冷えからくる痛みや疲れはお尻を温めると消えるってホント!?



慢性的な疲れや頭痛、首や肩の凝り、腰の痛みなど調子が悪いという女性は多いです。
女性の場合は痛みが「冷え」から来てる場合が多いそうで、もしかしたらお尻を温めると軽減されるかもですw
冷えるとなぜ痛みやだるさが出るのか。そして温める方法とは・・・

スポンサードリンク

■冷えると出る痛みの正体は?

冷えると筋肉が縮むため血管が圧迫されて血流が悪くなります。
すると筋肉に十分な酸素がいきわたらなくなり脳はそれを痛みとして感知することになります。

筋肉の細胞もダメージを受けるため、さらに痛みが発生します。

血液が隅々までスムーズに流れてからだの機能が上手く働くとされていますので、
酸欠状態の筋肉を無理に動かすのは体にとって重労働になりますよね。

疲労物質ができ、痛みとともに疲れやだるさを感じるようになるという訳です。
また冷えの原因もいろいろあるみたいですね

   冷え性の種類別原因と予防改善方法!
 

■痛みや疲労を取るにはお尻を温める

冷えを治さない限り、疲労と痛みからは解放されません。
冷えを取るには体を温めることしかありませんよね。

そこで登場したのが「尻巻」です。

腹巻は聞いたことがあると思いますが、
「尻巻」っていうのもあるんですね^^;

富永ペインクリニック院長の富永喜代先生が、
多くの女性におススメしてるというのが「尻巻」です。

「尻巻」は富永先生が寒い手術室の環境にも
動きやすくて暖かい状態をキープするために考案されたものなんですって。

麻酔科の富永先生は、長い間手術室にいる状況の中、
寒いけど厚着はできない!というジレンマに襲われます。

動きやすい服装を邪魔しないで
「お腹からお尻までスッポリ覆う方法」を考えた結果が「尻巻」だったという訳です。

腹巻は上下にずれるけど、お尻は最も大きい部分をスッポリ覆うのでズレることもなく、
何より、腹巻よりもずっと暖かいということがわかりました。

患者さんにもすすめたところ、
腰痛や生理痛などが改善され、大変喜ばれたそうです。

スポンサードリンク

 

■ここがスゴイ!尻巻の効果

1、前と後ろから体を温めて体温アップしてくれる

太ももの付け根と仙骨あたりには動脈と静脈の血流ポイントがあります。
尻巻はお尻の下までスッポリ覆うのでこの2点をカバーし、
暖かい血液が全身を巡るようにしてくれます。

2、自律神経をリセットしてくれる

冷えやストレスを受けると体は自律神経が乱れ、血流も悪くなります。
そんな時、尻巻をすると、暖かい血液で足先まで温まり、ポカポカしてきます。
足元が暖かいと脳は「気持ちいい」と認識して
興奮した交感神経を抑え、自律神経のバランスが整っていきます。

確かに体が温まると、とっても気持ちよくなりますよね。
ウトウト眠気も誘ってくれるように、リラックスした状態になります。
交感神経でピリピリしていた体が、ほんわかした副交感神経を優位にしてくれます。

尻巻って凄い仕事をしてくれるんですね ٩(ˊᗜˋ*)و

    冷えは万病のもと!低体温の原因 症状 改善 対策法について!!

 

■尻巻の付け方

尻巻を探して「尻巻」で検索しても商品はありません ><;
尻巻という名称は、富永先生が付けたネーミングで著書では『ヒップはらまき』となっています。

ヒップにつける腹巻ですw

なんでも、縦に長く胸の下からお尻までスッポリ覆える長さであれば
OKだそうです。

長めの腹巻を買ってもいいし、
自分で毛糸で編んでもいいでしょう。

ただし、ウールと化繊の素材では、触れ合うと静電気が起きやすいので
下着の素材を考えて選ぶようにするといいですよ。

そして、常に冷えを感じさせない状態がベストなので、
「尻巻」は家でも外でも一日中つけるのがいいらしいです。

また、毛糸のパンツやスパッツじゃダメなの?て思いますが
股の部分がオープンなところが暖かさの秘訣なんだそうで、

そこに、空気があることで大腿動脈から放出された熱がたまって
さらに暖かくなるんだそうです。

旅行や外出中に、トイレを気にする女性は多いですが、
「尻巻」でお尻を覆うと膀胱もポカポカにして頻尿の悩みにもいいそうです~☆

寒い季節だけでなく、夏でも“冷え”で悩んでいる人は
是非「尻巻」を活用してみてはいかがでしょう。

参考書籍:ヒップはらまき [ 富永喜代 ]

まとめ

女性に多いとされる冷えですが、首や肩が痛い、足が、腰が…と
毎日悩んでいる人にはとても良い健康法だと思います。
慢性的な疲れや体の痛みは「尻巻」で解決してみてください。
長めの腹巻で十分間に合います。一日中つけるのがおすすめだそうですよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です