足利フラワーパーク藤まつり2017!開催時期 見頃 見どころ ライトアップ情報



日本の春はなんと美しい景色が多いんでしょうか。
春の季節に、一回は訪れたい場所があるとすればここではないでしょうか。
一種類の花が無数に広がる光景は圧巻です。
藤で有名なあしかがフラワーパークのご紹介です。

スポンサードリンク

■あしかがフラワーパークとは?

栃木県足利市堀込町に 「早川農園」 として1968年に開園。
以来 「250畳の大藤」 として愛されておりましたが、
都市開発の為 1997年に現在の足利市迫間町 ( はさまちょう ) に移設し、
「あしかがフラワーパーク」 としてオープンしました。

あしかがフラワーパークは、花や木を通してその季節感あふれる庭を園内につくりこんでいます。
そしてここには藤の花という柱があります。

CNNが選んだ『世界の夢の旅行先10か所』にも選ばれたことから、
その影響と実際に訪れた人が写真をSNSに載せたりして口コミが広がって
外国人観光客も10倍以上になったともいわれています。

「あしかがフラワーパーク」のシンボルといえば藤の花!といわしめるほど
今やその人気はウナギ登りで誰もが知る藤の名所となりました。

シンボルである大藤は日本の女性樹木医第一号である塚本こなみ氏によって移植され、
大藤(当時樹齢130年)の移植は前例がなく常識を超えた移植プロジェクトとして全国から注目を集め、
日本で初めての成功例となったといわれています。

 

■開花時期と見頃 見どころは?

足利フラワーパークのフジの開花は4月の中旬頃から始まり
見頃時期は4月下旬~5月です。

花は、紫・白・黄色の順番に咲きます。

うすべに藤、むらさき藤、白藤、きばな藤と
開花を少しずつずらしながら、約1ヶ月ほどその絵巻物語を演じつづけます。

例年の見頃を調べてみました。

 うす紅藤:4月中旬~下旬頃
 大藤棚(栃木県指定天然記念物):4月下旬~5月上旬頃
 白藤(栃木県指定天然記念物):5月上旬頃
 きばな藤:5月上旬~中旬頃

HPで花の状況が更新されていますので
出かける前にチェックされるといいでしょう。

見どころは何といっても、園内のシンボルとされる
300畳敷の大藤棚4本 ( 野田九尺藤 3本、八重黒龍藤 1本 ) の大藤
栃木県の天然記念物にも指定されてる約80mにおよぶ白藤のトンネル

さらに約100㎡にも広がる世界でも珍しい八重の大藤棚は必見です。

その他この時期は5000株以上のツツジやシャクナゲなど、春の花数百種も咲き乱れ、
藤の花との競演が百花繚乱の園内を見事に演出してくれます。
 

スポンサードリンク

 

■大藤まつり「ふじのはな物語」の日程は?

足利フラワーパークでは、大藤まつりが開催され、
幻想的な絵巻物語に訪れた人を誘ってくれます。


出典:https://youtu.be/56oDOLXECLc

【開催期間】
4月15日(土)~ 5月21日(日)
※ 花の咲き具合により変動します。

【ライトアップ 開催期間】
4月22日(土)~ 5月14日(日)

7:00から21:00(ライトアップ期間)
7:00から18:00(ライトアップ期間外)
夜の部のみ(5/14まで)17:30から21:00

【入園料】
昼の部:大人900円~1,700円 4才~小学生500円~800円
夜の部:大人600円~1,400円 4才~小学生300円~700円
※ 花の咲き具合により期間・料金は変動します。

料金は4月15日 ~ 5月25日 で大人が900円 ~ 1,500円となっていて、
やはり大藤まつりの時期次第になります。
花の咲き具合で決めるそうで、結構直前に決まるようです。

 

■車椅子、ベビーカー、コインロッカーはある?

足利フラワーパークでは車いすが無料で貸し出しされています。
(数に限りがあるため先着順になるようです)

ベビーカーは貸し出されていませんが、パーク園内は段差が少ないので、
車いすでもベビーカーでも比較的スムーズに園内を見て回ることができるようです。

大藤や八重藤、大長藤の所はウッドデッキになっていますが、
段差もないのでこちらも大丈夫です。

コインロッカーも正面ゲートのショッピングハウス内にあり
パーク内にはレストランもありますから軽い食事ならできます。

最後にペットは館内および園内へ入ることはできないようです。
(盲導犬、介助犬、聴導犬の同伴は可能)

足利フラワーパーク周辺の観光スポット・ホテル・旅館を【楽天トラベル】で探してみる

●あしかがフラワーパーク
住所:栃木県足利市迫間町607
開花時期:4月中旬~5月下旬 
イベント:大藤まつり(4/15~5/22 )
入園料:花の咲き具合により期間・料金は変動します
駐車場:340台 無料 臨時駐車場を合わせて6000台
アクセス:下記URLより
https://www.ashikaga.co.jp/access.html
TEL:0284-91-4939

 
関連記事
・足利フラワーパークのアクセスと駐車場 混雑回避の抜け道はある?
・関西で楽しむ春の花!可愛らしいチューリップが見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!牡丹(ボタン)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!華やかな薔薇(バラ)の花が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!関西で楽しむ春の花!優美な藤(フジ)藤棚が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!情熱の花 ツツジ(つつじ)が見れる名所をご紹介
・富士芝桜まつり2017の開花 見頃 駐車場 アクセス 混雑状況は?
・関西で楽しむ春の花!可憐な芝桜(シバザクラ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ夏の花!気高い花菖蒲(ハナショウブ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ夏の花!向日葵(ヒマワリ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ夏の花!紫陽花(アジサイ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ秋の花!萩(ハギ)の花が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ秋の花!コスモス(秋桜)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ冬の花!水仙(スイセン)の花が見れる名所をご紹介
・関西(大阪)で楽しむ冬の花!梅の花が見れる名所をご紹介
・関西(京都・奈良)で楽しむ冬の花!梅の花が見れる名所をご紹介
・関西(和歌山・三重)で楽しむ冬の花!梅の花が見れる名所をご紹介
・関西(兵庫・滋賀)で楽しむ冬の花!梅の花が見れる名所をご紹介

まとめ

あしかがフラワーパークの大藤はぜひ行ってみたい場所ですね。
樹齢130年の老木の移植は前例がなく常識を超えた移植プロジェクトだったそうですが
女性樹木医塚本こなみ氏によって成功したとされています。
多くの人が偉大な大藤を一目見たいと世界中から訪れるというフラワーパーク。
一度は訪れてみたい藤の名所ですね。それでは気を付けていってらっしゃい♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です