胆石症ってどんな病気?原因 症状 治療 予防法は?



「胆石症」は女性の方が男性より2倍もかかりやすい病気だといわれています。
トツゼン激痛に襲われることもある胆石症は40歳以降の女性に多いらしいですが何故でしょうか。
胆石症とは!そしてその症状や予防について調べてみました。

スポンサードリンク

友人の女性が背中の痛みと腹痛で病院へ行ったら
「胆石症」と診断され手術を受けました。

担当の先生曰く、私たちの身体の中には、いろんなところで石ができるそうで
「胆石症」というのは胆のうという臓器に石ができる病気なのだそうです。

翌日には歩いたり食事もしていて、
あんなに痛がってたのにと思うと、何だか不思議でした。

ちょうど目にした新聞の健康欄に胆石症の事が載っていたのもあり、
今回は、胆石症の原因や症状、治療法について調べてみることにしました。

 

胆石症ってどんな病気?

胆石症とは胆道のなかに石ができる病気。

胆道とは胆汁の通り道のことを言いますが、
胆汁という消化液が何らかの原因で詰まり石になってしまったものが胆石。

この石が原因で様々な体の不調を引き起こすのが“胆石症”です。

石のある場所によって胆嚢結石胆管結石があります。

肝臓で作られた胆汁が胆管という管を通って十二指腸に流れますが、その途中に袋状にあるものが胆嚢です。
胆嚢にある石を“胆嚢結石”といい、胆管にある石を“胆管結石”といいます。

主に胆汁が貯められている胆のうの中にできるものが多く、
コレステロールが固まった胆石で10人に1人が持っているともいわれています。

石は大きくなるにつれて痛みが増してきますから、
胆石と診断されたら早めに手術をされた方がいいといわれています。

 

胆石症の原因と女性に多い訳は?

胆石が発見される割合は、腹部の激痛で病院に行って胆石が見つかることが多いみたいですね。

私の友人もそうでした。
食生活、例えば脂っぽいものの取り過ぎや太り過ぎなどが原因とも言われています。

また、40歳を過ぎると「胆石症」の人が増加するといわれていますが、
これは更年期が近づいて女性ホルモンのバランスが崩れるため
脂肪やコレステロールの代謝が変化し胆汁内のコレステロールが増えるためと考えられています。

そしてホルモンバランスが崩れる妊娠中も胆石ができやすい傾向があるのだそうです。

もし妊娠中に胆石症になった場合、治療は出産後になります。
理由は、薬剤(鎮痛剤など)を使用するため、授乳ができなくなってしまう為らしいです。

40代以上の、ややぽっちゃりで多産の方や家族に胆石患者がいる人はなりやすいようなので、注意が必要だといわれています。

 

胆石症の症状は?

石が胆汁の通り道である総胆管に詰まる「総胆管結石」は激しい痛みや発熱を引き起こすこともあり
見つかったら治療が必要になります。

一方、石が胆のう内にできる「胆のう結石」は、ほとんど無症状だといわれてますが、
腹痛などを起こすことがあるそうです。

食後、特に夕食後や夜中にお腹が痛くなった、
油ものを食べるとお腹や背中が痛くなる、そんな症状が出たら受診をおすすめします。

診断はエコー検査やCT検査などで行います。

不調がなければ治療は必要ありませんが、
胆のうがんの人には胆石症が多い傾向にあり定期的な検診は必要のようです。

スポンサードリンク

胆石症の治療は?

胆石はある程度の年齢になれば、できてしまうのだそうですが
ほとんどが気が付かないままで一生を終わる人もいるといわれています。

急性胆嚢炎や胆管結石、膵炎、胆管がんの合併がある場合は原則、手術適応となります。
胆石発作など症状がある場合も手術の適応となる場合が多いようですね。

手術は腹腔鏡下胆嚢摘出術が一般的でお腹に1cm位の穴を3ヶ所穴空け、
細長いカメラや器具を入れてモニターを見ながら手術する方法がとられます。

最近ではおへそ1か所から行う単孔式腹腔鏡手術も導入されています。

手術自体はさほど痛くないようで翌日から歩行や食事もでき
術後2~3日で退院できます。

胆石があっても手術が絶対必要ということはなく、
胆石が「近い将来、明らかに患者さんを苦しめる」ことがはっきり判明している場合に
手術を勧められるようです。

 

胆石症にならないための予防は?

胆石症の予防として、カルシウムと一緒に食べると
石ができる前に排泄されやすいといわれています。

ビールやエビなどプリン体の多い食物は控えめにし、
シュゥ酸の多いナッツやほうれんそう、タケノコはじゃこやチーズ、牛乳などのカルシウム源と一緒に摂取すると、石になる前に排泄されるのでおすすめです。

油ものをとりすぎると余分なコレステロールが胆のうにたまりやすくなるので
油ものは控えめにして、番茶や麦茶などを1日に2リットル以上飲むようにするといいそうです。

一方、食べたり食べなかったりの不規則な食事もあまりよくありません。

胆汁が長時間、胆のう内で濃縮され続け胆石ができやすい傾向になるので
3食規則正しく、低脂質な食事を心がけていくようにするといいみたいです。

長期的にみると発がんの可能性も出てくる胆石症。
食生活に気をつけて、規則正しい生活習慣を心がけていくことが大切のようですね。

参考:読売新聞【医なび】/ 家庭の医学

まとめ

食事の欧米化は胆石の原因になるようです。「胆石症」は脂っこい食事を控え、規則正しい生活をすることでリスクを減らせる可能性が有るってだけの事で、100%発作を抑える事を約束する物という訳でもないようです。
ただ胆のうは沈黙の臓器といわれますが、正しい食生活でチェックを怠らないようにすれば、防ぐことができるように思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.