熱中症の原因と症状!4つのタイプの対処法とは?!


年々、夏の暑さが厳しくなり熱中症で倒れる人は少なくないようです。とくに中高年は家の中にいても熱中症に気をつけなければいけないといわれています。
熱中症の原因と症状、タイプ別対処法について調べてみました。

スポンサードリンク

■熱中症って?

熱中症とは、高温多湿の環境下で体温が急激に上昇して、体温調節機能が乱れ
体内の水分や塩分のバランスが崩れてしまう機能障害
のことをいいます。

熱中症が起こりやすい時期は、真夏と梅雨どきといわれるように、
高温で湿度の高い時期は「熱中症」が起こりやすいとされ注意が必要です。

高温多湿の環境のもとで、エネルギー消費量の多い労働や運動をしていると、
熱放散がうまく行われないため、体内に熱がこもって「熱中症」になります。
 

■熱中症の原因は?

熱中症の原因は前述のように「環境」によるものと「からだ」によるものがあり、
それによる「脱水症状」です。

炎天下に長時間いたり、激しい運動をするなどして
大量の汗をかくことで起こります。

また、屋内にいても高温多湿な状態が続くと、
知らないうちに脱水症状を起こし熱中症を発症することもあります。

主婦が料理をしている最中に「熱中症」で具合が悪くなったり、

クーラーも扇風機もつけないで寝てた高齢者が
「熱中症」で病院へ運ばれたり、命を落とされたりする悲しいニュースもあります。

屋外だけでなく、屋内にいても高温多湿な条件がそろえば
「熱中症」のリスクが高まるということになります。
 

スポンサードリンク

 

■熱中症の症状は?

立ちくらみや頭痛、吐き気、こむら返り などの症状にみまわれ、
重症になると、精神錯乱、意識障害を起こし命を落とすこともあります。

熱中症は、最初は軽いものであっても、
ほんの短い時間で重症化することがあります。

甘く考えないで適切な手当てをする必要があります。

 

■熱中症のタイプと対処法は?

熱中症は症状によって以下の4つに分類されます。

1、熱疲労

暑さで体が疲れてしまうことが原因です。
高温の屋内でも発症します。

脱力感、めまいや頭痛、吐き気などの症状がでます。

涼しい場所で安静にし水分を補給します。
重度の場合は病院へ行き点滴をします。

2、熱けいれん

大量に発汗したり、水分のみを補給したりしていると血液中の塩分濃度が低下。
手や足、腹部の筋肉が痛みを伴うけいれんを起こします。

涼しい場所で塩分を含んだ飲み物を取って安静にします。

3、熱失神

炎天下で長時間活発に動くと、末梢の血管が広がり、
脳への血流量が減少して貧血状態になります。

顔面蒼白、めまい、唇のしびれが起こります。
涼しい場所で安静にし衣服をゆるめて水分補給をします。

4、熱射病

大量の発汗で体内の水分と塩分が著しく不足し、
ふらつきや意識障害が起こります。

氷や保冷剤でわきの下や首元、
足の付け根を冷やして体温を下げ水分を補給します。

重度のショック状態なら救急車を呼びます。

関連記事
・熱中症が女性に多い驚きの理由!予防には身体の或る臓器をケアするといいらしい!
・熱中症に負けない身体をつくるために積極的に摂りたい7つのもの

まとめ

熱中症とは、体温が急激に上昇して、体温調節機能が乱れ、体内の水分や塩分のバランスが崩れてしまう機能障害のこと。
熱射病 日射病 熱けいれん 熱失神 熱疲労 などを総して「熱中症」といいます。
エアコンが嫌いだからと暑い日にもいれない人がいますが、とても危険な行為です。高齢になると暑さもあまり感じなくなるようですが
キチンと目で見て確認できるように最高最低温度計があると室内温度の目安になり、熱中症予防にもなりますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です