紫外線を寄せ付けないUVクリームの塗り方選び方と日焼け対策グッズ


9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s
新緑のさわやかな季節とは裏腹に、これからはお肌に過酷なシーズン。
「色の白いは七難隠す」といわれるように、
透けるような白肌は女性の永遠のあこがれ・・・
紫外線対策バッチリで、シミ・しわを寄せ付けないようにしましょう。

スポンサードリンク

■肌老化の原因は紫外線

今できてる、シミやしわ、タルミは
子供の頃から浴び続けてる紫外線の積み重ねで、
年齢が行くたびに肌の表面に出てきた結果です。

強い紫外線は、肌にダメージを与えるだけでなく、
身体にもダルさなどのダメージを与えます。

年齢とともにお肌が衰えるのは自然の摂理ですが
少しでも老化のスピードを遅くするためにも
紫外線を浴びない生活を考える必要があります。

とにかくエイジングの第一歩は

肌を焼かない!
紫外線対策を怠らない!

コレにつきると思います。

UV対策のための日焼け止めクリームの使い方や塗るタイミング、敏感肌のクリームなど
ご紹介します。
また、紫外線対策にバッチリのグッズも一緒にご紹介しますね。

もうこれでバッチリで美肌をキープできますよ♪

 

■日焼け止めクリームの使い方

メイクをする時、日焼け止めってどのタイミングで塗ればいいのか
よく分からないという方いませんか?

私は日焼け止めを始めて使った時、
よくわからず顔を洗ってすぐ塗ってました ((´∀`))ケラケラ

日焼け止めを塗るタイミングは?

日焼け止めは乳液の後に塗ります。

洗顔→化粧水→乳液→日焼け止め→下地→ファンデーション

ですね。

乳液の後に日焼け止め、(又は日焼け止め効果のある下地)を塗るといいですよ。
デコルテ、首回りや耳までしっかり塗ってください。

日焼け止めは、内側から外側へ、下から上へと筋肉の流れに沿って塗ってください。
そうすることで血行促進され、肌が活性化されるので日焼けによる肌ダメージをやわらげる効果があります。

また、シミができやすい頬骨・こめかみ・鼻や、
既にシミができているところには重ねづけをしてしっかりプロテクトしてください。

全体的につけた後に、気になる部分への重ねづけをする場合は、
密着度を高めるためにポンポンと馴染ませるとより効果的です d(^_^o)

 

肌が弱い人の日焼け止めクリームは?

日焼け止めクリームは、実は肌に負担をかけるんです。

敏感肌の人や肌が弱い人の場合、
日焼け止めクリームはかえってダメージになる場合があります。

日焼け止めの数値が上がればあがるほど肌への負担は上がるといわれていますし、
日常生活の日焼け対策なら、PA++とSPF30位でいいでしょう。

➡ シミの原因とUV対策

真夏やとくに紫外線の強いエリアにいかないのであれば50は必要ないと思います。

敏感肌やデリケートなお肌のひとのための“日焼け止めクリーム”を探してみました。
口コミでも評判がいいようですよ、試してみてはどうでしょう。

・ファンケルの「サンガード12 センシティヴ」
・資生堂のdプログラムのデーケアプロテクター
・アクセーヌ化粧品の「マイルドサンシールドSPF18」
・花王の「キュレル」
・キスミーの「サンキラー ベビーミルク」

 

スポンサードリンク

■紫外線対策グッズ

紫外線対策には洋服選びも重要なポイント!
ポリエステルと綿の混紡素材が紫外線を通しにくいといわれています。
また、織目も細かいほど紫外線をさらに通しにくくしてくれます。

1、紫外線対策に適した服

少し暑いかもしれないですが長袖シャツも有効なUVカットアイテムです。
薄手のシャツやダブルガーゼ、リネンのシャツなどは見た目も爽やか。

その他、接触冷感や吸汗速乾、UVカットなど高機能なシャツも利用しましょう。

海に行くときは、ラッシュガードがおすすめです。
色、柄が豊富な上にお尻まですっぽり包むロング丈もあり
日差しや照り返しのきつい海ではぜひ身に付けたいアイテムです。

2、帽子

帽子は日焼け対策によいとされ
みなさん、日差しが強くなるとつばの広い帽子を被る人が増えてきます。

最近は、おしゃれになっていて、
一年中、ファッションアイテムとして登場していますよね。

素材も麦わら、綿、綿麻、ペーパーなどがあるので、
TPOに合った帽子を用意しておくといいと思います。

3、日傘

日傘もグッズの王道ですね。
現在はUVカット処理をしている日傘がほとんどです。

帽子と違って、髪型も崩れないし頭も蒸れない
第一涼しいですよね。

最近は、昔のように黒一色の日傘も少なくなってきましたね。
若い世代に人気のシノワズリーやアナスイの日傘なんかは、
白地に花柄の刺繍入りで、とてもかわいいです。

サマープロヴァンスの日傘も人気ですよ。
晴雨兼用なので、
雨の日も晴れの日もおしゃれに外出出来ますね。

4、スカーフやストール

首回りの日焼け対策には、スカーフやストールをオススメ!
シフォンやレース等、夏向きの素材のものならエレガントなお洒落が楽しめます。

夏場は外は暑くても、部屋の中ではクーラーが効きすぎてる場所もあります。
その場合もスカーフやストールが1枚あると、寒さが気にならず助かるんですよ。

5、手袋、アームカバー

手の甲も日焼けしますよね、日焼け止めクリームを塗って
肘あたりまである長い手袋をしてみましょう。

長さもロング丈、超ロング丈とあります。
ちょっとした外出も車の運転中も気軽に日焼け対策できます。

ノースリーブや半袖から、長さが足らずに腕が出る場合もありますが
ほんの数㎝です、気にしないで日焼け対策に活用するといいと思います。

熱かったら、外すこともできますし、
スカーフ同様、クーラーの効きすぎた寒い部屋では助かり重宝します^^;

ぷよぷよの二の腕も多少はカバーできちゃいますし・・・ ( ̄▽ ̄;)

6、サングラス

眩しいと感じると、眼の細胞にダメージが生じて肌は脳から指令を受け、
全身にメラニン色素を作り出す指令が出るんだそうです。

これがシミの原因になります。

日焼けは眼から入ってくるので、
UVカット表示のあるサングラスで目から紫外線が入って来ないようにします。

また、サングラスの色は黒いほうが紫外線カットになるように思われがちですが、
サングラスには紫外線遮断率(UVカット○%)が表示されているので
それの高いものを選ぶようにするといいそうです。

以上、おしゃれをしながら紫外線対策をしてくださいね。

関連記事
・顔のシワはなぜできる!しわを防ぐ薬用化粧品の口コミや評価はどうなの?
・たった10日間で即効美白!ある飲み物で顔を洗うと白肌になれるってホント?!
・目のクマの原因と解消法を調べてみた
・プラセンタとは!1日の摂取量と飲むタイミングは?注射とサプリはどっちが効く?
・老けて見えるほうれい線を消す方法は? 化粧品 美顔器 即効では何がいい?
・紫外線が増える季節に知っておきたいシミの原因とUV対策
・顔にテープを貼るだけで若返る!?顔のたるみ改善解消グッズって何?
・敏感肌に優しい化粧水を食材で誰でも簡単につくる方法!
・韓国女性の肌がきれいな秘密を徹底調査!原因は毎日のアレとコレ!!
・カツオの心臓「ちちこ」はエラスチンいっぱいの美肌サプリ

まとめ

本当に紫外線は悪さするんですね~ 夏の強い紫外線は肌ダメージを与え、乾燥気味のお肌は、水分たっぷりのお肌と比べて日焼けします。
この機会にご自身のお手入れ方法を見直し、紫外線対策グッズで白肌をキープしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です