あせも(汗疹)は何故できる?原因 症状 治し方や予防法は?


体中痒がる子供
気温が急激に上がり日本中真夏日を記録する日が出ていますが、これからの季節に気をつけたいのが“あせも”です。
ひどくなるとかゆみを我慢できず引っ掻いてダメージを受けてしまうことも……
“あせも”の原因や症状、治療と予防についてまとめてみました。

スポンサードリンク

“あせも”はかゆくて辛いでよね。
私も子供の頃、あせもがひどくて顔や首をポリポリ掻いて、
お風呂やプールから上がったら、白いパウダーを体中に塗られていました。

昔は家にクーラーなどなかったので、ご近所には“あせも”友達がたくさんでした。
ラジオ体操の時にも、皆、体や首をポリポリ掻いてて
それが普通だと思ってたくらいですw。

子供たちも小さかったころは、私が子供の頃に母親にされてたように、
お風呂上りには必ずベビーパウダーを塗ってあげてました。

エアコンもあり、生活環境もよくなったせいか、
おかげさまで“あせも”でポリポリは全く出なかったのですが…

今回は“あせも”の原因と症状、治し方や予防についてです。
 

あせもは何故できる?

汗は暑い時に体温を調節するために分泌され、蒸発する時に熱を奪い体を冷やしてくれます。

人の皮膚は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構成されているのですが
このうち真皮に部分には汗を分泌する汗腺があり、ここから「汗管」を通じて体の表面まで汗が届くのだそうです。

しかし汗をかきすぎて汗管が詰まると、皮膚に炎症が起きるのですが、これが“あせも”です。
正式には「汗疹(かんしん)」といいます。

できやすい場所は
・首回り
・肘の内側
・わきの下
・ひざの裏側 など。

汗の出る汗腺の数は子供から大人になっても変わらないため、
赤ちゃんや子供は体が小さい分、汗腺が密集しているので“あせも”になりやすいといわれています。

またスポーツで大量の汗をかく人や、肥満でたるみがある人など、
汗の出口が塞がれてしまうような部分でも“あせも”はできやすくなるんだそうです。

 

あせもの症状は?

あせもは汗の貯まる場所によって大きく3種類に分けられるようです。

皮膚の表面に汗がたまり白っぽい小さな水ぶくれが生じるのが「水晶様汗疹」です。
みずぶくれが水晶のような光沢をもつことからそう呼ばれています。

指でこすると破れる程度で自覚症状はほとんどなく数日でなくなります。

表皮内の感染が詰まり、かゆみを伴う赤いブツブツができるのが「紅色汗疹」で
あせもの大半はこのタイプと考えられています。

かゆみがひどい場合は引っ掻くことで、皮膚が傷つき細菌感染を起こす場合も。

患部を触った手で他の部分を触ることでうつる伝染性膿痂疹、
つまり「とびひ」
になる恐れもあるのです。

真皮付近で汗管が詰まって起きるのが「深在性汗疹」です。
熱帯地方で発祥し日本ではあまりみられません。
 

スポンサードリンク


 

あせもの治し方は?

あせもは汗をかきすぎることが原因なので
第一の治療法はその原因をとりのぞくことです。

まずは気温や室温に適した服装を心がけ暑い時期にはエアコンを適切に使用
涼しい環境で過ごすことが大切です。

汗をかいてそのままの状態でいると、汗に含まれるミネラルの成分が皮膚に残るため
汗腺のつまりが起きやすくなるのです。

汗をかきすぎると肌に炎症が起こるのでこまめに拭いたり、
シャワーを浴びて体の汗を流し皮膚を清潔な状態に保つ必要があります。

シャワーの利用が難しい外出先では、水で湿らせたタオルやハンカチ
汗をかいた部分をふき取るだけでも効果があります。

そして汗で濡れた服はこまめに着替え
汗を拭きとったら子供用のスキンケア用品などで必ず保湿をしてあげてください。

汗をかいたらすぐに拭き、濡れた服は着替えをしたり、シャワーを浴びて保湿剤を塗る ということですね。
  → あせもケア商品を【楽天】で見てみる

かゆみが強い時、ひっかき傷ができるような時はステロイド系の塗り薬を使います。
皮膚が健常な状態に戻るまで塗り続け、湿疹が亡くなったらすぐにやめるのが基本です。

かゆみが消えても皮膚表面のブツブツがあれば炎症は残った状態なので
ブツブツが消えるまで塗ったほうがいいそうです。

参考:読売新聞【医なび】

関連記事
・とびひ(伝染性膿痂疹)の原因 症状 治療と予防法は?
・水いぼ(伝染性軟属腫)の原因 症状 治療と予防法は?
・手足口病ってどんな病気?原因 症状 治療と予防法は?
・あせも(汗疹)は何故できる?原因 症状 治し方や予防法は? ← 今ここ
・水虫(足白癬)ってどんな虫?ミズムシになりやすい人の特徴や環境は?

まとめ

あせもは汗腺に汗やほこり、汚れで汗の出口が詰まって炎症をおこしたもの。
赤ちゃんや小さい子供に多く、大人でもスポーツで大量の汗をかいたり、肥満気味の人などはなりやすいといわれています。あせもは汗をかきやすい体質や環境も大きく影響するみたいですね~。。
汗をかいたらかいた部分をタオルやハンカチでふき取ったり、こまめに着替えたり、シャワーを浴びて汗を流したりして、暑い時期にはエアコンを適切に使用して涼しい環境で過ごすことも大切だとされています♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください