とびひ(伝染性膿痂疹)の原因 症状 治療と予防法は?


虫さされやあせもでトビヒになった
子供に多く見られる“とびひ”は、正式には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。
接触によってうつって、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるから、たとえて“とびひ”と言われています。
“とびひ”の原因 症状 治療 予防法について調べてみました。

スポンサードリンク

“とびひ”はあせもや蚊に刺され掻き毟ったりして水泡ができ、カサブタができ、それを無意識に触ってびらん状になったりする皮膚病の一種です。
湿度の高い夏に乳幼児に多く見られます。

体のあちこちにできるばかりでなく、
他の子供にも伝染するので世間一般に“とびひ”といわれているものです。

あとを残すことがあるので、早いうちに手当を受けることが大切です。

 

とびひの原因は?

“とびひ”は、虫さされや湿疹などを掻きこわした傷に細菌が感染したものです。
主に黄色ブドウ球菌もしくは化膿連鎖球菌がアトピー等の傷口に入り込んで発症するもので、人への感染もありえます。

ただし、同じ菌が大人にうつっても、このような形のとびひになることはなく、
乳幼児の皮膚がいろんな面で大人と異なっているからと考えられます。

 

とびひの症状は?

感染すると破れやすくかゆい水泡ができたり、そこが膿んだりただれたりします。
掻くと中から菌が入った液がしみだしてその液がついた指を介して
また水泡が広がっていき、ひどくなるとびらん(傷)になってしまうような状態になります。

とびひの原因菌は、日ごろは鼻腔や耳の穴にいるため、
鼻の周囲から水泡ができ始めることもあります。

鼻の入り口には原因菌が沢山いるので
なるべく鼻をいじらないようにすることが大事です。

特に鼻の周りにじくじくしてかゆい水泡や、周囲に水泡を伴うびらんがあった場合、
すぐに医療機関を受診することをおすすめします。

 

スポンサードリンク

とびひの治療と予防は?

医療機関では抗生剤入りの軟膏(ステロイド含有の場合もある)で治療し
症状がひどい場合は内服薬も処方します。

“とびひ”は繰り返すことが多いため、
家庭での正しい処置についても医者に聞いてみると的確な対策を教えていただけると思います。

受診までの間、患部に絆創膏を貼るのは
周囲の皮がむけてしまう危険があるのでやめましょう。

水ぶくれが破れたら汁が他の部分につかないように注意することが大事で
すぐに軟膏か消毒液をつけておいてください。

抗生物質の入った軟膏を塗り、広くガーゼで覆うようにするのが
人にうつさないためにも大切です。

虫刺されによく効くといわれるフルコートFは、
刺された場合でも、抗生剤入りの軟膏をすぐ塗っておくだけで初期の炎症を最小限に抑え込むことができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第(2)類医薬品】 フルコートF 5g メール便送料無料
価格:938円(税込、送料別) (2018/7/9時点)

お風呂も入浴でなくシャワーにすることをおすすめします。
兄弟姉妹がいる場合は、ほかの子ども達のあとで入浴させるようにするといいですね。

また、鼻の下から発症する膿痂疹の場合、小児には鼻孔に指を突っ込まないように指導し、
手洗いの励行、爪を短く切り、かきむしって皮膚に傷つけたりしないようにさせることが大切です。

予防には、虫に刺されないようにする事と早期発見、早期治療しか手がないのが現状かな?
ベランダ、入り口、部屋の中、車の中ととにかく虫除け対策が必要ですね。

関連記事
・とびひ(伝染性膿痂疹)の原因 症状 治療と予防法は? ← 今ここ
・水いぼ(伝染性軟属腫)の原因 症状 治療と予防法は?
・手足口病ってどんな病気?原因 症状 治療と予防法は?
・あせも(汗疹)は何故できる?原因 症状 治し方や予防法は?
・水虫(足白癬)ってどんな虫?ミズムシになりやすい人の特徴や環境は?

まとめ

春から夏にかけて湿度や気温が高くなると皮膚病が増えてきますよね。
“とびひ”は、正式には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいますが、
他の子供にもうつって、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がるから、たとえて“とびひ”と言われています。
“とびひ”は、虫さされや湿疹などを掻きこわした傷に黄色ブドウ球菌もしくは化膿連鎖球菌がアトピー等の傷口に入り込んで発症するもの。
感染すると破れやすくかゆい水泡ができたり、そこが膿んだりただれたりします。
抗生剤入りの軟膏や内服薬、注射などで治療。入浴やプールは完全に治るまではいらないようにしましょう。
昆虫が活躍する夏によくみられる虫刺されですが、好奇心いっぱいの子供は草むらに入ったりするので、とにかく虫に刺されないようにしたり、早期発見早期治療が大切だといえるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください