1時間以上座ると寿命が減る!座りっぱなしが体に悪いこれだけの理由と対策!!



皆さんは1日24時間の中でどれくらい座っていますか?
朝の情報番組で「座りっぱなしは良くない」という特集をやっていたので気になりました。
実は日本人は世界的にも座りっぱなしの時間が一番長いんだそうで座りっぱなしの生活は体にも悪い影響をもたらすと警告されています。

スポンサードリンク

日本人の平均は7時間といわれていますが事務職の場合、昼食、トイレ休憩を省くと
ほとんど、座りっぱなしですよね。

お国柄、もともと働きすぎという傾向にあるので
長時間労働など、それも関係してるのかなぁと思います。

8時間労働の場合、事務職の人は机の上で長時間の事務、PC作業が多くなりますよね。

営業の人でも車で移動する時間や、会社へ帰ってからのPC作業が多い仕事の場合は
やはり座る時間が長くなります。

また、家に帰ると座って食事をしたり、PCをしたり、TVを見たりと
日本人の平均である7時間以上は座ってるのではないかと思います。

この長時間の座りっぱなしが体にものすごく悪い影響を与えるといわれているんですよ。

 

■座りっぱなしが体に悪いといわれる理由!

ではなぜ座りっぱなしは体に悪いのでしょうか。
それは次の理由があげられていました。

エコノミー症候群のリスクが高くなる

座りっぱなしで血流が遅くなると血栓ができやすくなり心筋梗塞、脳梗塞など、
血管が詰まる可能性が広がる

歩くと血液の流れが速くなりますよね。
歩くことはポンプの役割があり、足を動かすと全身に血液が循環します。

反対に、ずっと座ってると血流がとまってしまい血栓ができやすくなります。
血流が滞って血の塊が静脈にできるんですね。

エコノミー症候群のリスクが高くなるということです。

体内に取り込まれなく、糖や中性脂肪が血液中に残る

動くことで体の隅々まで血液や栄養がいきわたり、血となり肉となるわけですが
座りっぱなしだと、十分に糖や脂肪を燃やすことができず血液中に残ってしまうことに。

そのため、高脂血症や糖尿などのリスクが高くなります。

ジッとしてる時間をなるべく短くし、
マメに立って動くことが大事だということがわかりますね。

また、昔は目を酷使するからドライアイになるといわれてましたが、
最近の研究では座ってることがドライアイを招いてるのではともいわれているのだとか…。

 

■ただ座ってるだけで死亡リスク4位という恐ろしさ!

「私は確かに座る時間も長いけど、たまに運動もしてるし、大丈夫 大丈夫~」
と思いましたか?

今日は朝からジム行って1時間運動して汗もいっぱいかいたから
あとはシャワーを浴びて、午後はゆっくりTV見て座ってくつろいじゃおうっとーー とか。(* ´艸`)クスクス

でもですね、運動すれば座ってる時間を少しは減らしてるけど、
それで安心するものではないのだそうです。

ジムでトレーニングしたあと、家でピザやポテトチップ食べて
ソファで座りっぱなしはダメということ。

色んな病気のリスクとしてあげられる順番としては、喫煙、肥満、運動不足 となりますが、
運動不足の次くらいの位置に「座りっぱなし」があるのだそうです。

怖いですね、ただおとなしく座ってるだけで死亡リスク4位だなんて…

番組の中では、色んな国の座りっぱなしリスクが色々紹介されてましたが、
1時間以上座ると寿命が減り続けるという怖い話も…。

座りっぱなしのリスクの警告は以下の通り。

1、スェーデンでは、デスクワークが多い仕事は、立つ機会が多い仕事より乳がんリスクが約2.4倍(閉経前)になる。

2、アメリカからは車を週に10時間以上使ってる人は、週に4時間未満に使ってる人に比べ、心疾患での死亡リスクが約1.5倍になる

3、オーストラリアからの報告では、座る時間が1日に11時間以上の人は1日に4時間未満座る人よりも心疾患がやく40%増える

4、オーストラリアからは1時間以上座り続けると、寿命が1時間ごとに22分も縮む。

どうですか?

日本でも研究において、
合計時間が6時間以上座ってる人は死亡率が高くなるといわれています。

スポンサードリンク

 

■座りっぱなしの対策は?

合計時間が6時間以上だと、多くの人が対象になるのではないでしょうか。

死亡リスクも高くなるというので、予防や対策が気になりますね。

 

対策は小刻みな運動だそうですよ٩(ˊᗜˋ*)و

 

座っている合計時間が長くても小刻みに立ったりしていたら
リスクは下がるのだそう。

20分~30分ごとに1回は立ち
トイレに行ったり、そこらへんを歩き回りましょう。

座ってるより立ってる方がいいといわれ
そのまま立つよりも足ふみとか、かかとの上げ下げ運動など、とにかく足を動かした方がいいそうです。

少し希望が見えてきましたね ( ̄∇+ ̄)vキラーン

落ち着きがないみたいですが、30分したら、トイレ行って、
また30分したらお茶のみに行ってなど小刻みに移動する方が体にはいいらしいです。

さらに、「貧乏ゆすり」もいいそうですよ

人間にとってジッとしてるのはストレスで、
貧乏ゆすりは自然な体の欲求ともいわれています。

それを意識的にするようにします。

英国の研究でも、1日に座ってる時間んが長い人は死亡リスクが高いけれど、
長時間座っていても貧乏ゆすりをしてる人は、死亡リスクが上昇しなかったという報告もあります。

その場合、周りに人がいたら不快感を与えないようにする配慮も必要ですね。

じっとしてるよりも、細かい移動。
主婦だと、一回に家事を終わらせないで、少しづつ合間にやっていく方がいいでしょう。

オフィスでは、20~30分に1回は立ったり、細かく貧乏ゆすりをしたりして足を動かした方が血流が良くなるので
血栓をできにくくする効果が期待できるとされています。

ところで、前述のオーストラリアの座りっぱなしリスクですが…

<1時間以上座り続けると、寿命が1時間ごとに22分も縮む>
というのはショックでしたね。

しかし2時間で44分も縮み、3時間では66分…とはいかないのがまた面白いところ。

実は1時間立つたびに、寿命が20分くらい伸びるといわれ、
1日トータル6時間座ってたら、6時間は立って動いているとキャンセルされて±ゼロ ((´∀`))

だから座りっぱなしの時間が長い人は、
同じくらいの時間動いてみるようにすればいいということですね。

こうやって計算すると、座りっぱなしだと損した気持ちになるから動くでしょ p(´∇`)q 
座りっぱなしの注意喚起という点でも、面白いと思います。

以上!
1時間以上座ると寿命が減る!座りっぱなしが体に悪いこれだけの理由と対策!!でした。

関連記事
・エコノミークラス症候群とは!急性肺血栓塞栓症の原因 症状 治療 予防法は?

まとめ

いかがでしたか?座りっぱなしって本当に体に悪いんですね。
日本でも合計時間が6時間以上座ってる人は死亡率が高くなるという報告があります。
外国の座りっぱなしリスクも参考にして、足を動かすようにしましょう。
早速わたしも“脱座りっぱなし”を実行!
TVのCMに入ると立ってその場足ふみをしたり、トイレに立ったり、お茶を入れたり
洗濯ものを取り込んだり、お風呂を掃除したり・・・なかなか結構な運動になります^^;

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です