エックスサーバーからワードプレス(WordPress)を再インストールしてみた!


調べ物をする女性
新サイトの構築中にParse errorが出てしまいドメインを初期化してしまったので、もう一度、エックスサーバーからワードプレスをインストールする必要が出てきました。今回は、エックスサーバーからワードプレス(WordPress)を簡単インストールする方法 について書き留めておこうと思います。

スポンサードリンク

サイトが エラーメッセージで表示され真っ白になってしまったので
Xサーバーから入り初期化しました。

その記事はこちら↓

Parse errorでプラグインが消せない 無効化できない時わたしが解決した方法!

そのため、もう一度Xサーバーからワードプレスにインストールしなくちゃいけません。

今回も検索しまくりでした((;゚д゚))(-_-;)

格闘しながらも無事にインストールできましたので、
そのやり方を次回のために残しておきたいと思います。
 

■XサーバーからWordPressのインストール

1、エックスサーバーのサーバーパネルにID(メールアドレス)とパスワードでログインします。

xserver管理画面

2、サーバーパネルの左下の設定対象ドメインの変更▼から
インストール対象のドメインを設定します。

Xサーバーパネルの設定ドメイン

サーバーパネル右上の「現在の設定対象ドメイン」がインストール対象のドメインになってることを確認します。

Xサーバー対象ドメインを確認する

3、同じくサーバーパネルの「wordpress」の箇所、
wordpress簡単インストール」をクリックします。

 
wordpress簡単インストールの画面に変わったら
ここに記入事項を入れていきます。

<入力事項>
・インストールURLは直下にインストールするのでそのままにしました。
・ブログの名前は後で変更できるので何でもいいです。

・ユーザー名とパスワードとメールアドレスを記入する。
ユーザー名とパスワードはworpressにログインするときに使うので、忘れないようにメモしておきます。

・メールアドレスはwordpressからの連絡用のメールアドレスです。
なるべくGメールがいいと思います。

・キャッシュ自動削除をONにして、
・データーベースは自動でデーターベースを生成するに●をしました。

入力内容がOKなら「確認画面に進む」をクリックします。

 

スポンサードリンク

 

4、確認する

「以下の内容でwordpressをインストールしますか」という確認画面がでてきますから、
これでOKだと右下の「インストールする」をクリックします。

6、インストールの完了

インストールが完了し、wordpress管理画面のログイン情報が書かれています。
この情報は大切なのでテキストファイルなどに保存しておきます。
書かれているIDとパスワードでwardpressの管理画面(ダッシュボード)に入ることができます。

また、サーバーパネルでも確認できます。
対象ドメインに切替て「wordpress簡単インストール」をクリックすると以下の様になっています。

「ダッシュボードへ」のリンクをクリックするとwardpressのログイン画面に飛びますから
そこからIDとパスワードを入れてwordpressの管理画面(ダッシュボード)に入ることもできます。

 

まとめ

どうにかインストールできて良かったですが、さすがに疲れますね(〃艸〃)ムフッ もっと慎重にやればよかったと後悔しています。
でも新しいことがわかったり、過去にしてきたことのおさらいにもなるので、なにごとも自分のためになっていると思います。
さらにすることも多く気力、体力が要りますが一つ一つが勉強ですね(* ´艸`)クスクス

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください