子供の胸やけや嘔吐は何故起きる?原因や症状は?


何だか酸っぱいものがこみあげてきて苦しい子供
胸やけで嘔吐といえば食べ過ぎや飲み過ぎ・逆流性食道炎でよくおきますよね。だけどあまり知られていないようですが、胸やけや嘔吐が出る症状の「逆流性食道炎」は小さな子供でも発症するみたいなのです。
何故、子供の胸やけや嘔吐は起きるのでしょうか。その原因と症状について調べてみました。

スポンサードリンク

嘔吐を繰り返す子供をみて、母親は自分の無力を責めたり
周囲からは「嘔吐や腹痛といった症状が出るのは、学校に行きたくないからではないか」などと責められ
苦しむ親子も少なくないといわれます。

何故、子供の「逆流性食道炎」は起きるのでしょうか。

そしてその症状は?

 

■子供の逆流性食道炎は何故起きる?

口から食べたものはまず胃に送られ
胃酸などによって、小腸で吸収しやすい状態に分解されますよね。

逆流性食道炎はその胃酸が逆流し、
食道粘膜が胃液や十二指腸液にさらされることで炎症が起きる病気

人間には本来、胃内容の逆流を防止するための複雑な逆流防止機構が備わっていますが、
乳児もしくは乳幼児は逆流を防ぐしくみが未発達な為、大人より逆流しやすいといわれています。

その他、ストレスや食の欧米化・ベルトの絞め過ぎなど原因は多岐にわたるとされています。

逆流性食道炎の原因

・胃酸が逆流し食道が炎症を起こす
・ストレスで食道が過敏になる
・ベルトなどの絞めすぎによる腹部の圧迫 など

それを仮病だの、食べてるものが悪いだのと
本人や食事の管理を任されてる母親の神経を逆なでするように周りからは責められ、苦しい毎日を送っている人が多いのだそうです。

逆流を繰り返すと食道がただれてきますが、
症状はあっても、ただれがないものもあるようで、それらを「胃食道逆流症」と呼びます。

合わせると「胃食道逆流症」の患者は推計で約1344万人、15歳以上が約4万人もいるといわれています。

 

スポンサードリンク

■胃食道逆流症の症状は?

「胃食道逆流症」の症状は

・胸やけ
・みぞおちのあたりがしみる
・酸っぱい液体が上がってくる感じがする
・食べても吐いてしまう

などの症状が出てきます。

「胃食道逆流症」を小さな子供が発症すると、

・お腹が痛い
・気持ち悪い
・口の中が酸っぱい

などという症状で訴えるそうです。

症状をうまく表現できないので、そこは大人が推し量る度量がいりますね。

逆流性食道炎は放置すると食道の粘膜が傷つき、出血して貧血を起こしやすくなり
嘔吐を繰り返すと十分に栄養を摂取できず、体重が増えないので成長に影響を及ぼすこともあります。

普通よりもよく吐いたり、風邪をひき易く喘息のような発作が度々あったり、
原因のわからない発育障害があるといった場合は、「胃食道逆流症」が隠れている可能性があるともいわれています。

胃食道逆流症は気付かれにくい病気なので見逃されていることも多いとされ、

何となく子供の機嫌が悪かったり元気がなかったり、よく吐くなど、思い当たる原因がない場合は「胃食道逆流症」を疑って気をつけて観察してあげるといいかもしれません…

出典:読売新聞 ヨミドクター

まとめ

逆流性食道炎はその胃酸が逆流し、食道粘膜が胃液や十二指腸液にさらされることで炎症が起きる病気。逆流性食道炎で嘔吐を繰り返すと栄養を十分に摂取できないため、成長が遅れるなどの影響を及ぼすといわれています。
子供は自分の症状をうまく表現できないため、親もお医者さんも本当の病気に気が付かなかったりわかるまでの期間も長いようです。何となく子供の機嫌が悪かったり元気がなかったり、よく吐くなど、思い当たる原因がない場合は「逆流性食道炎」を疑って気をつけて観察し病院で相談されてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください