金属アレルギーの原因と症状!メカニズムから見える対処法とは!!


a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_s
ある日突然、それまでしていた金属製のアクセサリーに対してアレルギーになるという話を聞きます。
人によっては、まったくならない人もいるのに、どういう違いでそうなるのでしょう。
もともとアトピー体質なので、いつ金属アレルギーになってもおかしくはないと思うと大好きなアクセサリーの購入も考えてしまいます><;
金属アレルギーってどうしてなるのでしょう

スポンサードリンク

■金属アレルギーって?

物が皮膚に触れたことによる皮膚の炎症を「接触皮膚炎」といいます。

その中でも、

1、硫酸などの化学薬品が触れた場合を「刺激性接触皮膚炎」
2、化粧品やヘアカラーなどに徐々に反応して炎症を起こすことを「アレルギー性接触皮膚炎」

とされ、「アレルギー性接触皮膚炎」で
アクセサリーなど原因が金属の場合を「金属アレルギー」と呼ばれています。

硫酸や劇薬に触れてた場合、誰でも「刺激性接触皮膚炎」になりますが、
「アレルギー性接触皮膚炎」は、アレルギー反応を起こす人だけが発症するとされています。

 

■金属アレルギーのメカニズムは?

花粉と同じで、ある一定の容量を超えるとアレルギーとしての症状が出るようですね。
そのメカニズムですが、

金属アレルギーは
接触型金属アレルギーと全身型金属アレルギーがあります。

接触型金属アレルギーは体液と金属が触れる事で、
金属がイオン化し体のたんぱく質と結びつく事により発症します。

汗や体液で金属が溶けだし、溶けた金属が体内でタンパク質と結びつき
その結びついた物質を「異物」とみなし体が抗体反応を起こすためだそう。

傷口から金属が入ることは殆ど無いようですが、
14金や18金でも、合金として銅を含む場合が多いため
その銅がアレルゲンになることがあるようです。

全身型金属アレルギーは、
食品に含まれる金属でアレルギーになってしまうタイプ。

食べた食品が腸で吸収された後に、汗となって全身から出てきます。
特に汗は手や足に多く出るので、症状も手や足に出る事が多いとされています。

 

■金属アレルギーの症状は?

ネックレスの金具の部分があたる首元や、ブレスレットの手首だけが、
汗疹みたいに赤く痒くなってしまうことがあります。

ピアスだと、耳穴の周りが痒くなったり被れて赤くはれたり
または、じくじくしたり…

これらは金属アレルギーによる症状です。

いくらお気に入りのアクセサリーでも
我慢して付け続けるのはやめましょう。

このアレルギー反応は一度発症すると、
治癒することは難しいといわれています。

アレルギー反応ですぐに体にどうこうということはありませんが
首元が赤く被れてたり湿疹ができていたら
見た目もあまりよくありません ( ; ; )

早めに取り外し、アレルギーで赤くなったり被れた部分を
休めてあげます。

それでも治らない場合は皮膚科で相談してみてください。

スポンサードリンク

ただ人の体にはバリア機能が有るので、
こうなっても必ずしもアレルギーになるわけではありません。

このバリア機能がある日突然壊れてしまうと、
アレルギーとなってしまうのです。

いつ壊れるかが分からないので、
突然アレルギーになってしまったと思うみたいですね ( ノД`)

また、アレルギー反応を起こす金属量の目安(境目)は、
その人の一定の量がどれくらいかどうかで決まってくるので
個人差が大きいようです ( ̄□ ̄;)
 

■金属アレルギーだと判ったら?

私もそんなにひどいアレルギーではないと思ってますが
やはり、念には念を入れてピアスはチタンにします。

でも、ネックレスやブレスレットは何でもいけるんですよね^^;
(よくわかりませんが。。。)

ハッキリ言えることは、何に対してアレルギーを起こしているのかが問題です。

金属アレルギーを起こす可能性のある身の回りの金属には20種ほどが知られていますが、
ニッケル、コバルト、クロム、水銀がパッチテスト反応が高いとの報告があります。

金属アレルギーのトップのニッケルって
アクセサリーにはほぼ必ず含まれているんですよね ( ノД`)

だから、アレルギーがある人がアクセサリーを選ぶなら、
金、銀、プラチナ、チタンなどで混ざり物が無い100%を選ぶようにするといいようです٩(ˊᗜˋ*)و

●アレルギーが出にくいとされる金属

・金
・銀
・白金
・プラチナ
・チタン
・ステンレス

 

金やプラチナはアレルギーを起こしにくいといいますね。
高いですけど…^^;

銀も比較的アレルギーになりにくいようですが
ピアスなどは本体が純銀でも、留め金の部分は強度を持たせるために
鉄+ニッケルメッキとかになってる場合が多いので注意する必要があります。

また、指輪は銀でも大丈夫ですが、首や耳たぶはプラチナかステンレス以外では
湿疹が出て痒くて、赤くただれたりで大変なことになったりと
体の部位によっても違うようです。

自分のアレルゲンが分かったら、直接肌に触れることをやめたり、素材を変えてみたりして
ジュエリーやアクセサリー選びをする必要があります^^;

金やプラチナは高価で手が出にくいですが
チタンやステンレスなどは比較的安価なのでお勧めですよ ٩(ˊᗜˋ*)و

まとめ

金属アレルギーはアレルギーを起こしている素材をチェックする事が大切です。
原因が金属アレルギーと判明した場合は、
直ちにジュエリー・アクセサリー・時計などが直接肌に接触する使用を中止し
しばらく様子を見たりして皮膚を休めたほうがいいみたいです。
一度発症すると、治癒することは難しいようなので、
アレルギーが出にくいとされる金属で楽しんでください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です