いまさら聞けない新型コロナウイルスの基本と疑問!


世界を襲う新型コロナウイルス
コロナウイルスの影響で、とうとう全国の小中学校、高校、特別支援学校まで一斉休校になりました。
この1、2週間が感染防止に極めて重要である中で、やるなら一斉にやる!今やるしかない!というのが政府の判断のようです。
なお、大阪市は市立小中学校と幼稚園を29日から3月13日まで臨時休校とするなど、全国の都道府県によっても違いがあるようです。

スポンサードリンク

今、世界中に拡散している新型肺炎コロナウィルスですが、
発生源は中国・武漢。

しかし、武漢ではないという話もネット上ではでてきています。

また、陰性といわれた人が自宅療養中に陽性になったり、陽性から治療して陰性になっても、また陽性に戻ったり、
8回も陰性といわれていた人がいつまでも調子悪いので検査したら9回目に陽性と分かったり、今までのウイルスと違い、正体がつかめずとても不気味に感じられます。

得体のしれない未知のウイルスに地球全体が覆われて、
最後は人類滅亡にまでウイルスが蔓延していくのではと、危機感をあおるような情報がネット上ではあふれています。

ここで、もう一度、正しく怖がり正しく対応するために、
新型コロナウイルスについて、厚生労働省のHPよりまとめてみたいと思います。

 

■「コロナウイルス」とはどんなウイルスなの?

これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっていますが、その中の一つが、「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。

・4種類のウイルス:一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め多くは軽症である。

・2種類のウイルス:2002年に発生の「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。

・現在のウイルス:2019年12月以降に問題となっていて、中国 武漢から多くの死者を出した 新型コロナウイルス(SARS-CoV2)です。

コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀といわれています。
また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

 

■新型コロナウイルスの潜伏期間はどれくらい?

WHOの会見では、現時点で潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされており、
また、これまでのコロナウイルスの情報などから、未感染者については14日間にわたり健康状態を観察することがすすめられています。

 

■症状がある場合の相談はどこにするの?

一般に、37.5度以上の場合は、発熱とみなします。
発熱が認められる場合は、毎日体温を測定し、体温と時間を記録してください。

風邪の症状や発熱、だるさ、息苦しさなどの症状あっても、
現時点ではインフルエンザ等の病気の方が圧倒的に多いといわれています。

風邪やインフルエンザ等の心配がある場合に、これまでと同様、かかりつけ医等に相談してください。

もし新型コロナウイルスに感染したかも?と思われる場合も、まずは、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」かかりつけ医に問い合わせます。

その場合、直接受信するのでなく、まずはTELかメールで問い合わせてください。

かかりつけ医が検査の必要性を認めれば、地域の外来・検査センターを教えてくれますから、そこでPCR検査を受けてください。

【帰国者・接触者相談センター】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 

■新型コロナウイルスはどのように感染していくの?

飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが感染源と考えられています。
あと空気感染も気を付けなくてはいけません。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んだりウイルスが粘膜につくと感染します。もし感染している人のくしゃみが目に入ってしまったら感染します。

濃厚接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。

空気感染

空気感染は起きていないともいわれますが、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります。

 

スポンサードリンク

 

■新型コロナウイルス感染へのQ&A

ペットからの感染はある?

新型コロナウイルスがペット等動物に感染した事例は見つかっていないですが、
動物を媒介する感染症は他にありますので、普段から動物に接触した後は、手洗いや手指消毒用アルコールで消毒などを行うようにします。

感染者の糞便からの感染は?

 

WHO(世界保健機関)からの報告では、糞便中に感染性のあるウイルス粒子は検出されていないとされています。これまで通り通常の手洗いや手指消毒用アルコールでの消毒などを行ってください。

また、感染症の疑いのある患者や感染症の患者、濃厚接触者が使用した使用後のトイレは、急性の下痢症状などでトイレが汚れた場合には、次亜塩素酸ナトリウム(市販されている家庭用漂白剤等はこれにあたります、1,000ppm)、またはアルコール(70%)による清拭をしてください。

食品を介して新型コロナウイルスに感染はある?

食品を介して感染症に感染したとされる報告は今のところないようです(2月27日現在)。
ただ、食品や食事の配膳等を行う場合は、不特定多数の人と接する可能性があるため、接触感染に注意する必要があります。

 

■どのような人が重症化しやすいの?

新型コロナウイルスに感染した人は、軽症であったり、治癒する方も多いです。
基本はインフルエンザと同じように考えていいでしょう。

国内の症例では、発熱や呼吸器症状が1週間前後持続することが多く、強いだるさを訴える方が多いようです。
その他、味や匂いがわからないなど味覚や嗅覚の異常を訴える人もいます。

高齢者や基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患など)がある方では、重症化するリスクが高いと考えられています。

また、一般的に、妊娠中に肺炎を起こした場合、妊娠していない時に比べて重症化する可能性があります。

コロナウイルスによる肺炎が重篤化した場合は、人工呼吸器など集中治療を要し、季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。

 

■新型コロナウイルスに感染しないための予防は?

インフルエンザと同じで、うがいや石けんによる手洗い、手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所、人込みの多い場所は避けることです。

ライブや映画館など、屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすこともよくありません。

後ろ倒しできるようならして、落ち着くまでなるべく行かないようにしましょう。

また、予防のためにはマスクも必要です。
マスクの正しいつけ方は、使用するマスクによっても違うので装着方法で確認してください。

鼻の部分に針金が入っているような一般的なマスクの効果的なつけ方は以下の通リです。

1、針金の部分を半分に折り、ひもを両耳にかける

2、マスクの下を引っ張りあごのほうに隙間ができないようにする

3、針金部分を鼻の形に合うようフィットさせる

参考サイト:【厚生労働省】新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

【関連】【新型コロナ】ロックダウンに備えて備蓄しておきたいものリスト
【関連】コロナに負けないために免疫力を上げる(高める)食材 食品は?

まとめ

3月2日から全国の小中学校、高校、特別支援学校までを一斉休校にして、全国的なスポーツ、文化イベント等も中止や延期 又は規模縮小等の対応になっています。学校が長期休校になると、子供の面倒を見るために親や親族らが会社などを休まざるを得ない恐れも出ます。子供を育ててる看護師さんや、医療関係者が仕事できないと、病院が対応ができなくなり、これからいろんな方面で試練の日々が続くと思います。

新型コロナウイルスは感染力が強いですが、比較的に軽症が多いとされています。しかし高齢の方、持病を持つ方、妊娠中の方などが新型コロナにかかると、肺炎などを併発し重症化し、最悪の場合は、死に至る病気です。

日本だけでなく、世界的に流行するパンデミックに陥らないためにも、各国もウイルスの封じ込めに真剣に取り組んでいます。
先の見えない不安に押しつぶされそうになりますが、日本もここが踏ん張りどころ。早く収束してくれることを祈るばかりです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください