高齢者を襲う振り込め詐欺や消費者トラブルなどの対処対策法!!



いまだに高齢者の被害が減らない振り込め詐欺や消費者トラブル。
自分は大丈夫と思っていても客観的に見る場合と実際にあった場合は違うといわれています。
現状を認識し防犯力を高める必要がありますね。
今回は振り込め詐欺のパターンと対処対策法について調べてみました。

スポンサードリンク

■振り込め詐欺のパターン

振り込め詐欺の手口は大きく分けて

「オレオレ詐欺」
「架空請求詐欺」
「融資保証金詐欺」
「還付金詐欺」

の4つだといわれています。

1、オレオレ詐欺

息子や孫を装った電話で「電話番号が変わった」と告げてきます。
声がいつもと違うと気付かれたら、
「風邪をひいているから」などと言います。

翌日、その電話から「困ったことになった、至急お金がいる」といって
お金を振り込ませます。

または、知人を使い家まで受け取りにやって来ます。

中には、電話で警察官や金融機関の職員を名乗って
「悪用されそうなのでキャッシュカードを預かる」といってカードを取りに来たりもするそうで
考えるだけでも怖い話ですね。

 

2、架空請求詐欺

「有料サイトの利用料が未払です」
「訴訟関係費用を払う必要があります」

といって身に覚えのない料金を手紙やメールで請求する詐欺です。

若者だけでなく、パソコンやスマートフォンの普及で
高齢者もこの手口でだまされてるようですね。

驚いて先方に問い合わせたりしようものなら、
言葉巧みにお金を振り込ませられますので一切、無視することです。

 

3、融資保証金詐欺

ダイレクトメールやFAX,電話などで、
無担保、または有利に融資(資金の融通)をすると誘ってきます。

お金に困って融資を申し込むと、「融資の審査に保証金が必要」と
お金を振り込ませてだまし取る詐欺です。

「借金の一本化」「会社の運転資金」「融資の前に保証金」などの言葉が出たら、
融資保証金詐欺と思ってください。

 

4、還付金等詐欺

社会保険庁や税務署の職員になりすました電話で
「払いすぎた医療費(保険料や税金の場合もあります)を還付する」といって
「今日の3時までに手続気が必要」などと言って金融機関に行かせます。

携帯で指示しながら、ATMを操作させ、
その人の口座から犯人側の口座へ現金を振り込ませる詐欺です。

ATMを使った「還付金」や「控除」等は絶対にありません。
 

スポンサードリンク

 

■消費者トラブルも急増中

最近は若者に限らず、インターネット通信販売に関する相談も
多くなっているそうです。

 関連記事
 若者に増えてる消費者トラブルの原因と対処 対策法!!

高齢者は自宅にいることが多いため、
電話勧誘販売や訪問販売の被害にあいやすい傾向にあります。

業者が自宅に訪問して、長時間にわたり居座ったり
強引に勧誘したりするケースが目立っているといいます。

高齢者は老後のことを考えて「必ず儲かる」といった言葉を
簡単に信じてしまう傾向があります。

健康についても関心があるものなので
高額な健康食品や電気治療器などを、いわれるがまま購入してしまうのです。

若い女性に美容関連商品が売れるのと同じように
高齢者には健康食品が良く売れるといわれています。

売れるというより、体に不安がある高齢者をあえて狙って(狙われて)
売りつけてる(買わされてる)っていう感じだと思いますね。

「孤独」もまた一因です。

高齢者の孤独につけ込み、高齢者の話し相手になるなどして近づき
親しくなるうち相手を信用させて次々と契約を繰り返させるのです。

必要のないものは、はっきりと断わりましょう。

 

■ひっかからないための対処対策法は?

1、留守番電話作戦

詐欺グループは電話でこちらの様子をうかがっています。
隙があるとみると、だますきっかけを仕掛けてきますから
留守番電話を使いましょう。

電話はたとえ在宅時でも留守番電話に設定します。
着信番号が表示される電話の場合、その番号に心当たりがないなら
絶対に出ないようにします。

犯人側は留守番電話に音声を残したくありません。
音声から足がつきますし、留守ならサッサと他を当たった方が手っ取り早いからです。

 
2、家族で合言葉を決める

オレオレ詐欺の場合、声が違うのをごまかすため
「風邪を引いた」などといって最初にかけてきます。

そして、

「携帯電話が壊れた」
「水に落とした」
「電話会社が変わった」

などと続けます。

また、昔は「オレオレ」と名乗っていたのが
最近はどこからか名簿を手に入れて、
ちゃんと子供や孫の名前を名乗ってかかってくる場合があります。

たとえ、名前が合っていたとしても、「電話番号が変わった」といってきたら、
必ず“変わる前の番号”にかけなおして確認するようにします。

家族でオレオレ詐欺について話し合い、
「合言葉」を決めておくと安心です。

電話でお金の話はしないと決めたり、
家族で話し合って絆を強めることが必要です。

 

3、金融機関での声掛け

最近の金融機関では、
まとまったお金の出金や振り込みをしようとすると声をかけられます。

犯人側は宅配便やレターパックでお金を送れと指示するケースもあり
郵便局や宅配業者も、振り込め詐欺にはかなり注意をして気を配っているとされています。

お金を送るためには現金書留以外は違法なので
相手に郵便や宅配で「お金を送れ」と指示されたら詐欺に間違いないでしょう。

架空請求詐欺の被害を防ぐには、
身に覚えのない請求をされても慌てて支払わないことです。

そして自分だけで判断せず、家族や周囲の人、
最寄りの消費生活センターに相談することをおすすめします。

消費者ホットライン「188」番は最寄りの消費生活相談窓口に案内してくれます。

まとめ

自分は絶対に大丈夫!は根拠のない自信だといわれています。
なぜならば詐欺グループは感情を揺さぶり、情に訴えるようなシナリオを作って近づいてくるからです。
客観的にみるのと、実際に経験するのとでは「感情のゆさぶり」があるかないかとの違いが生まれるようです。
親が子供を思う気持ちを巧みに利用してゆさぶりをかけてきますから、私も記事を書きながら不安になってきました。
とにかく家族の絆が問われる問題だと思いますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です