慢性硬膜下血腫

慢性硬膜下血腫の原因 症状 治療 予防法について


転んで壁や床に頭を軽くぶつけた後、脳の表面に血がゆっくりたまり、血が脳を圧迫して認知症の症状がでることがあります。
慢性硬膜下血腫という病気です。
治療が遅れると後遺症が残るといわれ高齢者に多いそうです。
その原因と症状、予防法について解説します。
クリックして続きを読む