皮膚にできるしこり粉瘤(アテローム)の原因 症状 治療と予防法は?



皮膚の表面にできるしこりに粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれるものがあります。
粉瘤(ふんりゅう)はアテローム(またはアテローマ)とも呼ばれ
皮膚の良性腫瘍のひとつとされ痛みはありませんが、放っておいてもいいのでしょうか。
また、自分で勝手につぶしてもいいのでしょうか。
粉瘤の原因と症状や治療、予防について調べてみました。

スポンサードリンク

■粉瘤は何故できる?

皮膚からはたくさんのあか(角質)や、皮膚の脂(皮脂)などがでています。

皮膚の表面にわずかなくぼみがあると、
くぼみの中に垢や皮脂がドンドン溜まります。

やがてくぼみが大きくなり、皮膚の奥の方に袋のような構造を作ります。
これが粉瘤です。

見た目は皮膚がこぶのように膨れ上がったようになります。

袋の出口部分に穴があれば、垢や皮脂は少しづつ出ていきますが
ふさがってしまうこともあり、
そうすると中で袋がさらに大きくなってしまいます。

粉瘤は皮膚のどこでも発症する可能性があるとされ
皮膚の下にできる腫瘍の中では、最もありふれたもののひとつです。

 

■粉瘤の症状は?

粉瘤は痛みなどの症状はありません
比較的男性の方が出来やすいとされています。

ただ粉瘤がかたくなって、コインのようなものが
常に皮膚の上に張り付いているような違和感が生じます。

物が良く当たるような部位にできると、
押されるような感じがします。

また内部は汚れた状態なので、
細菌に感染すると炎症を起こして膿が溜まります。

状態によっては高熱が出ることもあり、
患者が病院を訪れる時には大きさが1~2センチ程度になってることが多いようです。

中には10センチを超えるような大きな腫瘍の症例もあるのだとか。

炎症がない場合は痛みもなく過ごせるようですが、
良性のしこりといえども化膿の恐れがありますので、
できたら粉瘤を取り出すのがいいと思われます。

また、粉瘤とよく似たものには
脂肪腫、石灰化状皮腫、耳前瘻孔があります。

1)脂肪腫
脂肪組織が増殖してできたもの。
化膿はせず、皮膚との癒着はない。

2)石灰化上皮腫
子供や若者の首や顔、腕にできる良性腫瘍。
粉瘤よりもやや黒っぽくて硬い

3)耳前瘻孔
耳の上の部分の前方にあいた小さな穴で軟骨まで袋状の空洞ができる。
 

スポンサードリンク

 

■粉瘤の治し方は?

手術で塊を取り除くことが基本的な治療法で
化膿していれば、切開して溜まった膿を外に取り出す必要があります。

切開して中の根の様な組織を、ある程度深く除去しないと
何回も再発を繰り返すことにもなります。

さらに手術部分の洗浄や抗生剤の投与も行い
炎症が収まるまで数週間程かかります。

手術の方法ですが、メスで粉瘤を切り取ります。

粉瘤が大きくなければ局所麻酔で行い
日帰りで手術ができます。

2センチ以下の手術だと
患者の自己負担金は1万円くらいといわれています。
(初診料やその後の処置にかかる費用は除く)

ただし、体力の弱い高齢者や麻酔を必要とする小児、
血が止まらないようにする薬の服用の影響などで出血しやすい人は
入院が必要になる場合もあります。

傷跡をできるだけ小さくするために
円形のメスを使い患部を丸ごとくりぬく方法もあります。

形成外科の方が細かく縫いますので
傷は目立ちづらいという口コミもあるようですが…
どうなんでしょうか。

手術後1週間して抜糸すれば通院は終了です。

まれに粉瘤と思われてても別の種類の腫瘍ということもあるため、
切り取った部分は病理組織検査を行うのが通例です。

 

■粉瘤の予防法は?

皮膚を清潔に保ち、よく保湿するのが一番です。
人によっては何度も発症したり、
同じ部位に繰り返しできたりすることもあります。

粉瘤は毛根や汗腺が消えないのと同じで
自然には消えることはないといわれています。

自分で勝手につぶして、傷口から細菌が入り化膿すると
後後やっかいなので、必ず自己判断せず皮膚科か形成外科にいきましょう。

肌のきめが粗かったり、ニキビができやすかったりするなど
体質も影響するようですね。

 

まとめ

粉瘤は皮膚の中に迷入した上皮組織で、皮膚のどこでも発症する可能性がある良性のできもの。
皮膚の下にできる腫瘍の中では、最もありふれたもののひとつといわれ、痛みもないとされていますが
細菌に感染すると炎症を起こして膿が溜まります。切開して溜まった膿を外に取り出す必要があり、
繰り返さないためにもキチンと直さないといけませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です