コーヒーをたくさん飲む人はガンになりにくいってホント!?


休憩の一杯のコーヒーが何よりウレシイ
私はコーヒーが好きで1日3~4杯は飲みます。
朝、昼、夜の食後に1杯、3時のティータイムに1杯 寝る前にも1杯飲むときもあります。
寝る前にコーヒーを飲むと寝むれなくなるとよく云われますが、私は全く関係なく寝れます(笑)

スポンサードリンク

サイフォンから香り立つかぐわしいコーヒーの香りは
私の心を安定させてくれます^^

今や日本人にコーヒーは欠かせない飲み物となりました。

そしてコーヒーと健康との関係については
色んな雑誌や専門書などでも取り上げられ目にするようになりました。

それによると、コーヒーにはさまざまな病気のリスクを減らし、
美と健康長寿をもたらす素晴らしい効果があるようなのです。

 

■コーヒーはがんを予防する?

コーヒーに含まれるポリフェノールなどには、抗酸化作用
があると言われています。

以前から抗酸化作用や抗酸化物質というのは健康やアンチエイジング
においてとても重要なポイントであるということは知っていました。

そして、このほどコーヒーが“がん”に効果があるという気になる記事を見つけ、
コーヒー好きの私には非常に興味深く読ませていただきました。

“ 厚労省の研究班の調査では、40-60歳代の女性約5万9000人に対して、15年間追跡調査を行い、
コーヒーを飲むのが週に2日以下というグループに対して、毎日3杯以上のむというグループでは、子宮体がんになるリスクが約6割減少していたという結果が得られたことが発表されました。

ちなみに、毎日1-2杯というグループでも子宮体がんのリスクが、約4割減少していたそうです。この研究班は、喫煙や食生活とがんの発生との関連を大規模な調査で研究しているグループですが、今までにも、コーヒーを3杯以上飲む女性のグループは、週に2日以下のグループと比較して、浸潤結腸癌になるリスクが約4割になるという研究結果を報告しています。

同じ研究班の調査結果で、肝臓がんとコーヒーとの関係に関するものがあります。この結果では、男女を問わず、コーヒーを飲む習慣がない方に比べ、肝臓がんのリスクは毎日1-2杯のむ方では、約半分に、毎日5杯の方では約1/4に減少することが報告されています。”

出典:ちょっと気になるがんとコーヒーの関係 https://allabout.co.jp/gm/gc/298737/

“ コーヒーや緑茶を日常的によく飲んでいる人は、そうでない人に比べて病気などで死亡するリスクが低いとする調査結果を、国立がん研究センターなどの研究チームがまとめた。

コーヒーに含まれるポリフェノール、緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げ、両方に含まれるカフェインが血管や呼吸器の働きをよくしている可能性があるという。全国に住む40~69歳の男女約9万人に対し、コーヒーや緑茶を1日どれくらい飲むかを、ほかの生活習慣などと合わせて質問し、経過を約19年間追った。この間に約1万3千人が亡くなっていた。

コーヒーや緑茶をよく飲む人は死亡率が低く、コーヒーを1日に3~4杯飲む人ではほとんど飲まない人に比べて、死亡リスクが24%低かった。緑茶は1日1杯未満の人に比べ、1日5杯以上飲む男性で死亡リスクが13%、女性で17%低かった。どちらも、死亡のリスクにかかわる年齢や運動習慣などは影響しないように統計学的に調整した。 ”

出典:朝日デジタル

いずれも、信頼できる機関から発表されているデータですので、
コーヒー党でない方にとっても、気になるデータといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


 
ところで、コーヒーの予防効果の中でも
肝臓がんは最も高い予防効果が認められているといわれています。

日本では、肝臓がんにかかる原因の9割がC型肝炎、もしくはB型肝炎ウイルスへの感染(C型肝炎8割・B型肝炎1割・その他アルコール性肝硬変1割)だといわれていますが、
肝炎ウイルス感染者の肝臓がん発症率はコーヒーでは減りますが、緑茶では減らないという結果が出ています。

(引用元:著書 1日3杯のコーヒーが人を健康にする より)

肝臓がんの発症と緑茶の消費との関連はみられないということなので、
肝臓がん発症率やC型肝炎ウイルス感染者の病気の進行には
カフェインでなく、コーヒーに含まれているクロロゲン酸などの成分が関係してるのではと考えられます。

“ コーヒーを多く飲む男性は前立腺がんになる危険性が低いとの調査結果を、米ハーバード大の研究チームが米国立がん研究所雑誌に発表した。特に悪性度の高いがんの予防効果が顕著だという。

チームによると、登録した男性約4万8千人を20年間追跡すると、約5千人が前立腺がんを発症した。コーヒー摂取量との関係を解析すると、1日に6杯以上飲む人は飲まない人に比べ、前立腺がん発症の危険性が18%低く、中でも進行が早かったり転移したりする悪性度の高い前立腺がんでは60%も低かった。カフェインの有無で違いはなかったことから、それ以外の成分が発症防止に有効だったとみている。”

出典:前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果、米研究 http://www.afpbb.com/articles/-/2800953?pid=7231095

前立せんがんは日本人の男性で増えてるがんですが、
前立せんがんにもコーヒーは良いという結果が出ています。

ところで、アメリカのコーヒーの1杯は約240ml。
日本の1杯が150mlほどなので、ちょっと感覚が違います。

それを6杯も?と思ってしまいますが、
薄めのコーヒー、アメリカンだそうですww

それでも6杯以上は少しキツイですねぇ… (゚A゚;)

ここまで書くとコーヒーには良いことだらけのように思えますが、
「コーヒーが膀胱がんのリスクを上げた」という結果や、
血圧を上げたり、不眠の原因や胃を荒らすなどの報告があるのも確かです。

日本人の飲むコーヒーの量と外国人の飲むコーヒーの量が違うように
コーヒーもドリップコーヒー、エスプレッソコーヒーありです。

また砂糖を入れるのか、ミルクを入れるのか、アメリカンで飲むのかなど
色々な条件が関連して体に作用するのだと思うので結果だけを鵜呑みにして
コーヒーは絶対に効く!と決めつけるのは早計かもしれませんね(´-`)

確実に言えるのは、コーヒーに含まれるポリフェノールは抗酸化作用があるので
健康には良い飲み物だと思われます。

コーヒーの効果効能(メリット)と副作用(デメリット)って何?

ある病気に聞くからコーヒーを飲むのでなく、
コーヒーが好きで飲んでたら、ある病気に効いていた というのが理想なのですが……((´∀`*))
 
コチラの記事も一緒に読まれています。
・コーヒーをたくさん飲む人はガンになりにくいってホント!? ← 今ここ
・コーヒーカスは捨てないで再利用!珈琲の出がらしの有効な7つの使い方!
・コーヒーの効果効能(メリット)と副作用(デメリット)って何?
・緑茶コーヒーダイエットって何?やり方と痩せるメカニズムは?
・緑茶コーヒーダイエットの気になるポイントや疑問 副作用について!!

まとめ

昨今、コーヒーの健康効果がさまざまな研究機関から発表されています。
コーヒー好きの私には、とてもありがたく非常に興味深いため調べてみました。
日本や外国の研究によって、コーヒーはがんの抑制や進行に効果が認められているようです。
食生活の異なる外国の結果より、日本の研究結果を重視して考えてみるといいのではと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください