手の甲の血管が浮き出るハンドベイン5つの原因とは!?


手荒れがひどく悩む女性
若い時は白魚の手のように柔らかくきれいな手も、年齢を重ねるごとに手の甲の血管が浮き出たりシワやシミが出てきます。お客様商売だと、常に手を見られるのでとても気になりますよね。
歳をとると老化現象でシワができるのはわかりますが、血管が浮き出るのは何故でしょうか。その原因について。

スポンサードリンク

手の甲や足の甲など、皮膚が乾燥しやすい箇所に多いのが、
肌の加齢と血管の老化による血管の浮き出だといわれています。

中には、まだ若いのに手の甲に血管がぷくぷく浮き出ている方も…。

私も若い頃から手の甲の血管が浮き出ていたので、
同じ年齢のお友達と比べて、手だけ見ると歳行ってみえてました。

今でこそ、シニアになったのであまり気にしてませんが
若い頃は、とにかく手の甲にミミズを這わせているようで、人前で手を出すことが苦手だったものです。

調べていくと、血管が浮き出るのは「ハンドベイン」といい
意外と多くの方が手の甲の血管浮きで悩まれてるのがわかりました。

手の甲の血管浮きは何故起きるのでしょうか?

 

■ハンドベインの原因は?

ハンドベインとは、手の甲や腕の血管が浮き出て、視覚的に目立つ状態のこと。
血管が浮き出るハンドベインの原因は色々あるようです。

1、女性ホルモンの減少により皮膚が薄くなる

年齢とともに肌の弾力の元である、真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、
表皮が薄くなる
ため、肌表面に血管が太く浮き出ているように見えてきます。

特に女性の場合は女性ホルモンの影響が大きく、
30代をピークに年齢を重ねると女性ホルモンの分泌はぐっと減って、コラーゲンの分泌量の低下や新陳代謝の低下を招きます。

皮脂腺の活動が鈍くなり、皮脂を生成する速度も遅くなるため、
肌がたるみ柔らかさも失っていくので、徐々に血管が太く浮き出ているように見えてくるといいます。

もともとあった血管も浮き出るほどに、表皮が薄くなるということです(´;ω;`)ウッ…

 

2、皮膚の光老化

紫外線はいろんな悪さをします。
いわゆる光老化です。

紫外線を長年浴び続けると、
シミ、シワ、たるみを増やし、肌の新陳代謝を遅らせます。

腕や腿の内側、お尻などは紫外線が当たらないのでいつまでも白く綺麗なままなのに、
手の甲は体の中でも、一番紫外線を浴びる部位です。

紫外線を浴び続けたことで、
皮膚の老化を加速させてしまうということがわかりますよね。

紫外線による光老化で表皮が薄くなり血管が浮き出る原因となります( ノД`)

 

スポンサードリンク

 

3、乾燥や炎症で皮膚が老化する

乾燥や炎症がお肌に一番悪いということはご存知でしょうか。

顔のスキンケアを考えてみるとわかると思いますが、
乾燥は老化を早めてしまうため、私たちはセッセと化粧水やクリームを塗ったりしてケアします。

このように乾燥がお肌にとって悪いということは、良く知られていますが、

かぶれや肌をこすることによる皮膚の炎症
老化を促進させ、手や脚の甲に血管が浮き出る原因となります。

炎症をよく起こしてしまう部分の肌は他の部分よりもキメが粗く、
ハリがなくなるスピードが速くなるのだそうです。

中高年の女性は皮脂の分泌が低下しているので、
長時間のお風呂は控え、入浴後は忘れずに乳液や保湿クリームなどを塗ることが大切です。

スキンケアや肌の健康のために意識を高めなくてはいけませんね。

 

4、遺伝によるもの

同じ女性として生まれて、
色白で皮膚がふくよかでキレイだったら羨ましいですね。

手の甲の血管浮きも「遺伝」が関係しているそうです。

考えてみると私も実母の手より、血管が浮いていたので
父に似てるのかなと思います。

また、痩せていると出るという人もいますがどうなんでしょう。

元々、手の甲は皮下脂肪が少ない場所なのですが、
痩せ型の人は特に皮下脂肪が少ないですよね。

さらに女性よりも男性の方が、皮下脂肪が少ないです。

手の甲や腕に血管が浮いてる人も、男性が多いことから
女性でも皮下脂肪が少ないやせ形の人は血管浮きが見られるといえます。

それにしても肌が弱い人や強い人、肌色が白い人や浅黒い人など、
顔や体つきが違うように、肌の状態も人それぞれ。

血管の太さも遺伝によるものです。

親族に自分と同じように血管が太く浮き出ている人がいれば、
それは遺伝による原因の可能性が高い
かもしれませんね。

 

5、血管の老化によるもの

静脈の血管は一般的に
加齢や生活習慣によって弾力性が低下していきます。

歳が行くと「血管壁」が厚くなって厚みが増し、
徐々に血管のしなやかさも失われてきます。

すると、静脈が硬く弾力性がなくなり、
血管が太く皮膚表面に浮き出やすくなる
といわれています。

ここで中高年に多い、脚の膝の裏に青い血管が浮き出てる人を見ることがありますが、
それは「下肢静脈瘤」です。

足の静脈の逆流防止弁が壊れて正常に機能しなくなることで血液の逆流が起こり、
逆流した血液により血管が徐々に拡張され瘤(こぶ)のように膨らんでしまう状態になったものをいいます。

だるさや痛みなどが伴うとされ辛いようです。

メカニズムはハンドベインと少し違いますが、
いずれにしても、血管が浮き出る多くの原因は加齢によるものが大きいみたいですね。

最後に、マレに高血圧や狭心症などの心臓疾患により、静脈の圧力が高まるために血管が浮き出るケースもあるようなので
心配な方は心臓血管外科などの医療機関の受診をお勧めします。

まとめ

手の甲の血管浮きはハンドべインと呼ばれ、加齢による女性ホルモンの減少や紫外線による光老化、乾燥やかぶれ、遺伝や血管の老化など様々な原因が考えられます。痩せてる人に多いというのは皮下脂肪が少ないためと考えられますが、太ってる人の手に血管浮きが見られないことからも本当でしょう。まれに高血圧や狭心症などの心臓疾患により、静脈の圧力が高まるために血管が浮き出るケースもあるので、心配な方は心臓血管外科などの医療機関への受診をお勧めいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください