結婚式に出席する場合の親族 招待客のふさわしい服装と気を付けることは?


結婚式の親族で記念写真撮影
結婚式に招待された場合、女性の方は服装が気になりますよね。大切な親戚や友人のお祝いのために正しい服装マナーで出席したいものです。さて、結婚式にはどんな服装でいけばいいのでしょう。時間帯や立場などを意識したファッションが求められる、結婚式に出席する場合の服装のマナーについてです。

スポンサードリンク

結婚式の招待状が届くと、女性は着ていくものが気になります。

出席するために、新しく買いなおすか、
今ある服で行こうかと色々悩んしまいますよね。

結婚式は普通のパーティーや食事会とは異なるフォーマルな場なので
マナーに沿った装いでお祝いの気持ちを表してあげることが大切。

結婚式にふさわしい、恥ずかしくないフォーマルな服装についてまとめてみました。
 

■男性の出席者の服装

招待状に服装の指定があればそれに従いましょう。

しかしない場合は基本的に礼装になります。

男性はブラックスーツが一般的で
新郎が着用する「白」の衣装は着ないようにしましょう。

ネクタイの色は「白」が主流ですが、
シルバーグレーなどを着ける人も多くなっています。

形式ばらない披露宴では、ダークグレーや紺色のスーツでもいいでしょう。
 

■女性の出席者の服装

女性の場合は次のような細かな決まりごとがあります。

<和装>

親族既婚者女性の和服は黒留めそでを着用し
親族未婚者の女性は振袖が正礼装です。

袖の長さによって大振り袖・中振り袖・小振り袖とランクがありますが
招待客の場合は中振袖が適しています。

帯も結婚式にふさわしく華やかな飾り結びにしましょう。

招待客の既婚者は色留めそでや訪問着を着用。
30歳以上の独身の女性は訪問着か付け下げ、色無地が一般的になっています。

<洋装>

昼間の披露宴ならアフタヌーンドレスですね。

形状としては、胸元や肩を露出しない
シンプルなデザインのワンピース、アンサンブル、ツーピースやスーツの事を指します。


出典:ブティック コーラン

スカート丈はノーマル(膝下)か
ミモレ(ふくらはぎあたり)が一般的です。

色味も、あまりダークな色は避けて、
陽光に映える明るい無地の色味のものが良いでしょう。

これがセミアフタヌーンドレスなら、
柄物でもOKだといわれています。

スポンサードリンク

 

夕方以降ならイブニングドレスやカクテルドレスを選びます。

イブニングドレスとは、ワンピース型の衣服で、
スカート丈はくるぶしまでの総丈か、靴のつま先が完全に隠れる長さ、あるいはそれ以上の長さであること。

装飾性が高いドレスや舞踏会、
また厳粛な行事などの場合は裾を床に長く引くこともあります。

日本の一般的な洋装のお呼ばれだと、
華やかな色やデザインのワンピースかアンサンブル、ツーピース、スーツになります。

ノーマル丈やミディ丈、ロング丈、マキシ丈といった、
膝下からくるぶしまでと長めのものを選びます。


出典:パーティードレス通販 GIRL

親族の方には落ち着きと上品さを兼ね揃えた「スーツ」が人気です。
あくまでも親族の代表として参列するので、過度な露出や奇抜なデザインのドレスは避けるように心がけましょう

また、現代はフェミニンになりすぎない
パンツスタイルも年々人気が高まっています。

アクセサリーや靴、バッグ、ヘアメイクなどで華やかにまとめてください。

 

■服装で気を付けることは?

結婚式では「白」は主役の色です。
新婦が主役なので、ウエディングの色である「白」は着ないようにします。

ベージュや薄いシルバーなど
白に近い印象の服装も避けるのがマナーです。

色違いのボレロやジャケットなどを
着るようにして全身が白っぽくならないようにします。

また、全身が「黒」というのも喪服の色なので控えます
靴やバッグをカラーにしたり、
ストールやボレロ、ジャケットなどでカバーするといいです。

基本的に結婚式の列席者の女性のドレスは
年齢が上がるごとに、高級感ある雰囲気のドレスを選ぶようにするといいです。

生地が薄すぎず、安っぽくない上品な光沢があるもの、
ポリエステルやナイロン素材が入ったドレスを選ぶといいでしょう。

綿素材はカジュアルになりすぎるのでNGです。

結婚式の主役は新婦なので
新郎・新婦を引き立てる心づかいを忘れないようにすることがマナーといえます。

最後に

足元は高さのある5センチ以上のヒールの靴で、
素足はNGなのでストッキングを履き、色はベージュを着用します。

コチラの記事も一緒に読まれています
・結婚式の招待状の返事はいつまでに出せばいい?返信はがきの書き方は?
・結婚式お祝い金の相場とご祝儀袋の書き方!友人/上司/部下/兄弟姉妹/いとこ/甥姪
・結婚式のお祝い電報はいつまで誰宛てに送ればいい?種類や選び方は?
・迷ったら使える!結婚式お祝いメッセージ文例を調べてみた
・結婚式に使ってはいけないNGワード「不吉な言葉」「忌み言葉」「重ね言葉」

まとめ

結婚式に招待された場合、男性はブラックスーツで!親族の既婚者女性の和服は黒留めそで、親族の未婚の女性は振袖が正礼装です。結婚式でドレスを着用する際には、ノーマル丈やミディ丈、ロング丈、マキシ丈といった、膝下からくるぶしまでと長めのものを選びます。主役の新郎新婦よりも格を下げた服装で、全身「白」の衣装は着てはいけません。また喪服を意味する全身「黒」もNGです。
ヒールのある靴でストッキングは必ず着用してください。マナーに沿った服装で心から祝福してあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください