月別: 2017年2月

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)とは!原因 症状 治療 検査法について


2015年の日本のHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染者の件数は、エイズ(後天性免疫不全症候群)患者を合わせて1434件だそうで、確実に増えているんだそうです。
昔は不治の病といわれたHIV感染症とはどんな病気なのか、ここでもう一度学習してみることにしました。
クリックして続きを読む

スポンサードリンク

脳の若さをキープしている人の10の習慣とは?!


心身の若々しさをキープしたいなら、脳のいい使い方を習慣にするといいらしいです。
ネガティブな感情やマイナスの感情にとらわれないことが大事だといわれていますが具体的にはどういった習慣が脳の若さをキープできるのでしょう。
脳の若々しい人の習慣を探ってみたいと思います。
クリックして続きを読む

ゆったりお花見できる地元の観桜穴場スポットin 堺 泉北 泉南


赤ちゃんや幼児との子連れ花見は、ゆったりくつろげる地元の公園がおススメです。
花見だけでなく、広い公園で遊具があって動物などとも触れ合えたら最高に楽しいですね。
ママ友やご家族で。赤ちゃんからお年寄りまで、ゆったり花見ができる堺 泉北 泉南のお花見スポットをご紹介します。
クリックして続きを読む

赤ちゃん幼児連れで花見を楽しむためのポイントと持ち物やアイテムをご紹介♪


待ちに待ったお花見の季節がやってきました。
今年は赤ちゃんとお花見をと計画しているパパやママも多いと思いますが、
赤ちゃんや幼児連れでのお花見ならではの工夫や注意点、お勧めアイテムを紹介します。
参考にしてもらえると嬉しいです^^
クリックして続きを読む

国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑!見頃 見どころ 混雑 アクセス情報


春から初夏にかけて多くの花が見ごろを迎える北関東。
なかでも茨城県の国営ひたち海浜公園が人気のようです。
とにかく美しすぎる!とTwitterでも拡散中!
国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑の魅力に迫ってみました。
クリックして続きを読む

両家の親が来ても大丈夫!ひな祭りや子供のイベントのおもてなしテクを考えてみた


義理の両親が来る!親が来る!親戚が来る!など
普段からお付き合いに慣れてる環境ならあまり心配することもないと思いますが
若いママたちは、両家の親をおもてなしするのは気を使われると思います。
そんな方のために、ひな祭りや子供のイベントの“おもてなし”のポイントをご紹介します。
クリックして続きを読む

皮膚や内臓が硬くなる全身性強皮症(硬化症)の 検査 治療 予防法


全国で3万人の患者がいるとされる「全身性強皮症」ですが、びまん皮膚硬化型(びまん型)と限局皮膚硬化型に分類され、検査では自分がどちらに属しているかを確認する必要があります。
引き続き「全身性強皮症」の検査のやり方と治療法について調べて見ました。
クリックして続きを読む

皮膚や内臓が硬くなる全身性強皮症(硬化症)の原因と症状


国の難病に認定されてる「全身性強皮症」は全国で3万人の患者がいるそうです。
女性に多く発症し皮膚が硬くなるのが特徴で比較的まれな病気だといわれています。
「全身性強皮症」とはどんな病気なのか。原因や症状についても調べてみました。
クリックして続きを読む