大阪・関西2016年初日の出穴場スポット!料金 時間 アクセス 混雑は?


b108cc37ad239920f7ac6803b46eadda_s
初日の出は年に一度のビッグイベント。どこで誰と眺めるか今から計画中の方もいると思います。
関西の美しい山や海・都会の中で、ご来光を拝みたい思いで、探してみました。
デートコースとしてもお勧めです。
寒いので防寒対策はしっかりされてお出かけください。

スポンサードリンク

■金剛山ロープウェイ

海抜975mの金剛山駅へは、ロープウェイで約6分。駅から約30分の山頂は
標高1125mで大阪一早い初日の出を拝むことが出来ます。

金剛山では初日の出にあわせて、ロープウェイが早朝5時から運行されます。
山頂のちはや園地ピクニック広場からは、晴れていれば見事な初日の出を望むことができます。
ピクニック広場のちはや園地では、ぜんざいのふるまい(先着順、数に限りあり)が行われ、
ふるまい酒(先着順、数に限りあり)や、ロープウェイ利用客にはお楽しみ抽選会もありますよ。

場所:金剛山
住所:大阪府千早赤阪村大字千早9
日の出時刻:7:00頃
元旦営業時間:6:30~8:00 通常 9:00~17:00
休み:無休
ロープウエイ往復:大人1340円 小人670円
駐車場:200台(600円)
アクセス:【電車】南海高野線河内長野駅、近鉄長野線河内長野駅よりバスで40分
      ロープウエイ前下車 徒歩10分
     【車】阪和道美原北ICよりR309、一般道経由で40分
問い合わせ先:0721-74-0210、0721-74-0128

 

■信貴生駒スカイライン

美しい夜景で有名な信貴生駒スカイラインには、初日の出スポットが充実。
特に奈良盆地が一望できる暗峠(くらがりとうげ)付近や、鐘の鳴る展望台などが人気。
通常は6時30分~23時の間しか通行できませんが、12月31日23時~1月1日23時の間は通行可能!
初日の出は大和高原方面から昇ります。
スカイラインは自動車専用道路のため、
徒歩の場合は生駒山上遊園地駐車場(大晦日は無料)からの展望がおすすめですよ。

場所:信貴生駒山
住所:生駒市生駒登山口・宝山寺~生駒山頂~信貴山門
日の出時刻:7:05頃
元旦営業時間:0:00~23:00 通常 6:30~23:00 (季節により変動有り)
休み:無休
料金:全線普通車片道1340円 往復1940円
駐車場:多数あり
アクセス:【電車】マイカー利用がお勧めです
     【車】第二阪奈道壱分ランプよりR168、一般道経由で10分
問い合わせ先:0743-74-2125

 

■関空展望ホール Sky View

空の玄関口、関空は今や外国人観光客でいっぱいなんですが
メインホールにある4・5階のスカイデッキで、
対岸から昇る太陽をパノラマで一望できます。
運が良ければ初日の出と離着陸する飛行機のコラボが見れますよ。

場所:関西空港
住所:泉佐野市泉州空港北1
日の出時刻:7:00頃
元旦営業時間:4:00~22:00 通常 8:00~22:00(施設、季節により変動有り)
休み:無休
料金:無料
駐車場:240台(20分100円~110円)早朝は特別料金あり
アクセス:【電車】各線関西空港駅下車 第1ターミナルビル1番バス乗り場より無料シャトルバスで5分、終点下車すぐ
     【車】阪神高速湾岸線りんくうJTCより関西国際空港連絡橋経由で7分
問い合わせ先:072-455-2082

 

■神戸空港ターミナル

大阪の西26km、神戸市中心部三宮の南8kmの沖にある
ポートアイランド沖南側の人工島に建設された空港。

ターミナルビルの屋上が展望デッキになっていて、
北側が神戸の街並み、南側を見ると離着陸する飛行機を眺められます。
デッキの東側が初日の出のベストポジション。

場所:神戸空港
住所:神戸市中央区神戸空港1
日の出時刻:7:00頃
元旦営業時間:6:00~23:00 通常 6:00~23:00
休み:無休
料金:無料
駐車場:1250台(1時間150円・上限1500円)
アクセス:【電車】各線三ノ宮駅よりポートライナーで18分
     【車】阪神高速3号神戸線生田川下り出口よりポートアイランド方面へ15分
問い合わせ先:078-304-7777

 

■あべのハルカス ハルカス300

地上300mから見下ろすことができるハルカス300は、
商業施設ビルとしては日本一のビルです。
展望台からは、四天王寺、大阪市立動物園、大阪市立美術館、茶臼山、
寺社仏閣 、大阪城、通天閣、京セラドーム大阪 など大阪の街が一望できます。
ここからの初日の出は最高でしょうね^^

元旦の6時~7時30分の1時間半は「初日の出特別営業」です。
初日の出のチケッ情報は電話06-6621-0300よりお問い合わせを。

場所:大阪あべのハルカス
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 ハルカス58~60F
日の出時刻:7:00頃
元旦営業時間:6:00~22:00 通常 9:00~22:00(時間変動有り)
休み:無休
料金:大人1500円 中高生1200円 小学生700円 4歳以上500円
※日時指定券は別途5000円
駐車場:近隣駐車場を利用
アクセス:【電車】近鉄大阪阿部野橋駅下車
     【車】阪神高速松原線天王寺出口より5分
問い合わせ先:06-6621-0300

 

