アルツハイマーの前触れはある感覚の衰えから!?


d5674b748b230bc5afbe10462113bde5_s
認知症の6割がアルツハイマー病で男性より女性が多いとされますが、何か防ぐ手立てはないのでしょうか。
アルツハイマーの前兆には、ある体の部位の衰えが大きく関係してるということがわかりました。
その部位とは?また衰えを予防するにはどうすればいいのでしょう。

スポンサードリンク

アルツハイマーは頻繁に起こる物忘れなど
記憶力が著しく低下してゆく怖い病気ですが、
実は嗅覚の衰えが発症のサインということがわかりました。

関連記事
・ココナッツオイルの効果効能は?認知症予防やダイエット美肌に効果あるって本当?
・認知症ケア!ユマニチュードケアで患者も家族も救われる
・認知症の発症リスクを高める4つの原因とその訳!
・幻視や体の硬直 抑うつはレビー小体型認知症かも知れません

■嗅ぎ分け力と記憶力の関係

米国ラッシュ大学医療センターの研究で、野菜や果物、花などの香りの嗅覚検査を
589人を対象に5年間にわたり追跡調査を実施したそうです。

その結果、隠れ認知症と診断された人の検査データーを照らし合わせたところ
嗅覚機能が低かった人ほど、認知力が低下しやすい傾向にあることが判明。

12の香りの内、8つ(66%)しか嗅ぎ分けられなかった人たちは
11(91%)嗅ぎ分けられた人と比べて隠れ認知症になる確率が5割も高かったそうです。

嗅覚や味覚は、視覚・聴覚・触覚と比べ、脳への伝わり方が異なり、
直接、記憶の中枢である海馬を刺激します。

そのため、嗅覚よって思い出される記憶は、
他の感覚刺激によって思い出される記憶よりも
より鮮明でより感情的であると考えられています。

その理由としては、原始的哺乳類が夜行性であったことや
食べ物が安全か危険かを確かめるのにまず臭いで判断するほうが食べてみるよりも安全であることから、
視覚や味覚より先に嗅覚が発達したと考えられています。

また嗅覚に深く関係している嗅内皮質は、海馬を覆うように位置していて
構造的にも互いに影響しやすいのではないかとも考えられています。
 

スポンサードリンク

 

■年齢が上がると嗅覚も衰える?

ニオイをかいだ瞬間、昔懐かしい場所や人、
過去の思い出がよみがえる経験は誰でもあると思います。

視覚や聴覚は歳をとると衰えますが、
嗅覚は原始的な感覚らしくわりと最後まで残るといわれています。

ある60代の女性が数年前から嗅覚が著しく衰え
部屋の臭いや料理の臭いなどが分からなくなり
鍋を焦がすことが多くなったという話を聞いたことがあります。

また、奥さんがアルツハイマーにかかった経験本を読んだことがありますが、
その中でも奥さんがひんぱんに鍋を焦がすという記述がありました。

やはり、嗅覚と記憶力はつながっているようで…

嗅覚が衰えると、ニオイの刺激が減ることになるので
記憶力の低下につながってしまうということがわかります。

もしかしたら「鍋を焦がす」という行為は、匂いがわからない以前に、
鍋を火に掛けているのを忘れているということも考えられますね。

意識障害で寝たきりの人の枕元に
大好きなアロマの香りを垂らしてあげたという話も聞きますし、

嗅覚は視覚や聴覚と比べ、記憶に働きかける力が強く
ニオイを嗅ぐことは、海馬にとってとても良い刺激になるそうです。

ニオイと記憶はつながっているのですね。

 

■嗅覚は鍛えられる?

そういうことで嗅覚の異常を早期に発見することは
アルツハイマーの予防にもなります。

近年注目されているのがアロマテラピーです。

アロマテラピーとは、植物の芳香成分を利用した自然療法のこと。

アロマオイルの(精油)の香りを嗅ぐことで、
自律神経を整えて体の機能を調整してくれます。

昼は集中力を高め記憶力を強化する
ローズマリー、レモン

夜は鎮静効果が高い不眠や不安を和らげる
ラベンダー、スイートオレンジの精油で芳香浴するといいんだそうな。

記憶力の改善や認知機能の衰えが改善し
不安感が取り除かれ、多くの人に効果が表れているんだそうで

アロマテラピー効果ってすごいですね。

アルツハイマーの進行を遅らせる薬の処方が一般的ですが
アロマテラピーなら発症してしまったアルツハイマーを改善に導く可能性を秘めています。

予備軍である軽度認知症の段階で用いれば
アルツハイマーの予防に大いに役に立つものと思われます。

また、アロマテラピーには重大な副作用の心配がないので
医療を受けながらの併用も可能なんだそうですよ^^

参考本:わかさ生活 脳活道場
 

まとめ

嗅覚に限らず聴覚や味覚等々加齢と共に悪くなるのは仕方のない事だと思いますが
アルツハイマーと嗅覚は密接な関係があると考えられています。
最近臭いが鈍感になったとか、鍋を焦がす頻度が増えたとかいうサインは
アルツハイマーを疑った方がいいかもしれません。
アロマを使って日頃からニオイに敏感になる生活をおくるといいそうですよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です