時候

迷ったら使える!文書や手紙を書く時の時候の挨拶文【四月・五月・六月】

萌えるように咲くつつじ
ビジネス文書や手紙を書くとき、時候の挨拶文をどのように書けばいいかを悩みますね。季節も初旬と下旬では全く違ってきますし天候も年々変わっていきます。しかし日本は二十四節気があるように基本は変わってないように思うのです。
クリックして続きを読む

スポンサードリンク

迷ったら使える!文書や手紙を書く時の時候の挨拶文【一月・二月・三月】

春を待つ梅
「時候」とは四季それぞれの気候・天候のこと。
拝啓や謹啓などの頭語のあとに、その時の天候や気温など、双方で共有できる話題を入れる部分になります。
月によって使うものが決まっていて、いろいろありますが、ここでは一般的に使われる時候の挨拶文を紹介します。
クリックして続きを読む

スポンサードリンク

迷ったら使える!文書や手紙を書く時の時候の挨拶文【十月・十一月・十二月】

窓の外は雪景色
ビジネス文書や手紙を書くとき、時候の挨拶文をどのように書けばいいかを悩んだりすることありますよね。
日本は二十四節気あり、時候の挨拶文を考える時には私も参考にしています。だけどそんな暇も時間もない時には、
一般的に使える時候の参考文があると助かるものです。
クリックして続きを読む

スポンサードリンク

迷ったら使える!文書や手紙を書く時の時候の挨拶文【七月・八月・九月】

学校に咲くひまわり
学校のPTA役員や地域の役員などをしていると、保護者宛てや地域に配る文書を作成する仕事が多くなり、時候の挨拶分をどのように書けばいいかを悩んだりすることありますね。
手紙だってそう…。拝啓のあと、その季節にあった挨拶文を書こうとして手が止まることも度々です。
クリックして続きを読む