スポンサードリンク

■京都タワー

地上131mを誇る京都のランドマークタワー。
地上100mの展望室からは、清水寺など京都を代表する寺社仏閣や遠くには東山三十六峰、
天気によっては大阪までも見渡せます。
京都の街並みを陽光がオレンジ色に染め上げていく様子は日本の美そのもの。
南東方面の稲荷山から昇る京都随一の初日の出が眺められるスポットとしてお勧めします。

場所:京都タワー
住所:京都市下京区烏丸通七条下がる
日の出時刻:7:00頃
元旦営業時間:6:30~8:00 通常 9:00~入場20:40
休み:無休
料金:大人・中高生1000円 小学生600円
宿泊大人・中高生500円 宿泊小学生300円
駐車場:25台 30分/300円 駐車場営業時間7:00~22:00
アクセス:【電車】各線京都駅よりすぐ
     【車】公共交通機関を利用
問い合わせ先:075-361-3215

 

■神戸ポートタワー

神戸のシンボルのひとつ、高さ108mの観光タワーで1~5階に展望室があります。
当日は早朝6時30分に開場し、先着300人にプレゼントがあります。
例年、太陽が昇る東側、エレベーター前が混雑するため、
6:30のオープンよりも早めに並んでおいたほうがいいです。

場所:神戸ポートタワー
住所:神戸市中央区波止場町5-5
日の出時刻:7:06頃
元旦営業時間:6:30~入場16:30 通常 9:00~入場20:30
(12月~2月は~18:30、大晦日は~16:30)
休み:無休
料金:大人600円 小中学生300円
駐車場:480台 30分/200円
アクセス:【電車】地下鉄海岸線みなと元町駅より徒歩5分
     【車】阪神高速神戸線京橋ICよりR2経由で5分
問い合わせ先:078-391-6751

 

■六甲ガーデンテラス

標高880mにある六甲山上の絶好の眺望スポット「六甲ガーデンテラス」より、
大阪湾から明石海峡大橋まで広がるワイドな眺望とともに、初日の出を望むことができます。
大晦日は終夜営業となります。元旦6時から8時(最終受付/7時30分)は、
エリア内にある「自然体感展望台 六甲枝垂れ」も早朝営業されます。
※六甲ケーブルは早朝運転がありますが、
山上駅からガーデンテラスまでの山上バスの運行はありません。
1月11日までは、オルゴールの音色に合わせ、
英国風庭園に光を投影し幻想的な雰囲気を楽しめます。

場所:六甲ガーデンテラス
住所:神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
日の出時刻:7:06頃
元旦営業時間:0:00~21:00 通常 9:00~入場21:00
(季節、曜日、天候、店舗により変更あり、大晦日は終夜営業)
休み:3月2日、3日(冬場は店舗により不定休)
料金:無料(自然体感展望台、六甲枝垂れは別途要)
駐車場:360台(500円)
アクセス:【電車】阪急神戸線六甲駅よりバス10分 六甲ケーブル下駅。
ケーブルカー・六甲山上バスを乗り継ぎ、六甲ガーデンテラス下車
     【車】阪神高速神戸線魚崎出口より30分
問い合わせ先:078-894-2281

 

■比叡山ドライブウェイ

西に京都、東に大津の街を一望できるドライブウェイです。
伊吹山などの山々などを遠望する山頂付近からは、雲海から頭を出す初日の出が見られるかも…
比叡山から、琵琶湖方面より昇る絶景の初日の出を眺めることができます。
大晦日、比叡山・奥比叡縦走ドライブウェイは終夜営業(有料)となります。
大晦日から元旦にかけて、比叡山延暦寺へ初詣の参拝をすることもできます。
※積雪や凍結の場合、通行規制あり

場所:比叡山
住所:大津市山上町 田ノ谷峠~比叡山山頂
日の出時刻:7:04頃
元旦営業時間:大晦日より終夜営業 通常 9:00~20:00
休み:無休
料金:山頂往復普通車1670円
駐車場:多数あり
アクセス:【電車】叡山電鉄八瀬比叡山口駅より叡山ケーブル・ロープウェイを利用
(冬場は正月三が日のみ運行)
     【車】名神高速京都東ICより西大津バイパス経由で20分
問い合わせ先:077-529-2216

 

■潮岬観光タワー

本州最南端のタワー。海抜100mからの展望台から、
太平洋の大海原が広がり、弧を描く水平線から初日が昇ります。
新年の朝日で輝く海の大パノラマを是非どうぞ。

展望台では、潮岬を訪れた証「本州最南端訪問証明書」を発行してくれます。
潮岬観光タワーは、1月1日6時30分頃から営業。
自家用車・バスともに混雑が予想されるます。

場所:潮岬観光タワー
住所:東牟婁群串本町潮岬2706-2
日の出時刻:7:06頃
元旦営業時間:6:30~16:30 通常 8:30~16:30(季節・曜日により変動有り)
休み:無休
料金:大人300円 小中生100円
駐車場:100台 無料
アクセス:【電車】JRきのくに線串本駅よりタクシーで15分
     【車】阪和道南紀白浜ICよりR42経由で1時間30分
問い合わせ先:0735-62-0810、0735-62-3171

関連記事
・2017年は酉年!トリゆかりの石上神宮(いそのかみじんぐう)で開運ご利益初詣!
・2016年は申年!申(サル)ゆかりの日吉大社で開運初詣
・大阪の人気初詣スポット5選!商売繁盛・縁結び・合格祈願など ご利益いっぱい!!

 

まとめ

ここ何年か、初日の出を見たことがありません。早朝の寒さでつい出不精になってしまいます^^; 知り合いには毎年信貴生駒山に出かけられてる方がいます。私ももう一度あの神々しいご来光を・・・ご来光スポットへ車でお出かけの際はくれぐれも安全運転でお出かけくださいね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です