除夜の鐘 由来 意味

除夜の鐘の由来と108回撞く意味は?残りの1回を新年につくのは何故?

鐘と紅葉
一年の最後の夜、どこからともなくゴーンという鐘の音。そう『除夜の鐘』です。紅白歌合戦が終わり、お茶を飲みながらNHKの行く年くる年を見ていると毎年聞こえてきます。

除夜の鐘とは、大晦日(12月31日)の深夜0時をはさんでつく鐘のことを言いますが、除夜の鐘の由来、除夜の鐘を108回撞く意味について、まとめてみました。
クリックして続きを読む

スポンサードリンク