大阪天神祭の日程と見どころ!有料観覧席と船乗船の買い方は?


a955b8ac0563f884c45c6ba2ced48ec0_s
日本三大祭の大阪天神祭りが今年も始まります。
約1000年以上の歴史を誇る日本三大祭の一つとして有名な祭りですが
天神祭りならではの見どころやチケットの購入方法、船渡御の参加方法などをご紹介します。
是非チェックしてチケットは早めに購入しておいてください。

スポンサードリンク

■天神祭りとは?

日本三大祭のひとつである「天神祭」ですが、
祭りの中心は大阪天満宮に祀られている菅原道真公。

大阪天満宮の祭神である菅原道真の命日にちなんだ縁日であり、
1000年の伝統を誇る日本屈指の祭典です。

元禄時代には、討ち入りを控えた大石内蔵助の妻のお理玖さんと
末息子が見物に訪れていたという逸話や、
大阪にゆかりの深い西山宗因や井原西鶴、近松門左衛門といった文化人も
お忍びで観覧していた祭典だといわれています。

 

■天神祭りのスケジュールは?

宵々宮(俗称)… 7月23日

11:45~ ギャルみこし(天神橋商店街周辺)
16:40~ 天神祭前夜祭(ツイン21 1階 アトリウム特設会場)

宵宮… 7月24日

4:00~ 打ち出し(一番太鼓)
7:45~ 宵宮祭
8:30~ 鉾流行列参進
8:50~ 鉾流(ほこながし)神事
11:00~ 行宮祭(あんぐうさい)
12:00~ 天神講獅子 獅子舞
16:00~ 催太鼓氏地巡行
16:30~ どんどこ船宮入 鉾流神事奉還
18:00~ 水上薪能
18:40~ 催太鼓宮入
19:00~ 獅子舞宮入

本宮… 7月25日

13:30~ 本宮祭
14:30~ 神霊移御
15:30~ 陸渡御列出発
17:30~ 船渡御列出発
18:00~ 船渡御
19:00~ 船上祭
19:00~ 奉納花火(21:00まで)
20:30~ 催太鼓の宮入開始
22:30~ 還御祭(かんぎょさい)

 

■天神祭の見どころは?

1、ギャルみこし(天神祭女性御神輿)

7月23日 会場:天神橋商店街周辺 時間:11:45~17:00頃

7月23日にオーディションで選ばれた女性が担ぐ神輿巡行です。
巨大な神輿を若い女性が担ぎ、天神橋商店街などを巡業します。

11:45 天神橋商店街中央の夫婦橋から約200kgの神輿を担いで出発。
12:45 天六奉安所到着
14:55 大阪天満宮宮入
15:30 大阪天満宮出発
16;25 JR天満駅に到着。

ギャルみこしは、祭の渡御列(本隊)には参加していませんが
笑顔と愛嬌、体力で選び抜かれた総勢80名の
ギャルたちが威勢のいい掛け声とともに商店街を練り歩くさまには興奮しますよ!

2、陸渡御列出発(りくとぎょれつしゅっぱつ)

7月25日 会場:大阪天満宮 時間:15:00~17:30

渡御列の先導役を務める猿田彦、6人の願人(がんじ)など、約3000人の大行列が進む様は圧巻です。
第一陣~第三陣まで3つの分かれ、催太鼓の「チェーサジャー」という掛け声で大阪天満宮の境内を出発。

天神講が繰り広げる獅子舞や傘踊り、四つ竹のパフォーマンスも見どころ満載です。

15:00 大阪天満宮境内
15:30 天神橋1丁目付近
16:00 西天満3交差点付近
16:30 老松通リ付近
17:00 大阪市役所前
17:30 天神橋北詰(乗船場)

3、船渡御(ふなとぎょ)

7月25日 会場:大川 時間:18:00~

陸渡御を終え、船に乗り換え、クライマックスの船渡御がスタート!
かがり火を焚いた約100隻の船の集団が
奉納花火があがる約7kmの大川の航路を2、3時間かけて巡ってゆくさまは圧巻です。

