ドライマウスで口が臭うのは何故?口腔乾燥症の治療と予防は?


口臭が気になる女性口が乾く病のドライマウスは放っておくと口腔疾患のリスクが高まったり口臭の原因になったりするそうです。
なぜ口臭が発生するのか、そしてもしドライマウスだとしたらどこで治療を受けたらいいのか。
自分で予防する方法について調べてみました。

スポンサードリンク

■ドライマウスで口臭が起きる訳は?

ドライマウスの原因は唾液の低下なんですよね。

唾液には抗菌作用や消化作用、食べ物の歯垢を洗い流す自浄作用など
とても大きな役割を持っているんです。

なので、唾液の量が低下する(少ない)と、雑菌が口の中の汚れを餌として繁殖したり、
口臭のもとになる悪臭成分がたくさんつくられてしまい、唾液本来の働きも低下していくという事になります。

じゃ何故、唾液が出なくなるかといえば、加齢による筋力の低下、自律神経の乱れや
ストレスによる交感神経の優位
などで、唾液の分泌量は低下してきます。

さらに更年期世代の女性は、自律神経の乱れに加えて女性ホルモンの分泌量も減少するため
唾液の量や質がどんどん低下してしまうのだとか…(´;ω;`)ウゥゥ

では今ここで、鏡を見て自分の舌をチェックしてみましょう。

健康な人の舌はきれいなピンク色をしているのですが
体が疲れてたり風邪気味の時など、舌に白っぽい「舌苔」という白い汚れが付いている場合がありませんか?

これは、口の中の剥がれた粘膜や細菌の死骸、それに食べかすなどがくっ付いたもので
とても汚いんですよ。

口の中に唾液が充満していると、口の中の剥がれた粘膜や細菌の死骸、それに食べかすなどを洗い流してくれるのですが、
ドライマウスの人は唾液が少ないので汚れが流れず蓄積していくことになってしまいます。

もともと口の中の粘膜もお肌と同じようにターンオーバーを繰り返し、
その速度は皮膚より速いんだそうですけどね… 追いつかないのでしょう。

「舌苔」という白い汚れを予防するためにも、歯磨きする時には歯と一緒に舌も磨いていくといいそうですよ。
舌磨き用の柔らかい歯ブラシもありますから一応リンク貼っておきますね。
舌用歯ブラシを【amazon】で見てみる
 

スポンサードリンク

 

■ドライマウスはどこで治療するの?

自分がドライマウスかな?と感じたり症状が見られる場合は
まずは歯科医院、またはドライマウスの専門外来を受診するといいですよ。

その際、既往症(糖尿病など)がある場合は、
現在、治療を受けてることも伝えたほうがいいですね。

また、ドライマウスってドライアイや更年期障害などの時期に
同時期に発症する場合があるそうなので、
婦人科でホルモン補充療法を受けることで、ドライマウスが緩和されることもあるようなのです。

歯科医院だけでなく、眼科や婦人科にも足を運んでみるとさらにいいかもしれません。

治療は対処療法ですが、主にマウスウオッシュや保湿ジェルなどの口腔ケア用品を使い
渇きや痛みの不快な症状を和らげたり、唾液腺を活性化して、唾液の分泌を促す治療法などがあるといわれています。

 

■ドライマウスの予防対策は?

ドライマウスの原因は“唾液の減少”。
なので、唾液をしっかり分泌させるようにすることが大切だといえますね。

日常生活では以下のポイントに心がけるようにするといいみたいですよ。

1、食べ物はよく噛む

食べ物はよく噛んで食べると、唾液の分泌が増える上に
口周りの筋肉の低下も防ぐことができますよね。

ガムを噛むのもいいかもしれません。

2、リラックスする時間を持つ

現代人は毎日多忙を極め、
ゆっくりリラックスする時間も少なくなったように思います。

ストレスや緊張した状態は交感神経が優位になるので
唾液の分泌量も少なくなります。

一日中スマホやPCで、脳や目を酷使してる私たちは
ゆっくりした時間を自ら作るようにしなければいけないですね。

アロマを焚いたり、ユラユラゆれるキャンドルの灯りなどは
リラックス効果があります。

たまに飴をなめたり、チョコレートを食べたりも
気分転換になりリラックスするので唾液の分泌を促してくれますよ。

3、生活のリズムを整える

食事や睡眠時間が不規則だと、自律神経が乱れ
唾液の分泌を悪くするそうです。

自律神経は自分の意思ではどうすることもできない神経なので
生活のリズムを立て直すしかありません。

朝と夜が逆転していたり、夜更かしが多いと感じたら
サッサとネットの電源を切って寝てしまうことです。

早寝早起きとまではいかなくても、睡眠をシッカリとって
規則正しい生活を心がけるようにすることで自律神経は整っていきますよ。

4、口のマッサージとストレッチをする

口の中でコロコロと舌を回したり、舌の先でマッサージをしたりすると
唾液の分泌が促されます。

左右対称にある3つの唾液腺を押したりマッサージすることで
唾液が出やすくなるのでやってみてください。

●口のマッサージとストレッチ法

1、舌先で上下の歯茎の表側・裏側全体に触れる

2、左右の頬に舌先を当てて上下に動かす

(1と2で3分)

3、口を大きく動かして
「あ・い・う・え・お」と発音する(1分間)

4、左右対称にある3つの唾液腺を指で押す

耳下線…耳たぶのやや前方で上の奥歯あたりを人差し指でぐりぐり押す(5~10回)

顎下腺…アゴの骨の内側にある柔らかい部分に親指を当て
アゴの骨に沿って耳の下からアゴ先に向かってゆっくり押す(5~10回)

舌下線…アゴの真下に両手の親指を当て舌を押しsげるようにグーと押す(5~10回)

以上!ドライマウスで口が臭うのは何故?口腔乾燥症の治療と予防は?でした(^^♪

まとめ

夏や冬はエアコンや暖房のせいで、思ったより室内は乾燥しています。乾燥で口の中に潤いが足らなくなると、口臭が起きたりのどからウイルスや細菌が侵入しやすくなり炎症を起こしたりするのです。
口の中が乾燥してると感じたら、まずは歯科医院を受診するといいでしょう。その他、眼科や婦人科なども症状に合わせて受診されてください。治療や予防はよく噛んだり、口腔ケア用品を使ったり口のマッサージなど対処療法になるといわれています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください