関西で楽しむ夏の花!向日葵(ヒマワリ)が見れる名所をご紹介


e4273a138ac5d5dfbb5d6511f64ffc6d_s
夏の真っ盛りに黄金色に輝くひまわりは、夏の花の王様です。
強い太陽にも負けずに咲く生命力あふれるひまわりは
夏の青い空に映えエネルギッシュで圧巻!!
そんな関西でひまわりの咲いてるスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

夏の季語でもあり、日本の夏に欠かせないヒマワリですが、
原産地は北アメリカからペルーで、17世紀中ごろに日本へ伝わったとされています。

ヒマワリと言えば、画家ゴッホの「ひまわり」が有名ですが、
ワタクシ的には、ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニの
戦争によって引き裂かれた男女の愛を描いたドラマ「ひまわり」が強く印象に残っています。

himawari

ひまわりの花言葉は、

「あこがれ」 「私の目はあなただけを見つめる」「崇拝」「熱愛」
「光輝」「愛慕」「いつわりの富」「にせ金貨」

まさに、映画「ひまわり」の中で見せたヒロイン!ソフィアローレンそのもの。

エンディングでの地平線にまで及ぶ画面一面のひまわり畑のバックに流れる
ヘンリー・マンシーニ作曲の『ひまわり』のテーマ曲を聞くと、今でもマジ泣けてくるのです ( ノД`)

それでは、ひまわりの花の見れるスポットを見てみましょう。

 

■宇治市植物公園(うじししょくぶつこうえん)

草丈150㎝、花径20㎝ほどの1000本の愛らしいサイズのヒマワリが、花壇にピッタリで夏空に映えます。
総面積10haの正面玄関には大量の花を使用した巨大な立体花壇「花と水のタペストリー」があり
幅62m、高さ18mと壮大で絵柄は期間限定で変更されます。
「季節のゾーン」のハナ蓮も一緒に見れますので立ち寄ってみてください。

住所:京都府宇治市広野町八軒屋谷25-1
見頃時期:7月下旬~
開園時間:9:00~17:00 (最終入園~16:00)
料金:大人500円 小人250円
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:有り 400円
アクセス:下記URLより
http://uji-citypark.jp/botanical/publics/index/14/
TEL:0774-39-9387

 

■与謝野町(よさのちょう)ひまわりフェスティバル

休耕田を利用してひまわりを咲かせます。5haに20万本のヒマワリが咲き誇ります。
与謝野町の風物詩としてすっかり定着した「ひまわり15万本」イベントを、
2013年からは「与謝野町ひまわりフェスティバル」としてリニューアル。

段々畑になっており広大なひまわり畑を見渡すことができます。
巨大ひまわり迷路や、懐かしのかかしコンテスト、与謝野町周遊キャンペーンなど楽しい企画が盛りだくさん。

住所:京都府与謝郡与謝野町字金屋(リフレかやの里北側)
見頃時期:8月上旬~8月中旬
開園時間:9:00~17:00
料金:大人(中学生以上)200円、小学生以下無料
定休日:なし
駐車場:有り 無料
アクセス:下記URLより
http://yosano-kankou.net/access/access.html
TEL:0772-43-0155

 

■長居植物園(ながいしょくぶつえん)

地下鉄御堂筋線長居駅から徒歩で行けるヒマワリの名所です。
一面のヒマワリを期待すると厳しいかもしれませんが、種類も多く夏気分を満喫出来ます。

約1000平方メートルのライフガーデンに咲く約1万株のキッズスマイルと約250株の夏リンゾウのヒマワリが楽しめます。
2015年は1~1.5メートルほどのキッズスマイルが主だったようですが今年はどうでしょうか。
見頃は8月上旬頃までですが、ほかにハス、スイレン、フヨウも見頃を迎えているので一緒に楽しめます。

住所:大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23
見頃時期:7月下旬
開園時間:9:30~17:00
料金:大人250円 中学生以下と65歳以上は無料
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:多数 詳細はこちら 
アクセス:下記URLより
http://www.nagai-park.jp/n-syoku/access.html
TEL:06-6696-7117

 

■万博記念公園(ばんぱくきねんこうえん)

甲子園球場の約65個分という広大な敷地の半分は自然文化園と日本庭園の2つのエリアがあります。
両エリアでは四季を通して50種類以上の花々が楽しめます。

春に、チューリップの花園だった場所が、ひまわり畑に変化し
22品種約1万本のヒマワリが咲き競います。
ヒマワリは、一重咲き、半八重咲き、八重咲きがあり、花の色もイエロー系、オレンジ系など多彩です。

ひまわり畑は影一つ無い場所が多いですが、万博公園はもともと木が多いので、
木陰のベンチで休憩したりお弁当を広げてピクニックできますよ ٩(ˊᗜˋ*)و

住所:大阪府吹田市千里万博公園
見頃時期:7月下旬~8月中旬
開園時間:9:30~17:00(最終入園~16:30)
料金:250円
イベント:ひまわりフェスタ
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:有り 詳細はこちら
アクセス:下記URLより
http://www.expo70-park.jp/guide/access/
TEL:06-6877-7387

 

スポンサードリンク

 

■ハーベストの丘(はーべすとのおか)

大阪市内から車で約45分、甲子園8個分の広さの農業公園です。
季節により、様々な花が園内に咲くハーベストの丘では、1,500平方メートルに
2万本のヒマワリが一面に広がります。

