豆知識

秋にまつわる諺や慣用句 俳句を調べてみた!

寂しさ募る秋の夕暮れ
9月に入ると日中はまだ暑くても、朝晩の気温はグッと下がり過ごしやすくなってきました。
窓を開けていると、どこからともなく聞こえてくるのが虫の声。9月に入り空も幾分高くなってる感もあり、少しづつ秋の気配を感じています。
クリックして続きを読む

お弁当にお粥は有り?おかゆを会社や出先で食べる4つの方法

お弁当持参で出勤する男性
食べ過ぎて胃の調子が悪かったり、胃潰瘍や歯医者の治療中の方など、さまざまな事情からお粥を余儀なくされることがあります。お粥にすると胃は消化の負担を少なくできるし、強く噛めない人は歯茎の負担を軽くすることができるので大いに助かります。しかし、会社の弁当としてはどうでしょうか。会社や出先でお粥を食べるための方法を考えてみました。
クリックして続きを読む

日本ナマズとアメリカナマズの違いは?ナマズは食べれるの?

ナマズ
夏バテなのか少し体調を崩しています(泣)ウナギを食べて精をだしたいところですが、いつだったかアメリカナマズが増えて困ってるというニュースを聞いたことがあり、ウナギならずアメリカナマズのことを書いてみたいと思います。
アメリカから渡ってきた外来魚ですが、日本ナマズとの違いや食べることができるのかについて調べてみることにしました。
クリックして続きを読む

水にまつわる故事・諺を調べてみた!

涼し気な高千穂の滝
主人と些細なことでケンカすることがある。
ケンカのキッカケって本当に些細なものなのですが、言い合っているうちに過去のことまで口に出してしまい、「過去の事は水に流そう」とけじめをつけてたハズなのに… ( -_-; )
ケンカした時、ふっと頭をよぎったりするのは今でも許してないからなのだろうか。
クリックして続きを読む

迷ったら使える!文書や手紙を書く時の時候の挨拶文【四月・五月・六月】

萌えるように咲くつつじ
ビジネス文書や手紙を書くとき、時候の挨拶文をどのように書けばいいかを悩みますね。季節も初旬と下旬では全く違ってきますし天候も年々変わっていきます。しかし日本は二十四節気があるように基本は変わってないように思うのです。
クリックして続きを読む

迷ったら使える!文書や手紙を書く時の時候の挨拶文【一月・二月・三月】

春を待つ梅
「時候」とは四季それぞれの気候・天候のこと。
拝啓や謹啓などの頭語のあとに、その時の天候や気温など、双方で共有できる話題を入れる部分になります。
月によって使うものが決まっていて、いろいろありますが、ここでは一般的に使われる時候の挨拶文を紹介します。
クリックして続きを読む

迷ったら使える!文書や手紙を書く時の時候の挨拶文【十月・十一月・十二月】

窓の外は雪景色
ビジネス文書や手紙を書くとき、時候の挨拶文をどのように書けばいいかを悩んだりすることありますよね。
日本は二十四節気あり、時候の挨拶文を考える時には私も参考にしています。だけどそんな暇も時間もない時には、
一般的に使える時候の参考文があると助かるものです。
クリックして続きを読む

迷ったら使える!文書や手紙を書く時の時候の挨拶文【七月・八月・九月】

学校に咲くひまわり
学校のPTA役員や地域の役員などをしていると、保護者宛てや地域に配る文書を作成する仕事が多くなり、時候の挨拶分をどのように書けばいいかを悩んだりすることありますね。
手紙だってそう…。拝啓のあと、その季節にあった挨拶文を書こうとして手が止まることも度々です。
クリックして続きを読む