斜視(やぶにらみ)の原因 症状 治療法は?



一方の目は真っすぐ見ているのに、片方の目が外側や内側に向いてる状態の目を斜視といい、日本人が発症する割合は2~3%といわれてます。斜視は子供の場合は視覚の発達を妨げる危険性があり、大人では生活習慣病などの他、脳しゅようなど大きな病気のサインとなることがあるんだそうです。

スポンサードリンク

■斜視はなぜ起きる?

斜視とは、眼球の方向(眼位)が、光が正常に入射してくる軸に対して常にずれている状態のこと
見た目の美観を損ね、人にも指摘されるため、とても気になりますよね。

斜視はなぜ起きるのか調べてみました。

目玉には6つの筋肉(上斜筋・上直筋・内直筋・下斜筋・下直筋・外直筋)がついていて、
それが伸びたり縮んだりしてバランスで視線を調節しながら上下左右を見ることができます。

斜視はこの力のバランスが崩れ視線の方向がひとつの目玉でずれてしまうのですが、
子供では、焦点が合わせにくくなる遠視が原因で斜視になることがあり、
3歳くらいまでに見つかることが多いそうです。

ただこれ以外にも子供の斜視になるケースはあり、
原因の多くはわかってないようです。

一方大人では交通事故で頭を強く打ったり、両目の視力が極端に違う場合(片目だけで見るため、目の位置がずれる)や脳腫瘍ができたりして

目の神経が圧迫され6つの筋肉の働きに異常が生じるため「斜視」になります。

また糖尿病や高血圧症で目の周りの血管が詰まって
筋肉の動きがマヒして発症することもあるとされています。

 

■斜視の症状は?

斜視には外見上、

➀片方の目玉が外側を向く「外斜視」、
➁内側を向く「内斜視」
➂上を向く「上斜視」
➃下を向く「下斜視」
➄ダイヤルを回したように目玉が傾く「回転斜視」

に分類されています。


出典:www.santen.co.jp

日常の生活で支障が出るのは、
2つの像がずれて見えるケースで治療が必要になります。

見える像に異常がなくても無意識に視線を調節してることがあり
眼の疲れや頭痛、肩こりといた症状につながります。

子供の場合は、斜視の目の像を脳がブロックして影響が出ていない場合もあります。
片方の目しか使っていない状態になるため、モノを立体的に認識する力の成長を妨げる可能性があります。

立体的な認識力は8歳くらいまでに完成されるので、この期間に満たない子供の斜視は
速やかに治療を始める必要があります。

スポンサードリンク

 

■斜視の治療は?

斜視の治療は

➀手術
➁注射
➂メガネなどで視線を矯正

などがあり、最も一般的なのは➀の手術です。

目玉の筋肉の接合部分を一度切り離し
後ろにずらすか短くして縫い付けることで目玉にかかる力加減を調節します。

手術では、全身麻酔や局所麻酔などで痛みを和らげて行なわれます。
子供には全身麻酔をするケースが多いですが、中学生くらいからは先の丸い注射針を目玉に沿って入れ
奥の神経に局所的に麻酔薬をかけて行います。

1泊程度の入院で経過観察し
手術でほぼ完治しますが症状が戻ることもあります。

折角の手術でショックですが、斜視の再手術は普通にあるようです。

さすがに3回目になると諦める人もいるようですが…
担当医に相談されてみてください。

斜視は常に一方の目がなまけてしまうような状態なので
戻らないためには両眼で見る訓練をすることだといわれています。

➁の注射薬を使った治療を選ぶこともあります。
筋肉の働きを弱める作用があり、効果は3ケ月ほど続きます。

症状が軽い場合は➂の専用の眼鏡をかけたり特殊な膜を眼鏡に貼ったりして
見え方を矯正していく方法もあります。

また自然に治る場合もあったり、
斜視でも目がずれた時に自分で意識して治す訓練をして、手術を行わない場合もあるそうです。

なるべく体にメスはいれたくないですが、
治療の対象としては、ものが二重に見える複視症状や強度の眼精疲労で苦しんでる人などでしょう。

今の生活に不自由がないのなら、このままにしておいた方がいいという意見は多いようです。

斜視は予防が難し病気ですが、
ただ糖尿病や高血圧が原因となってるケースでは食生活や運動習慣、睡眠時間などを見直すことが予防につながるそうです。

参考サイト:
https://health.goo.ne.jp/medical/10A90900
https:www.santen.co.jp
参考:読売新聞【医ナビ】

関連記事
・眼瞼下垂症とは!原因 症状 治療 予防法について!
・飛蚊症(ひぶんしょう)とは!原因 症状 対策 予防法は?
・白内障とは!原因と初期症状の見え方は?手術の方法と費用は?
・涙が溢れて止まらない原因は目のシワだった!結膜弛緩症の症状と対策!
・加齢黄斑変性症の原因と症状!失明しないための予防と対策は?
・眼精疲労の原因はドライアイ?!頭痛、肩こり、目のぼやけ、しょぼつきを改善する方法
・ブルーベリーはホントに目にいいの?疲れ目、ドライアイ、白内障にも効く?
・緑内障とは!原因や予防と対策を知りたい!!

まとめ

斜視は見ようとしている対象と違う方向に視線が向く病気です。
治療は手術が一般的なようですが、手術しても戻ったりする人も多く、再度の手術は普通なのだとか。
ものが二重に見え、眼精疲労に苦しんでいるような場合は治療の対象になります。
斜視はちょっとした注意でみつかることもあるので、少しでもおかしいと思ったら眼科医に相談しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です