花火とともに響き渡る大阪締めや地車囃子で祭りはいよいよ最高潮になってきます。

4、奉納花火

7月25日 会場:大川沿い 時間:19:30~20:50

船渡御の水上パレードに合わせて、約4000発の打ち上げ花火が奉納されます。
大阪天満宮の梅をかたどったオリジナル花火で幕が開きます。
大川を行き交う船渡御と夜空を染める真っ赤な奉納花火の雅な情景。
思わず吸い込まれていきますよ。

この周辺の宿やお店、口コミを探す【楽旅ノート】

大阪天神祭りって見どころ満載ですね。
 

スポンサードリンク

 

■天神祭の有料観覧席と船渡御の市民船乗船の買い方は?

花火や陸渡御や船渡御を快適に楽しむには、やはり有料エリアは必須です。
混雑が回避できるほか、トイレもスムーズに利用できるため安心して存分に楽しむことが出来ます。

いい事づくめのチケットは早めに購入しておきましょう^^

有料観覧席の発売予定日はそれぞれのチケットの内容によって異なります。

天神祭 陸渡御・船渡御特別観覧席チケット

■陸渡御特別観覧席(中央公会堂横)
■船渡御特別観覧席(天満橋駅すぐ)
■OMMビル屋上観覧席(OMMビル21階)
■桜ノ宮船渡御観覧席(桜ノ宮公園)

【ご予約・お問い合わせ】
JTB西日本大阪中央支店
TEL:06-6252-5132
http://www.jtb.co.jp/ticket/tenjinmatsuri/

帝国ホテル大阪の予約受付中プラン

■天神祭宵宮祭 奉納水上薪能鑑賞プラン
■ホテルディナーと天神祭観覧席の夕べ
■天神祭 宿泊プラン
※「天神祭本宮祭 帝国ホテル奉拝船」プランは満席となりました。

【ご予約・お問い合わせ】
帝国ホテル 大阪 
TEL:06-6881-1111 (代表)
http://www.imperialhotel.co.jp/j/osaka/event/tenjin_2017.html

天神祭乗船券・観覧席のチケット情報
http://www.tenjinmatsuri.com/tenjin_year/2017

 

■船渡御に市民船で参加するには?

天神祭のメインイベント船渡御に無料で船渡御に参加できるの知ってますか?
これはラッキーですよ☆彡

●市民船乗船者ペア50組100名様を募集中。

【申し込み方法】
*往復ハガキをご使用ください。
*往信ハガキの裏に「乗船希望」と明記し乗船者2名の住所、氏名、年齢、電話番号をご記入下さい。(但し小学生未満の方は乗船出来ません)
*返信ハガキには申し込み者の住所、氏名をご記入下さい。
*参加無料
募集締切り7月10日必着

【申し込み先】
〒530-0041
 大阪市北区天神橋2-1-8
 天神祭協賛会(きょうさんかい) 宛

 TEL:06-6353-0025

【乗船日時】 
7月25日
午後6時より午後9時30分頃(予定)

【当落結果】  
 応募の返信ハガキにて通知。

7月上旬頃に大阪天満宮にて市民船抽選会が行われて当選者が選ばれ、
当落結果は往復はがきの返信はがきで通知されます。

ドンドン応募して天神祭の楽しい思い出を作ってくださいね٩(ˊᗜˋ*)و 

関連記事
・関西の花火大会2017!大阪府の日程・場所・打ち上げ球数まとめ
・花火大会の始まりはいつ?掛け声の意味と尺玉の金額を調べてみた
・なにわ淀川花火大会の日程と観覧チケットや人気スポットは?ホテル レストランで見るには?
・天神祭奉納花火の時間と場所!観覧席や人気の穴場スポット情報
・PL花火芸術祭の日程 見どころ 有料席 穴場スポット 駐車場 アクセス情報
・5000円以内送料無料の浴衣3点セットがめちゃ可愛い♪

まとめ

天神祭りは毎年130万人の鑑賞客が訪れる最大の祭りです。
今年も暑い夏祭りが賑やかに繰り広げられると期待が膨らみます。観覧席で楽々観賞、無料エリアで頑張って鑑賞するもよし、市民船でメインイベントに参加して花火とともに楽しい思い出を作ってください♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です