マイナンバーとクレジットカードの関係がヤバ過ぎる!?


busi_024
マイナンバーがいよいよ始まります。
その番号で様々な情報管理ができるといわれていますが、
今日はマイナンバーとクレジットカードの関係を調べてみました。

スポンサードリンク

■いよいよ始まるマイナンバー制度

日本のマイナンバー制度は、米国の社会保障番号(SSN)に相当し、
施行の目的は行政(国)が管理をしやすくなる制度だといわれています。
今月10月からは住民票に記載のある家族全員にマイナンバーカードが届きます。

「社会保障(年金など)」「税金」「災害」の3分野に限定してマイナンバーを利用することになりますが、しばらくは私たちの日常生活においても大きな影響はないといわれています。

しかし、18年以降は民間利用の解禁が予定されております。
それにより、銀行口座、クレジットカード、年金、保険、といった金融情報が全てマイナンバーと関連づくことになります。

■民間利用解禁の影響とは?

マイナンバー先進国の米国での話をさせていただきますが、
社会保障を盗まれたことで下記のような被害が報告されています。

・自分名義のクレジットカードを作られ、身に覚えのない金額を請求された。
・06年~08年の3年間に1170万人が失業保険や年金の「なりすまし」による被害を受け、毎年5兆円の損害額が発生。

米国では被害件数があまりに多いので、
政府機関はできるだけ社会保障番号を利用しないようにシステム更新するなどの対策を進めているといわれています。

ここで、「盗み」や「なりすまし」の犯人は、
何も犯罪組織や悪人とは限らない
ことに問題は複雑化してきます。

身内の中で、子供や奥さん、旦那さん、兄弟姉妹、など
家族間で発生する可能性も大いに考えられるからです。

たとえば、子供が親の社会保障番号を盗み見て、勝手にクレジットカードを作り、
好きな物を買いあさり家庭崩壊に至ったケースなど・・・。

スポンサードリンク

■クレジットスコアの導入って?

米国には、クレジットスコアという個人の信用偏差値というのがあります。
クレジットの利用履歴を集計して、その人の信用力を弾き出すというものらしいです。

当然、スコアが高い人は信用力が高く、低い人は信用力が低いということになります。
スコアの高い人は限度額も高く設定され、ローンの金利も低くしてもらえます。
逆に、低い人はカード審査に落ちたり、ローン金利も高くなりますので、
国民の格差が広がるのは目に見えています。

このクレジットスコアと社会保障番号は紐付いており
マーケティングや雇用の際に有効活用され、
実際、就職面接や結婚でも参考にされたりしているといわれています。

そして今日本はこのクレジットスコアを導入せよ!と米国から迫られているそうです。
おそらく18年の民間利用解禁時には本格導入されるのではと考えられます。

クレジットカードとマイナンバーの相性は驚くほど良さそうですから、
18年には世の中が一変すると予測され、大いに警戒する必要があるといえます。

■自衛策として

番号は家族にも見せない!教えない!が大切です。
「なりすまし」を警戒して、毎月のクレジットカード履歴や明細をチェックし、
不審に思ったらすぐカード会社に連絡するようにします。

今は行政利用のみの番号も3年後の民間利用になると
多くのトラブル被害が予想されます。

早くからマイナンバーを導入してきた米国政府の今の現状が
数年後の日本の姿だと認識しておくべきだと思いますね。

マイナンバー制度はあまり私たちにとってメリットが少ないように感じてしまいます。
そのうち、また政府が色々対策など講じてくるとは思いますが・・・どうなるのでしょうか。

■関連記事
⇒ マイナンバーで脆弱な零細企業や個人事業者が廃業に追い込まれる訳
⇒ マイナンバーの素朴な疑問!マイナンバーは最も危険で不要な制度?!
⇒ 危険すぎるマイナンバー!?ダダ漏れセキュリティーは地方ほど危ない
⇒ マイナンバー制度っていつから?メリットは?問題点は?預金はどうなる?

まとめ

犯罪や家庭崩壊の引き金になる場合もあるマイナンバー制度は、やはり怖いとしか言いようがありません。振り込め詐欺も多発し、今以上に生きにくい世の中になっていくようで心配です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です