女性の一生は“女性ホルモン”の影響を多く受けているということをご存知ですか?
女性ホルモンとは何か、ホルモンバランスを整えるサプリも一緒にご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

■女性ホルモンって何?

女性ホルモンとは、卵巣から分泌され、
妊娠、出産を成し遂げるために重要な役割を果たすホルモンのことです。

また同時に、女性の若さを守り、多様な健康トラブルを回避してくれるパワーがあります。
女性が男性より寿命が長いのは、 女性ホルモンが生命機能を守ってくれているからだといわれています。

女性ホルモンには、
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類があります。

エストロゲンは女性らしいからだをつくる元になるホルモン。
胸のふくらみ、くびれたウエスト、丸みのある豊かなヒップ、つややかな肌と髪など
このような女性のからだの特徴はエストロゲンの働きによります。

一方、プロゲステロンの方は、エストロゲンの働きを補足する役割。
エストロゲンが過剰になると、体脂肪が増加したり
甲状腺に異常が起きたりして体調が乱れますが、これを抑制してくれます。

女性ホルモンの分泌は、20代をピークに30代後半あたりからホルモン低下が始まり、
当時は気づかない位の小さな変化ですが、42歳で急激にダウン!

体、心、美容面でトラブルの芽が吹き出します。

閉経前後に発症する更年期障害と呼ばれる症状も
この女性ホルモンの低下が原因の1つとされ、様々な不定愁訴をもたらすことに。

残念ながら、女性ホルモンの低下を止めることはできませんが
せめて減少のスピードを緩やかにすることはできるのではないでしょうか。

40代からは心身をしっかり見据えて、“女性ホルモン”の低下と乱れを知り、
女性の人生最大の節目である「更年期」に向けて体調を整えていくケアの時期と捉えていくほうが
「更年期」を迎えても楽なんじゃないかと思います。

ここは、ホルモンの乱れを謙虚に見据えて、正しいケアで体調を整えていきましょう。
 

スポンサードリンク

 

■ホルモンバランスを整えるサプリメントは?

女性ホルモンのバランスを改善するには、食事、運動、睡眠、入浴などが重要で、
日常的にちょっと工夫することで、よくなることがあります。

中でも、次のサプリメントは
ホルモンバランスが崩れた女性の身体と心の不調を整えてくれるといわれています。

イソフラボン
エストロゲンに似た作用をもつ天然成分です。

大豆などに含まれてるイソフラボンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た作用があり、
肌や骨をよい状態にしたり血管をしなやかに保ってくれます。
amazonでイソフラボンサプリメントを見てみる

ざくろ
タネの部分にエストロゲンと似た働きがあるといわれています。

ざくろの実にはビタミンやミネラルが、タネの部分にはエストロゲンに似た働きをする物質が含まれています。
サプリでとるなら種の部分まで使ったエキスをどうぞ。
amazonでザクロサプリメントを見てみる

月見草
月見草には女性ホルモンの材料となる脂がたっぷり。

月見草に含まれるγーリノレン酸などの脂は女性ホルモンの材料となる成分で、
これから特にとりたい成分のひとつです。
PMS(月経前症候群)のイライラや、肩こり・頭痛・倦怠感など不快な症状をやわらげる働きがあるといわれています。
amazonで月見草サプリメントを見てみる

プラセンタ
美容のイメージが強いプラセンタですが、“女性ホルモン”の低下による各症状にも効果ありといわれています。
めまいや耳鳴り、アレルギー疾患にも効くとのことです。
amazonでプラセンタサプリを見てみる

トウキシャクヤクサン

たぶん、婦人科だと多く処方される漢方薬だと思うのですが、
ホルモンの乱れを修復するとか、更年期で乱れ始めた人に出されるみたいです。
amazonでトウキシャクヤクサンを見てみる

 

以上!

サプリが高ければ高いほどいいというわけでもないので、
ほんとに判断は難しいです。

実際使って比較しているとか、成分を分析しているとか
せめてそのような内容があるところを、参考にする程度で
あとはなかなか実際に飲んでみなければ
自分にあう、あわないは難しいですね。

でも何もしなければ、女性ホルモンは減少するだけ…
食事、運動、睡眠、入浴などに気を配り、サプリを取り入れることも良い方法だと思います。

参考にしてみてください。

関連記事
・自律神経失調症て何?更年期障害の違いとその症状は?
・更年期障害の辛い症状と上手に付き合う5つの習慣!

まとめ

女性の健康や若さ、美しさに影響を与えているのが“女性ホルモン”。“女性ホルモン”の分泌は30代後半から徐々に減少しはじめ、何と、42歳が“女性ホルモン”のターニングポイントとされ、40代~50代にかけて一気に低下します。女性ホルモンの減少を少しでも緩やかにするために、バランスを整えるサプリで体調を整えていくことも大切だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です