また、ひまわり畑の近くには、親水施設「じゃぶじゃぶ広場」もあり、
暑い夏場の家族連れでも楽しむことが出来ます。

住所:大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405-1
見頃時期:8月上旬~中旬 (気温により変動あり)
開園時間:9:30~18:00
料金:大人(中学生以上)900円 小人(4才以上)500円
*7/18(土)~8/31(月)の夏休み期間は、大人500円、小人平日無料(土日祝・8/13・14は300円)
定休日:3月~11月までは休みなし
駐車場:1800台 無料
アクセス:下記URLより
http://farm.or.jp/guide/acces.html
TEL:072-296-9911

 

■佐用町南光(さようちょうなんこう)ひまわり畑

ひまわりの町・佐用町南光地域は、7月上旬から8月上旬にかけて、
町内6地区を時期・地区をずらして合計約23ha、約120万本のひまわりが開花します。
町じゅうにヒマワリ畑が点在していて、種まき時期をずらして、長い期間ヒマワリが楽しめます。

7月中旬の「ひまわり祭り」の時期は大変な賑わいが予想されます。
車で行く場合、佐用ICからメイン会場まで10分足らずの距離が、2時間もかかったという口コミも。
「ひまわり祭り」の開催中、姫新線は列車が増発され
播磨徳久駅から祭り会場まではシャトルバスが出るようですが土日は混むと予想してお出かけください。

住所:兵庫県佐用郡佐用町林崎839 南光スポーツ公園周辺
見頃時期:7月上旬~8月上旬
開園時間:8:30~17:00
料金:200円(ひまわり種子袋をプレゼント 数に限りあり)
イベント:ひまわり祭り 毎年7月中旬~8月上旬 
定休日:なし
駐車場:有り 500円
アクセス:下記URLより
http://www.town.sayo.lg.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=828
TEL:0790-82-0670 (町役場観光課)

 

■ひまわりの丘公園(ひまわりのおかこうえん)

車でなら京阪神からも比較的訪れやすいひまわりの名所です。
3.4ヘクタールに約38万本 の「ハイブリッド・サンフラワー」が咲き誇り、毎年たくさんの観光客が訪れます。
ひまわり畑の中にベンチが設置してありますので、ひまわりに囲まれて写真を撮ることができます。
噴水・ミスト機能を備えた親水施設で涼を楽しめ、大型遊具もあり子ども連れでも安心です。
駐車場、ひまわり畑共に無料です。

住所:兵庫県小野市浄谷町1545-321
見頃時期:7月中旬~下旬
開園時間:8:30~17:00
料金:無料
定休日:12月1日~1月1日
駐車場:150台 無料
アクセス:下記URLより
http://www.city.ono.hyogo.jp/1/18/
TEL:0794-63-1000(小野市地域振興部)

 

■ひまわり柚遊農園(ゆうゆうのうえん)

兵庫県中部、丹波市 山間にあるひまわり畑です。
6haの広大な農園に約30万本のひまわりが一面に咲く様は圧巻です。
展望台やひまわり迷路、ひまわり狩り、バザー、農産物の販売などが行われます。

住所:兵庫県丹波市春日町柚津913番地
見頃時期:7月中旬~8月上旬 
開園時間:自由
料金:300円 (中学生以下は無料。駐車料金・切花・迷路の料金込み)
イベント:ひまわり祭り 2016年7月31日(日)
定休日:なし
駐車場:有り 料金は入園料に含まれています
アクセス:下記URLより
http://www.tambacity-kankou.jp/members/detail.php?id=4
TEL: 0795-70-3501

 

■イングランドの丘(いんぐらんどのおか)

淡路島の内陸部にある農業公園。イングランドの丘の5万本のひまわりは咲く場所が数か所あり、
時期をずらして蒔いているため、それぞれ開花時期が異なり長く楽しめます。
とにかく日影がない場所なので帽子、日傘、飲み物は必須です^^;

住所:兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
見頃時期:7月中旬~8月下旬
開園時間:9:00~17:00(12月~2月は10:00~17:00)
料金:大人800円 4歳~小学生400円 3歳以下無料
定休日:なし
駐車場:1500台 無料
アクセス:下記URLより
http://www.england-hill.com/access/
TEL:0799-43-2626

 
以上、関西の向日葵の名所をご紹介しました。
関西のホテル・旅館をお探しの方は【楽天トラベル】で探してみてくださいね

関連記事
・関西で楽しむ春の花!可愛らしいチューリップが見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!牡丹(ボタン)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!華やかな薔薇(バラ)の花が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!関西で楽しむ春の花!優美な藤(フジ)藤棚が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!情熱の花 ツツジ(つつじ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ春の花!可憐な芝桜(シバザクラ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ夏の花!彼岸花(曼殊沙華/ヒガンバナ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ夏の花!気高い花菖蒲(ハナショウブ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ夏の花!紫陽花(アジサイ)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ秋の花!萩(ハギ)の花が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ秋の花!コスモス(秋桜)が見れる名所をご紹介
・関西で楽しむ冬の花!水仙(スイセン)の花が見れる名所をご紹介
・関西(大阪)で楽しむ冬の花!梅の花が見れる名所をご紹介
・関西(京都・奈良)で楽しむ冬の花!梅の花が見れる名所をご紹介
・関西(和歌山・三重)で楽しむ冬の花!梅の花が見れる名所をご紹介
・関西(兵庫・滋賀)で楽しむ冬の花!梅の花が見れる名所をご紹介

まとめ

青空に向かって一斉に咲いている大きなひまわりを見てると・・たくさんの元気をもらえます。
注意点としては、ひまわり畑には日影がほとんどない所が多く、日傘や帽子は必須です。
また暑い時期ですので飲みもの、女性は日焼け対策も忘れずにお出かけください。暑さに負けないアウトドア派の元気満々カップルだと、ひまわり畑でのデートもオススメですよ p(´∇`)q

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です