ノロウイルスとロタウイルスの違いって何?ワクチンや対処法は?



下痢や嘔吐などの症状が特徴の「感染性胃腸炎」が流行しています。冬の代表的な食中毒にはノロウイルスやロタウイルスがありますが、ノロウイルスとロタウイルスってどう違うのでしょう。
ノロウイルスとロタウイルスの違いとワクチンや対処法について解説します。

スポンサードリンク

 

■ノロウイルスって?

1968年にアメリカのオハイオ州ノーウオーク小学校で
急性胃腸炎が集団発生しました。

地名から「ノーウオークウイルス」とか、
直径が35ナノメートルという小さな球形のことから
「小型球形ウイルス」と呼ばれていたこともあります。

その後、同じようなウイルスが世界中で検出され
2002年に国際ウイルス命名委員会で「ノロウイルス」と正式に命名されました。

ノロウイルスは、年間の食中毒患者では一番多く、
秋の終わりごろから冬の中ごろにかけて毎年流行します。

病院へ行くと、おなかの風邪、嘔吐下痢症、胃腸炎等 言い方も様々ですが
ほとんど同じです。

お腹にウイルスが感染し症状をおこしているということです。

特徴は、突然の嘔吐で始まることが一般的です。
吐き気は激しいのですが、半日くらいでおさまる事が多いようです。

下痢を伴うこともありますが、ほとんどが軽い下痢で済みます。
38度前後の熱を伴うこともありますが、1日くらいで下がります。

乳幼児から学童、成人まで、あらゆる年代層で感染し
集団感染することも多くあります。

感染源となる食品は、加熱が不十分な二枚貝や生野菜などで
潜伏期間は24時間~48時間で、発症すると嘔吐、下痢、発熱、のどの炎症などの症状が2~3日続きます。

一般的には軽症ですが、下痢による脱水症状などで重症化することもあり
注意が必要です。

感染性が極めて高く、感染性粒子が10~100個で
感染するとされています。

熱や乾燥、さらには酸にも強いといわれています。

関連記事
  ノロウイルスの症状と予防!なった場合の感染を防ぐ対策と対処法

 

■ロタウイルスって?

同じような胃腸風邪にはロタもあります。
ロタウイルスはノロウイルスの倍くらいの大きさです。

ロタウイルスに感染して発症する感染症は「冬季乳幼児嘔吐下痢症」と呼ばれていて
その名の通り生後6か月から2歳を発症のピークとして
5歳までにほぼすべての乳児が感染し、発症するといわれています。

最近はノロウイルスのほうが有名になり
「ロタウイルス」という名前を聞いたことがない若いお母さんも多いようですが
けっこう流行るポピュラーな病気です。

感染力が非常に強く極めて少量のウイルスでも感染します。
今でも衛生状態や栄養状態の悪い海外では、年間20万人近くが亡くなっています。
 

スポンサードリンク

 

流行期は2月~5月、冬の終わり~春先(インフルエンザの流行の終盤にかかることが多い)にかけて流行します。
潜伏期間は2~4日で、突然の水のような下痢と嘔吐、発熱で発症します。
ロタウイルスは、激しい下痢や発熱が長く続くのが特徴です。

基本的には、1~2週間ぐらいで自然に良くなる感染症ですが、
乳幼児に多く2~3歳未満の小さな子どもは脱水が進み、点滴や入院治療が必要になることが多くなります。

けいれんや肝機能障害、脳症などがおこることもありますので
意識の低下などの症状がが見られたらすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

ロタウイルス感染者の便には多量のウイルスが含まれていて
その量はウイルス量が多いことで知られるノロウイルスの1000倍ともいわれています。

抗ウイルス剤はないので
治療は対処療法で経口補水液や輸液での脱水対策、体力を消耗しないための
栄養補給が中心になります。

現在、日本では、「ロタリックス」と「ロタテック」の2種類のワクチンが承認されており、
乳児を対象に任意接種が可能です。

ロタリックスは生後6~32週の間に3回の経口摂取を行い、
どちらのワクチンも1回目の接種は生後14週6日までが推奨されています。

市区町村によっては、
ワクチン接種に対する一部助成がある自治体もありますので確認してみてください。

 

■ノロウイルス・ロタウイルスの対処法は?

ノロウイルスもロタウイルスも、対処療法で、
発症した時は経口補水液や輸液で脱水対策をします。

変異型が流行しても、
対策は同じで変わりません。

感染者の便や嘔吐物には多量のウイルスが含まれていて
その処理の後で手や爪に残ったウイルスから感染する「糞口感染」で広がることが多いようです。

感染を広げないためには便などの処理の際には
使い捨てのゴム手袋、マスク、エプロンなどを着用します。

また、汚れた衣類などは、次亜塩素酸ナトリウム液(または塩素系の漂白剤)で消毒してから
洗濯します。

抗ウイルス剤はないので
治療は対処療法で経口補水液や輸液での脱水対策、体力を消耗しないための
栄養補給が中心になります。

古いものを食べないこと、生卵などを避けること。
食べ物に触れる前の手洗いと、共用のタオルを使わず
使い捨てのペーパータオルを徹底することでかなり感染を防ぐことができるといわれています。

今後は、発症があれば消毒と手洗いを徹底的に行い二次感染を防ぐように努めるとよいでしょう。



まとめ

最近はノロウイルスの方が有名ですが、ロタウイルス感染者の便にはノロウイルスの1000倍ともいわれる多量のウイルスがいます。
ノロは吐き気、ロタは下痢というのが特徴で長引くのはロタウイルスの方だといわれています。
徹底的な予防と、乳幼児のロタウイルス感染による胃腸炎を予防するためワクチン摂取をおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です