テニス肘ってどんな病気?原因 症状 治療 予防法は?


肘が痛い女性
テニス肘って聞いたことありますか?テニスという呼び名から、テニスをする人がかかりやすい病気みたいですけど、私の親戚の子はテニスもしたことないのに、「テニス肘」で苦しんでいます。
テニス肘ってどんな病気なのでしょう。原因や症状、治療と予防法について調べてみました。

スポンサードリンク

とにかく痛くて辛いみたいです。

彼は本来まじめで働き者、仕事は休まず頑張るタイプなので、
消炎鎮痛剤を飲んだり、湿布を貼ったりしてどうにか仕事をこなしています。

彼は電気の配線の仕事をしていますが、
最近はドライバーやペンチを使ったりができず、仕事が毎日できない状況に追い込まれています。

テニス肘ってどんな病気なのでしょう。
そして原因や症状 治療方は?

 

■テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とは?

テニス肘は「上腕骨外側上顆炎」ともいい、
ものをつかむなど、腕の筋肉を使う動作を行うときに、肘の部分や前腕が痛む症状です。

肘の外側の部分を外側上顆といいますが、ここが炎症した状態のことで
普段安静にしている状況では、何の痛みも生じないのですが、
肘や前腕に負荷をかけると激痛が走るといいます。

公益社団法人日本整形外科学会では、以下のようになっています。

ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。

出典:https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/lateral_epicondylitis.html

そうですか・・・

持ち上げる動作や絞る動作などで痛みが出て、
安静時には出ない・・・~?

ということは、人の動作として回避は無理ですよね。
絶対、このアクションは普通に生活してて1日に何回とありますから。

彼は電気の配線や取り付けをしてますから
絶対にドライバーやペンチなどの工具を使うわけです。

治らないハズだし、年齢的にも中年だし・・
職業病ってことも考えられます。

 

■テニス肘の原因と症状は?

もともと筋肉疲労が起きやすい、中年以降のテニスが好きな人に起こりやすい症状であることから「テニス肘」といわれるようです。
統計でもテニスをしている人の3分の1がテニス肘を体験しているともいわれています。

テニスをするプレー回数によってテニス肘が比例することからも、
確かにテニスとテニス肘は関係しているようですね。

しかし今回調べてみると、
テニス肘の原因にはテニスだけでなくいろいろあるようなのです。

近年ではパソコンや携帯電話などが普及をしてから、
デスクワークがメインとなるビジネスマンでも起こる現象ともされていたり
パソコンを長時間使いすぎて発症する人もいます。

クリックするだけでも痛みが走ったりするそうで…辛いですね。

何だか私もかかったことがある腱鞘炎とよく似ています。

また、赤ちゃんを抱っこすることになって生じることもあるようで
一般的な方でも「テニス肘」と診断されることがあるといわれています。

テニス肘の大きな原因は、中年層であるということ!

同じような動作を繰り返している人が多く発症するとされていますが
今ではテニス未経験者にもテニス肘になるということが容易に想像されます。

彼は現在40代後半あたり… 筋肉疲労も十分考えられ
彼はテニスをやったことがありませんが、同じような動作の繰り返しの作業が多い職業です。

 

スポンサードリンク

 
テニス肘を疑われる診察では次の3つの検査が一般的に用いられています。

1. Thomsenテスト

検者は手首(手関節)を曲げるようにして、患者さんには肘を伸ばしたまま検者の力に抵抗して手首(手関節)を伸ばしてもらう。

2. Chairテスト

患者さんに肘を伸ばしたまま、椅子など重いものを持ち上げてもらう。

3. 中指伸展テスト

検者が中指を上から押さえるのに抵抗して、患者さんに肘を伸ばしたまま中指を伸ばしてもらう。

出典:https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/lateral_epicondylitis.html

以上の検査をして痛みが出れば、「テニス肘」と診断されるようです。

 

■テニス肘の治療と予防は?

まず、テニス肘と診断されたら十分に安静をとることが大事だといわれています。

テニス肘の経過期間にもよりますが
初期は以下のように冷やしたり湿布して炎症を抑えるのを積極的に行います。

・氷や保冷剤などをあてて、感覚が無くなるまで冷やす。
・それを一端やめて、次は感覚が戻るまで待つ。
・また、同じように冷やす。

これを数回繰り返します。

炎症が治まってきたら次は筋肉をゆるめる為に、
温めたりマッサージしたりしてみてください。

手首や指は普段の生活で結構使う事が多いのでなかなか安静に出来ませんが
できるだけ手首の過度な負荷は可能な限りさけるようにします。

例えばものを上からつかんで持ち上げるのでなく
下から持ち上げるようにするんです。

パソコンを使われている方なら、マウスの位置を上にする(つまり机の位置を上にする)のが良いでしょう。
その方が手首に負担がかからなくて済みます。

また、ストレッチを日に何度も行うことも効果的だといわれています。

テニス肘のストレッチ

1、ストレッチする側の腕を前に真っ直ぐ上げる

2、親指を下にして、肘をしっかり伸ばす

3、反対の手でストレッチ側の人差し指と中指を引っ張る

4、30秒程度、持続的にストレッチする。その他の腕の筋のストレッチも行い、腕全体の筋を柔らかくしていく。
腕の表と裏ストレッチ、そして手首を内側に倒して同じように30秒ずつ行う

これを1日3回行う

※ただし、必ずお医者さんの診察を受けてからストレッチを行なってください。

出典:http://www.hiroshima-seikeigekaiin.jp/exercise/tenisuhijisutoretti

 

テニス肘になったら安静が一番なのですが、
肘に繋がる筋肉の力が落ちて、繰り返し使うことによって、ダメージが肘に来たものなので
筋肉の強化も必要だといわれています。

さらに必要に応じては、内服薬やステロイド剤の局所注射などの治療を行います。

このまま何もしなければ、ドンドン悪くなり長引くので、
だましだましになると思いますが、以上のようなことをとにかく頑張ってみてください。

本来は安静にしていれば数週間で治るともいわれていますが
半年以上テニス肘の症状が続くのであれば、かなりの重症ですので、専門医の診断が必要となってきます。

彼は発症して半年余り、経過期間が長いので戦いは長くかかるようです。

お大事になさってください。

なお、こちら↓ のE-BOOKもお役に立つかもしれません。
専門家でも簡単になおらない?? やっかいなテニス肘、上腕骨外上顆炎を早くきっちり治す7つの秘密 1700人以上を見てきた 研究が大好きな 整形外科医の治療法

 

まとめ

テニス肘は腕を動かすと痛む現象なので、使いすぎによる筋肉疲労が元で起きています。初期にはとにかく冷やして腕を使わないということが大事。炎症が収まったらストレッチや、筋力低下を防ぐためには適度に筋トレもするようにしていくことも必要です。使いすぎも悪いですが使わなさすぎも筋力の低下になります。何でもバランスが大事ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください