脳の若さをキープしている人の10の習慣とは?!



心身の若々しさをキープしたいなら、脳のいい使い方を習慣にするといいらしいです。
ネガティブな感情やマイナスの感情にとらわれないことが大事だといわれていますが具体的にはどういった習慣が脳の若さをキープできるのでしょう。
脳の若々しい人の習慣を探ってみたいと思います。

スポンサードリンク

1、好奇心が旺盛

好奇心が旺盛な人は、いつまでも若いですね。
いろんな情報が脳に流れ込みますから様々な脳の場所を動かします。

年齢が行くと、新しいものより今までのものに走ってしまいますが、
流行のものや新製品を買ったり、新しい事や物に興味を持つことは
脳を若々しくキープすためにはとてもいいんだそうです。

逆に世間のことに関心が薄くなると、
脳の働きも鈍くなるので注意が必要なんだそうですよ。

 

2、新しい趣味にチャレンジする

歳を取ってから新しい趣味にチャレンジしてる人は元気で長生きですよね。

これは脳の今まで使ってなかった部位を動かすので
脳が成長して、いっそう生き生きと活動し始めるからなんだそうです。

もう歳だからとあきらめないで、
昔やってみたいと思っていた趣味にもドンドン挑戦してみるといいそうです。

 

3、毎日20分の暗記タイム

年齢が行くと、覚えが悪くなります。

カラオケとか行っても、
曲名が出てこない!歌手の名前がわからない! などの経験ありませんか?

あーじゃない!こーじゃない!と、
時間だけが過ぎ去ってゆくんですよね。

記憶力の低下は年齢とともに衰えるといわれてますが
その理由は暗記する機会が減るためなんだそうです。

だから、高齢者でも記憶力抜群の人は
若い時と変わらない暗記習慣を持ち続けているんだとか…

対策としては1日20分、何かを暗記する習慣を持つといいらしいです。
料理の際、レシピを見ながら作るんでなく、
まずはレシピを暗記してから作ってみるとかですね (〃艸〃)

 

4、部屋を片付ける

部屋の掃除や片付けは脳にとってもいい運動になるといいます。

部屋をきれいにするということは、部屋の状況をよく見て
段取りを考え、能率よく手や体を動かすことを心がけます。

散らかってる部屋なら、記憶力を使って
以前のきれいに片付いた部屋を思い出し、モノをもとに戻す必要があります。

新たに収納場所を確保する場合は、どういう工夫をすると便利だろうか とか
出来上がりのビジョンを思い浮かべることも必要になります。

部屋の掃除や片付けは脳のいろんな部位を同時に使いながら
片付けをしていることになるので
脳にとってはとても良い運動になるんだそうです ٩(ˊᗜˋ*)و
 

スポンサードリンク

 

5、鏡を見ながら微笑み顔をつくる

無表情の時間が長いと感情系をつかさどる脳が衰え、
感情のコントロールが下手になるんだそうです。

顔筋を動かすことは脳を動かすことでもあるので
鏡を見て、喜怒哀楽の表情をつくり、顔の筋肉のストレッチがいいらしいですよ♪

最後は、ニコッと笑った顔で一日過ごすと
心にも脳にも良い影響がでるといわれています ٩(ˊᗜˋ*)و

 

6、違う世代の人と交流を持つ

一般的に年齢を重ねると、
他人との交流の場は若いころと比べて減るものです。

しかしコミュニケーションは伝達系の脳を動かしてくれるので
脳の成長には欠かせないといわれています。

特に違う世代の人たちとの会話は脳にとって刺激的です。
いろいろな世代の人との交流が脳を若々しくキープしてくれます ٩(ˊᗜˋ*)و

 

7、50歳でも30歳と思う

「どうせ私なんて」とか
「もう歳だから…」とか

自分を否定するような言葉は老化を早めるそうです。

自己否定は脳の働きをストップさせてしまうので
自分で自分をほめる習慣をもつといいそうです。

自分の長所は自分が一番知っているハズ。

50歳でも、「私は30歳」と思えば脳も30歳の働きをするんだそうです (*´艸`*)

自信と誇りを持ち、他人と比べない生き方は、
脳にストレスをかけず、いつまでも若々しい脳を保つことができると思います。

 

8、1日6000歩以上あるく

歩くことは脳にも体にもとても良い効果があります。

歩いていると、「いいアイデア」が浮かんだり、
「もやもやした考えがまとまった」りしますよね。

これは、運動系をつかさどる脳を使っていると、
すぐそばの思考系をつかさどる脳もつられて動き始めるからなんだそうです。

とにかく体を動かすことは脳を若々しく保つポイント!

認知症の予防のためにも、
1日に少なくても6000歩は歩くといいみたいですよ♪ ٩(ˊᗜˋ*)و

 

9、心がときめく人を見つける

芸能人やスポーツ選手、音楽家、芸術家など、誰でもいいんです。

『ステキだな』『応援したいな』と思うように
ワクワクドキドキすることは感情をつかさどる脳を刺激して
脳の若々しさを保ってくれるそうです。

芸能人の「追っかけ」もいいんですってーーー!
そういった対象を見つけてみましょう。(*/∇\*)キャ

 

10、周りに感謝をわすれない

自分のことばかりでなく、周りに感謝を忘れないで謙虚に生きてる人は
やはり若々しいと思います。

こうやって自分の足で歩いてどこでも行けるということのありがたさ。
元気に育ててくれた親に感謝をし、今の体に感謝ですね。

好きな趣味に没頭できるのも、家族の暖かい支えがあるからこそです。

そんな親や家族、近所の人、趣味の先生など
自分の周りの人々への感謝を忘れず、自分の人生を歩いている人は
若々しいと思います

そして、常に「ありがとう」と口に出して言葉をいうことで
その言葉は自分にも返ってくるのですから…(*´艸`*)

すると脳はさらに喜びを感じ、
ますます若々しくなってゆくのだと思うのです (⌒‐⌒)

私もこんな人を目指して頑張っていきたいと思います ٩(ˊᗜˋ*)و

関連記事
・女性が男性より長生きする4つの理由とその訳とは!?

まとめ

これからの人生を充実して楽しく過ごすには脳の老化をできるだけ防ぎたいものです。
歳を重ねてもイキイキと暮らしてる人や脳の専門家の先生の話を聴くたびに
毎日の習慣が大きなポイントかなって思いました。
今すぐ習慣を見直しいつまでも若々しい人生を送りたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です