貯蓄0からの脱出!いつまでも貯金が出来ない人にアリがちな思考とは?!


4924669af81cb397e5472633baea5946_s
実は、金融広報中央委員会が昨年11月5日に発表した調査結果ですが、金融資産がゼロという世帯が全体の30.9%を占めることが明らかになりました。

しかも、10年ほど前から右肩上がりで増えてるんだそう…

スポンサードリンク

今や日本は全体の約3割に当たる世帯が、
イザという時にまとまったお金がない状態だということです。

もちろん、収入格差で、収入が低いから貯まらないというのもありますが、
年収1000万以上でも貯金が0という家庭が1割以上もあるんだとか。

年収1000万以上で貯金が0って、みなさんどう思いますか?
平凡に生きてる私から見たら夢のような金額で、全くもって考えられません。

年収1000万あったら、十分すぎると思ってしまいますが
それでも貯蓄0ってことは、足らないってことなんですよね。

調べてみるとどうやら、お金が貯められない人には
収入の多い少ないに関係なく、ある共通点があるようなんです。

 

■いきなり高い目標を設定

多くの貯蓄アドバイザーの方たちの話によると、
貯金が出来ない人に限って、いざ貯蓄をしようとすると
いきなり高い目標を立てる傾向にあるそうです。

全く貯めたことがないってことは、成功体験もないってことになります。

小さな成功体験の積み重ねが大きな成功体験になっていくといわれ
1円や10円が積もり積もって100円、1000円、1万円になるという成功体験がある人の方が成功しやすいといわれています。

分かりやすくダイエットで例をあげますね。

ダイエットを全くしたことがない人が、
いきなり「1カ月で10kgの減量を目指す」という目標を立てて動き始めるのと同じ事なんだそう。

無理なダイエットで、体重を減らしても、体を壊したり、
例え成功したとしても、ストレスですぐにリバウンドして元の体重に戻ったり、
どうかすると、もとより更に太ってしまったりします。

このように貯蓄もダイエットも同じこと。
初めは小さな目標でも、確実に成果を出すことに意味があるのだとか。

10万円、20万円を確実に貯められる成功体験を経れば、
100万円レベルの貯蓄は格段にしやすくなるということのようです。

 

スポンサードリンク

 

■月に5000円、1万円貯蓄じゃどうしようもない

月に5000円貯めようとすると1日いくら貯めたらよいか、30日で割るとすぐ答が出ます。
166.6円 四捨五入で167円です。

1万円だと333.3円で同じく四捨五入で333円になります。

自販機のジュース代や
喫茶店でのコーヒー1杯にも満たない金額です。

しかし、貯蓄が下手な人に限って、
「月に5000円や1万円では、たいした金額にならないから意味がない」と考えます。

本当にそうでしょうか。

月5000円でも1年で6万円。10年で60万円に。
月1万円だと年間12万円、10年で120万円にもなります。

凄いですよね、たいしたもんです。
マサにちりも積もれば山となる。とはこのこと! ٩(ˊᗜˋ*)و

5000円や1万円なんて、意識しないといつの間にかどこかへ消えてゆく金額です。

お金が貯まらない人は、知らず知らずのうちに、
その「たいしたことはない思考」の支出を繰り返していて、
たいしたものも買ってないのに、
いつも「お金が貯まらない」って悩んでいる人になっているんです。

いつかはどこかへ消えてなくなるお金なら、
意識して貯金に回すことで、お金は確実に増えていくということになります。

お金を意識し「たいしたことがある」と、することで、
貯蓄0円から脱出できる可能性はかなり大きくなると思われます٩(ˊᗜˋ*)و

 

■意思が弱く環境に流されやすい

自分の意思でコントロールできない人、周りに流されやすい人は要注意です。

「お金が貯まらない」と嘆く人は、ストレス解消でモノを買ったり、
飲みに出かけたりしてしまう人が多いといわれてます。

駅の売店や、コンビニ、自動販売機、ネットショッピング、カフェ・・など

私たちは、こうしたお店やネットに囲まれ便利になり、それらは生活の一部になっています。
よほど意識してないと、外部要因の影響を受ける事が多くなり
知らず知らずのうちにお金をドンドン使ってしまい、
使ったという自覚のないまま、お金は減っていきます。

また、現代はストレス社会でもあります。

仕事、家庭、人間関係と、あらゆる場面にストレスはつきものですが、
いちいちそのたびに買い物に逃げていては、いくらお金があっても足りません。

本日50%OFFです!
今日までポイント5倍!
今購入でもれなくコレがついてきます!

などのキャッチコピーの誘惑で
ストレスがあると、ついつい買い物で散財してしまうことに。

自らの意思で決断をするのが苦手な人によくみられる“お金によるストレス解消”なんだそうです。

こういう人は、貯める動機付けをするのが難しく、
そのうえ、お金を使ったことで自分に罪悪感を覚えてしまいます。

「ヤダ!又買ってしまった… ( ̄□ ̄;)!! 」

「ちょっと最近使い過ぎかな (ー’`ー;) 」

それがまたストレスとなり次の買い物につながってしまうという
貯まるストレスで減りゆくお金の原因です。

収入が少なければ、多いよりも貯蓄をするのは難しくなりますが
しかし、収入が増えれば単純にその分貯蓄できるかというと、必ずしもそうとは限らないというのが
わかりましたね。

関連記事
・新社会人一人暮らしの生活費は?貯金の目安やお金の振り分け方は?
・へそくりの貯め方と貯め技でコツコツお金を増やす方法
・へそくりの語源と意味!主婦の6割が貯めてる驚きの金額と理由

まとめ

お金は意識しないとなかなか貯まりませんね。何気なく生活してたら何気なくお金も消えていくものです。貯蓄0ということは、明日の備えも0ということ。貯蓄ができない人の思考が自分に当てはまっていたら、軌道修正して今のうちに貯めれるように努力していかないといけないと思いました。買い物好きな私も改めて考えさせられました (;´∀`)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です