がんの要因は遺伝だけではなかった!ストレス 低体温 睡眠不足が危ない!?


hotel
川島なお美さんの葬儀が執り行われ、多くの参列者がおとづれました。
夫、鎧塚さんは、再発した時点で余命一年を医師から告げられたようですが、川島なお美さんは余命を知らなかったらしく、また川島さんも余命について質問など一切なかったと話されていました。あらためて、ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

いま、若い人のがんが増えてますね。
女優の仁科亜季子さんも、昨秋に大腸がんの手術を受け、
約20センチの切除をしたことを明らかにされました。

仁科さんといえば、38歳のときに子宮頸がん、
46歳のときに胃がん、そして今回の大腸がんと3回もがんを経験されています。

する人はがんを何回もされると聞きますが、
がんにかかりやすい体質とかあるのでしょうか。

■がんにかかりやすい人とは

現在2人に1人はがんになる時代だと言われ、日本人の死亡原因の1位となっています。

「がんは遺伝する」という話を聞いたことはありませんか?
親戚や家族にガンにかかった人がいると、自分も癌になりやすい、
という人の話も比較的頻繁に耳にしますよね。

健康診断などのアンケートでも、
親族にガンにかかつた人がいるかどうかを問う項目があります。

親と容姿や体格が似てるように、似たような体質は、遺伝するということから
かかりやすいがんは引き継がれることが多いのも事実です。

しかし、
がん細胞は体内で発生していても、がんとして発症するまでにはある程度の期間がかかるといわれていて
発症するきっかけの多くは生活習慣等や性格にもあるといわれています。

■ストレスはがんになりやすい!?

ストレスと自律神経には大きな関わりがあり、
ストレスがガンの原因としては大きいといわれています。

ガン細胞をやっつける一番の免疫はNK細胞といいます。
NK活性はストレスで下がりますし、笑うと上がる事はよく言われることですね。
笑うとがんの延命効果があることもよく耳にする話です。

自律神経には、ストレスがかかるときに影響を受ける「交感神経」と
リラックスしている状態の「副交感神経」があります。

過度のストレスがかかると交感神経が興奮して、活性酸素を出します。
これががんの元になる細胞を発生させる原因になるのだそうです。

ストレスによる免疫機構の減弱によって癌がおきやすくなるということのようですから
がんにかからないためにはストレスを受けないことが大切のようです。

スポンサードリンク

しかし、生きている上ではまったくストレスを受けないことは難しいですよね。
お笑いを見たり、趣味を見つけたりして、くよくよ思い煩わない生活がいいようです。
自分なりのストレス発散方法が見つかるといいですね。

癌ができて検査してわかるくらい大きくなるまで10年ぐらいかかりますから、
ご心配なら定期検査を怠らないようにしていけばよいかと思います。

■体温が低い人はがんになりやすい!?

「低体温」もがんに影響があると言われています。
最近は、年齢性別を問わず、低体温症の人が増えていますが
用心しないといけませんね。

低体温とは、体温が35度前後をいいますが、
実は、がんが一番活動しやすいのが35度前後の体温といわれています。

平熱が35.5前後になってくると、自分でも気づかないうちに疲れやすくなってくるようです。
それは、免疫力・代謝・体内酵素が大幅に低下してしまうからなんだそうです。

■睡眠不足はがんになりやすい!?

睡眠不足もがんになりやすい要因といわれています。

人間の体は、昼間は交感神経、夜は副交感神経が活動するようにできています。
仕事をしたりスポーツをしたりといった、活発な行動に働く神経の「交感神経」と
リラックスしてしっかり休む状態の「副交感神経」があります。

健康な体を維持するためには、睡眠をとって神経を休め、免疫を補充しないといけません。
免疫力がチャージされるのは夜間だけで、昼間は消耗する一方だからです。

睡眠不足になると交感神経が休まらず、常に緊張状態となります。
緊張状態が続くと、免疫力も落ちます。

実際、がん患者さんに圧倒的に共通しているのは、睡眠時間が短いということ。
免疫力をチャージするためにも、理想的な睡眠時間(7時間程度)はとる必要があるということです。

関連記事
・睡眠不足を解消し頭も体もスッキリのとっておきの仮眠方法!
・小林麻央さんは乳がんだった!梨園の妻の責任と使命が原因?!
・増えてる20代30代の若年性乳がんの原因と自分で確認する方法!!
・乳房のしこりと痛みを見逃すな!自分で守る乳がん初期症状対策
・川島なお美さん無念の死!命を奪った胆管がんの原因と治療法とは

まとめ

がんの要因は様々ですが癌は1度だけでも大変な病気です。ストレス、低体温、睡眠不足等は、がんに関わらず健康には、悪い影響を与える要因です。改善できるように注意し、ご心配なら定期検査を怠らないようにしていけばよいかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です