マイナンバー制度っていつから?メリットは?問題点は?預金はどうなる?



マイナンバー制度がいよいよ始まります。年金漏れの事件や住基ネット導入でさえうまく回らなかった政府の政策ですが、個人情報が自分のパソコンからも閲覧できるとのことで、ますます怖くなってきました。今日はマイナンバー制度についてまとめてみました。参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

■マイナンバー制度とは

マイナンバー制度は行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現のための社会基盤です。マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。
参照サイト:総務省HP

わかりやすく簡単にいいますと、マイナンバーは国民1人1人の識別番号です。

10月より住民票を有する国民一人一人に一人に一つの12桁の番号通知カードが簡易書留めで送付されます。
(法人にも一法人ひとつの法人番号(13桁)が指定されます)
外国籍の方でも、中長期在留者、特別永住者などで住民票がある場合には、マイナンバーが付番されます。

通知は、市区町村から、住民票の住所地あてに「通知カード」が簡易書留で郵送されることにより行われます。
住民票の住所地と異なるところにお住まいの方は注意が必要です。やむを得ず住民票の住所地と異なる場所(居所)にお住まいの方は、居所を登録することで、当該居所に通知カードを送付することが可能です。

この「通知カード」には、まだ顔写真がついてないので、免許取得や口座開設など各手続等の場合、本人確認書類が必要になります。

そしていよいよ、来年1月からは顔写真が載った個人番号カード(マイナンバーカード)が送付されます。
個人番号カードは身分証明書の代わりとなり、このカードで口座開設やアパート契約、印鑑証明や住民票などが簡単に取れるようになります。

■マイナンバーでどう変わる?メリットとデメリット

行政の効率化と公正・公平な社会実現

・各個人の所得を正確に把握できるようになり、公平な税負担や社会保障のより的確な提供といった効果が期待されています。

・行政コストが削減できるほか、個人の所得状況や社会保障の受給実態を正確に把握しやすくなり、公平で効率的な社会保障給付につながります。

スポンサードリンク

国民の利便性

・災害時要援護者リストの作成/更新や災害時の本人確認等に活用ができます。
また、生活再建への効果的な支援も行えるようになると期待されています。

・コンビニで各書類がとれるようになります。役所は基本、土日祝日は休みですが、
コンビニで24時間いつでも証明書を取得することができます(12/29~1/3を除く)
また、住まいの市区町村に関わらず、最寄のコンビニエンスストアで証明書を取得できます。

・自分のパソコンで所得や納税の記録、年金や介護保険料の支払い状況などを閲覧できるようになります。

デメリット

・なりすましによる被害が心配されます。年金番号を一元化した際、
二種類の番号を持つ人が多数出たという事例もあっただけに不安が大きい

・落としたり紛失した場合の心配。赤ちゃんから老人まで一生個人番号は変わらないので、落としたりなくしたりした場合、他人に使われたり、偽造される恐れがある。

・カード偽造による金銭的被害。誰かに偽造され、サラ金でも使われたら怖いという心配がある。

・12桁の番号を覚えられない不安がある。特に高齢の方は番号の記憶ができず、災害時要援護者リストの作成/更新や災害時の本人確認等に活用できるか定かでない。

■マイナンバー!その他の疑問

・住基カードはどうなる?
平成28年1月から個人番号カードが発行されることに伴い、住基カードの発行は平成27年12月で終了します。ただし、現在住基カードをお持ちの方は、住基カードの有効期間内であれば、平成28年1月以降でも、個人番号カードを取得するまでは利用可能です。個人番号カード(マイナンバーカード)交付時に返却すればよいとされています。

・マイナンバーは好きな番号を選べるの?
好きな番号を選ぶことはできません。

・家族は連番ですか?
同居の家族といえども連番ではありません。

・更新期間はどれくらい?
基本更新は 大人10年 子供5年です。
顔が変わるため大人で10年、子供は顔が変わりやすいので5年とされています。

・アルバイトや副業がわかるの?
副業先の業者が従業員のマイナンバーを出していなければわかりませんが、
基本出すようになってますので問題が出てくる場合が考えられます。

■関連記事
⇒ マイナンバーで脆弱な零細企業や個人事業者が廃業に追い込まれる訳
⇒ マイナンバーの素朴な疑問!マイナンバーは最も危険で不要な制度?!
⇒ 危険すぎるマイナンバー!?ダダ漏れセキュリティーは地方ほど危ない
⇒ マイナンバーとクレジットカードの関係がヤバ過ぎる!?

まとめ

もともと、マイナンバーは年金把握と税金の不正発覚を目的に導入されたようですが、今のところ、導入による大きな生活の変化はなくメリットも期待できないよう・・。同じような目的で過去、住基ネットが導入されたのですが、住基ネットの二の舞にならなければいいと思いますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です