クリスマスに食べたい簡単で美味しいローストビーフとソースの作り方♪


0dc857e2b59733c823b01ebe82ade681_s
年末年始はクリスマスやお正月など友人を招いたり大勢で食事を楽しんだりするイベントが多い季節です。
そんな時にピッタリなローストビーフ。
誰でも簡単に作れるローストビーフの作り方をご紹介しますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ローストビーフはイギリスの代表的な家庭料理です。
牛肉のかたまり肉を焼いて、香味野菜と香辛料を使って
オーブンで加熱しただけの簡単な料理ですが、大皿に盛って出すととても華やかですよね。

今年のクリスマスにはローストビーフを焼いてみませんか?

スーパーではローストビーフ用のお肉がズラッと並んでいますが、
中には100g298円という超お得な値段のビーフも…

こんなお得なビーフを見つけたらチャンスですよ (〃艸〃)ムフッ

本番は絶対失敗できないローストビーフ!
今からバッチリ練習してみましょう。

そして本番はワンランク上の高級お肉で
とっておきのローストビーフを作ってみてください ٩(ˊᗜˋ*)و

ローストビーフに適した部位はロース、ヒレ、内モモが良いです。
その中でも国産の牛肉がやはり一番ですね。

 

■ローストビーフの作り方

<材料> 4人~5人分

牛もも肉(塊)…500~600g
塩…5~6g(牛肉の1%)
こしょう…少々

(A)玉ねぎのうす切り 4分の1個(50g)
   ニンジンのうす切り 2cm(30g)
   セロリのうす切り 3cm(20g)

 

サラダ油…少々
赤ワイン…50ml
オリーブオイル…大さじ2
クレソン・ラディッシュ…飾り用に適量

<作り方>

1、牛肉に塩とこしょうをシッカリすり込み、ラップでピッタリと包み、
  冷蔵庫に一晩(最低でも3時間)置く。

2、牛肉を冷蔵庫から出して、2~3時間おいて室温に戻す。

3、天板に耐熱器を置きうす切りに切った(A)を広げて入れる。

4、フライパンを中火で十分に熱し、サラダ油をなじませたら、
  肉の各面をそれぞれ30秒ほど焼き付ける。
  こんがりとしたら赤ワインをかけ、すぐに汁ごと3に移しオリーブオイルをかける

5、オーブンを220度に熱しておき、4を入れて10分焼く。
  180度に下げてさらに10分焼く。
  スイッチを切ってオーブンの中で30分置く。
  取り出したら耐熱気の上で肉を転がし焼き汁をからめて完全に冷ます。

6、肉を好みの厚さに切り分け、クレソン、ラディッシュを盛り合わせソースを添える。

 

焼く前に肉の中身が 冷えてたりすると、中心がロゼ色になってくれません。
必ず、冷蔵庫からだして、肉の温度を常温に もどしておくのがポイントです。

保存期間は肉を切らない状態で、冷蔵庫で3~4日間ほどです。
5日以上であれば冷凍します。
 

スポンサードリンク

 

■ソースの作り方

チリソースの場合

<材料>

(A)
トマト 2分の1個(70g)
玉ねぎ 8分の1個(25g)
セロリ 2cm
ピーマン 2分の1個

(B)
オリーブオイル 大さじ1
塩 小さじ4分の1
チリペッパー 少々
酢 大さじ2分の1

<作り方>

(A)はみじん切りにして(B)と混ぜ合わせます。

 

和風ソースの場合

<材料>

(A)
しょうゆ・みりん・赤ワイン 各大さじ2

(B)
玉ねぎ 4分の1個(50g)
ニンニク 1片

<作り方>

(A)を小鍋に合わせて煮立てアルコールを飛ばし完全に冷ます。
(B)をみじん切りにして混ぜ合わせます。

 

■ローストビーフの食べ方は?

ローストビーフはデパートの食品売り場やスーパーでも売っていますが
「これってチンして食べるの?」という人もいるくらい

食べ方が良くわからない人が多いんですよね。

でも、本当に中は赤っぽいし生煮えのようにも見えますよね。
食中毒とか大丈夫なのかな?って心配する気持ちはよくわかります。

でも

ローストビーフって中が生の様に思われるかもしれませんが、
中までシッカリ火が通ってますので大丈夫です!そのままで食べれます ٩(ˊᗜˋ*)و

ローストビーフは表面が焼けていて、
中心部が柔らかい状態で食べるのが一番美味しいんです。

 

ただ、フライパンだけで作る簡易的調理法なら少し微妙かな…(´;ω;`)

実際には、中心温度が65~70度位(ミディアム)になるのが理想だそうで、
45~50度ぐらいになるまで過熱するとレアに仕上がります。

ローストビーフを作る場合、ここが一番肝心なところといわれてて
焼き時間ではなく肉の中心温度を見極める事がポイントなのだと・・・。

そういうことで、中心温度計というのがありますので1本あると便利で安心だと思います♪

 

焼きすぎて中までしっかり火が通ってしまうと
お肉がボソボソになっちゃいますからくれぐれも気を付けて♪

きれいなロゼ色のローストビーフが出来ますように
では 頑張ってくださいね  p(´∇`)q

 
関連記事
・ローストビーフ通販で人気のお店はどこ?楽天では?おしゃれな盛り付け方も知りたい!

まとめ

ローストビーフは美味しいですから是非作ってみてください。
国産の牛肉を焼く前に冷蔵庫からだして、肉の温度を常温に もどしておくのがポイントです。
そして肉の中心温度を見極めることが大事、焼き方はレア、ミディアムとお好みでどうぞ。
お肉をオーブンで加熱し過ぎると、固くなってしまいますので
中心温度計を使うと失敗が少なくなると思います^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です