立ち始め歩き始めに膝が痛い変形性膝関節症の症状 治療 予防法は?


膝の痛みを医師に訴える女性
立ち上がったり歩き始めたりした時にでるズキっとした痛みで苦しんでる人は多いようです。
洗濯物も座って畳むことができなかったり、日によっては階段の上り下りの時にも痛みが出るといいます。
私のお友達もこの症状でしたが、病院では変形性膝関節症と診断されたそうです。

スポンサードリンク

膝の悩みは高齢のとくに女性に多く見られる病気といわれてますが、
お友達は60代半ばです。

病院で調べてもらったら
変形性膝関節症と診断されたそうです。

膝の痛みを引き起こす変形性膝関節症とはどんな病気なのでしょう。

 

■変形性膝関節症の症状は?

膝の関節軟骨がすり減って痛んだり水がたまったりします。

関節には生涯にわたり体重がかかるので
加齢で発症・悪化することが多いのですが、
感染症やケガの後遺症として発症するケースもあるみたいですね。

40歳以上の男性の約4割、女性の約6割が患い
特にX脚やO脚の人はリスクが高いとされています。

初期は立ち上がったり歩き始めたりする時だけ痛むのですが
次第に正座や階段の上り下りが難しくなります。

さらに症状が進むと、安静時にも痛みが出始めることに…。

最終的には関節軟膏が大きくすり減って膝が外側にゆがみ
歩くのが困難になってしまうのだそうで怖いですよね。

今の医学では軟骨の再生は出来ないので、
関節炎は早急に抑える必要があるといわれています。

 

■変形性膝関節症の治し方は?

変形性関節症の痛みは、長引けば日常の動作にも支障をきたすようになるため、
できるだけ早くとり去りることが大事になります。

関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。
軟骨はスムーズな関節の動きや、減ればO脚の原因にもなります。

痛みが強い時は市販の鎮痛消炎剤入りの湿布薬やホットパックなどを使ったり
痛み止めの内服薬や座薬を利用したりします。

また、関節をスムーズに動かせるようにヒアルロン酸を注射することもあります。
膝に温熱を当てる治療や、脚の筋肉を強化するリハビリもよく行われています。

自分でできることといえば、日常生活に
注意を払うことで痛みを軽減させることは可能のようです。

入浴後の血行の良い時にふくらはぎを、上下に少し力を入れながらマッサージしたり、
足指に手指を5本と5本がかみ合うように組んで、、上下によく動かしてやるようにするマッサージや

大腿をマッサージして筋肉をほぐしてあげることで、
膝にかかる負担による疲労を軽くでき、そして痛みの感じ方が少なくなるといわれています。

 

スポンサードリンク

 

とはいえ、こうした治療は症状の軽減を図るだけの対症療法なので、
軟骨の摩耗や膝の変形を根本的に治せるわけではないため、
痛みが強いなど症状が改善しなければ手術も検討していかなければいけません。

膝関節を切除し人工関節に置き換える手術が代表的ですが
長期の使用で傷めば新品と交換するため再手術を受ける必要がありました。

近年は耐久性が増し、20年間交換せずに済む患者は
全体の8割り以上にも達するようになっています。

またかつては膝関節を丸ごと置き換えるしかなかったのですが
今では正常な軟骨や靭帯を残したまま、する減ったところだけを置き換える「部分置き換え」に
取り込む医療機関も出てきたそうです。

手術時間が短い上、手術痕が小さく、回復も早いのが大きな利点なのですが
技術的に難しく、まだ一部の医療機関でしか行われていないそうです。

最近になって再生医療も登場しました。

軟骨の細胞などに変化する「幹細胞」を患者の脂肪から取り出し、
患部に注射して軟骨再生を促す方法などです。

現在は安全性や有効性を検証中で、保険が効かない自由診療だそうですが
一定の治療効果を確認したとする報告もあり、今後の本格的な実用化が期待されますね。

 

■変形性膝関節症の予防法は?

この病気は老化に伴って起きることが多いので、
完全に予防するのはなかなか難しいようです。

しかし、日常生活において気を付けるべきポイントは次のようにいくつかあります。

・肥満気味なら減量する。体格指数(BMI)25以下が望ましい
・正座を避ける
・太ももの前に筋肉を鍛える
・洋式トイレを使う
・膝を温めて血行を良くする
※BMIは体重を身長で2回割りした数値のこと。

肥満気味の人は、膝の負担を減らすためにも、まずは減量することが大切。
市民プールで水中ウォーキングなど、足腰に負担を掛けない運動などで
肥満を解決したり筋肉を強化するのもいいですね。

和式トイレでしゃがむのもあまり好ましくないため、
できるだけ洋式トイレの使用をお勧めします。

正座を避け、膝を冷やさず
入浴などで膝を温めて血行をよくするのも大事なこと。

膝の負担が軽くなるように、生活様式を洋風に変えたりして
自分にできることを考えて取り組むようにすることが大事だそうです。

まとめ

膝は毎日使う箇所なので、ここに痛みが出ると生活に支障が出て辛いですよね。初期のうちは外用薬や飲み薬、ヒアルロン酸注射などで、痛みを緩和させ筋力を付けることである程度緩和させることができるようです。
しかし、あくまでも対処療法なので、痛みが強かったり症状が改善されなければ手術を選択される方も多いそうです。同じ手術でも、数十年前とは違い、手術時間が短く、手術痕が小さく、回復も早い、というように
医療は日進月歩で手術の仕方も変化しています。最近は再生医療も登場してきましたから希望がもてます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください