頭痛薬の多用はかえって頭痛をひどくするって本当?原因や対処法は?


3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s
頭が痛い時、市販の頭痛薬を飲むと楽になりますよね。でも、ちょっと痛いかも、痛くなりそうかも…という程度でもつい飲んでしまったりしていませんか?
市販の頭痛薬を、週に何回も飲んでいると頭痛は良くなるどころか、ドンドンひどくなるそうですよ。その原因と対処法を調べてみました。

スポンサードリンク

最近若い女性に多いとされる頭痛に、薬剤の使用過多があるそうです。
以前は、月に数回の片頭痛が起こっていたという人がなりやすいようですが
頭痛薬の飲み過ぎがかえって頭痛をひどくしているのだとか・・・

飲むことで痛みに敏感になり、
頭痛回数が増えてしまう
という負のスパイラルに陥っていくのだそうです。

その原因と対処法を調べてみました。

 

■どんな症状なの?

朝方や朝に目覚めた時から頭痛がするということが多いそうで
頭痛の程度や強さ、痛みの性質、場所など日によって変化することがあるそうです。

朝からずっと頭痛が止むことがないという状況になり、
とにかく毎日のように頭痛がするんだとか。

嫌ですよね~

だらだらと長く続く痛み、
痛みのピークもわからないような頭痛なんだそうです。

考えただけでも怖いし、もし自分がそうなった場合を考えると
とても耐えられません(泣)

何故、そうなってしまうのでしょうか。
 

スポンサードリンク

 

■原因は?

頭痛が続くと不安になり、
不安から早めに予防的に頭痛薬を飲むという習慣にありました。

頭痛が始まる前の予兆を敏感に感じ取り、不安になって頭痛が始まる前に飲んでしまうことが
さらに頭痛を加速させているんだとされています。

頭痛の発作が心配のため、頻繁に飲んでしまう(月に10日以上)というのが
薬剤の使用過多による頭痛の始まりのようです。

いつまでも薬に頼りすぎていると
頭痛も複雑化して、薬が効きにくくなってくるんだそうですよー。

 

頭痛がするから飲む

効かなくなった

回数や量を増やす

痛みに敏感になる

頭痛発作への不安が大きくなる

さらに回数や量を増やす

 

この繰り返しで負のスパイラルになり、
いつかはどこかで断ち切らないと頭痛は治らないといわれています。

月に10日以上服用している人はこの負のスパイラルに要注意だということです。
あなたは大丈夫ですか?

もし自分がそうなりつつある、そうなってるという方は
次のような対策があります。

 

■対処法は?

頭痛外来に行って、原因となった薬の使用を中止してください。
とにかく、飲んでいる薬を全て医師に伝えましょう。

原因の薬がわかり、その薬を中止すると、
1週間~2週間は、その反動で激しい頭痛や吐き気、嘔吐が起こることがあるようです。

余りの苦しさにまた、同じ薬に手を出してしまいそうになりますが、
辛い時は、医師に相談し予防薬を出してもらったり、
原因になってる薬以外の治療薬を服用してみてください。

予防薬は効果が表れるまで時間がかかるといわれますので、
約2ヶ月くらいは毎日飲み、お医者さんとその効果を確認しながら進めていきます。

そして、もともとの片頭痛に戻ったら
それに対応した薬を服用していくといいそうです。

頭痛は本当に辛いですよね。
自分の頭痛の特徴を知るためにも頭痛日記をつけてみるといいらしいです。
お医者さんにかかる際にもきっと役に立つと思います。

関連記事
・片頭痛と緊張型頭痛の違いと特徴 原因 対処法について!

まとめ

頭痛は辛いですよね、ついつい薬に頼ってしまいます。しかし原因となる薬を飲みすぎない事です。安易に考え頼ってると、いつかはその薬が効かなくなってきます。
効かないと量も回数も増え、いつかはその薬が原因で頭痛がよりひどくなっていくようです。
原因となる薬をやめてお医者さんの指示に従うようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です