ぽっこりお腹の原因は便秘というその理由と予防や対策!



女性の身体は非常にデリケート。毎日の生活のリズムが少しでも狂うと、便秘になる人が多いように思います。わたしも、決められたトイレタイムを逃がすと、3、4日はお通じがない日が続きます( ノД`)さすがに、お腹が痛くなったり肌が荒れたり、
イライラしたりとあまり健康とはいえない状態になっちゃいます。

スポンサードリンク

汚いものを何日もお腹にためているんですから、
何もないってのがおかしいですよね( ノД`)

とにかく、そんなこんなで便秘に悩んでる女性ってとても多いんですよね~

ところで便秘になるとお腹周りがポッコリなって
何だか少し太ったように感じませんか?

何故、便秘になるとお腹ぽっこりになるのでしょう。
 

■何故便秘だとお腹が出てくるのか

健康な人が1回のトイレで排出する便の重さは100g~200gほどといわれています。
そしてその80%は水分で構成されているんです。

その便が腸に何日も溜まっているわけなので、
その便の重さは直接、体重にも影響しますよね。

1週間も腸にたまったままだとしたら、
その重さは1キロにもなってしまうことに…

どうりで便秘が続くと太ったように感じるのも当たり前なのです。

便秘になると、肌荒れやニキビなど、お肌の調子もわるくなりますし、
下腹部痛やポッコリ腹、肩こりやだるさ、イライラなど身体や精神の不調にもかかわってきます。
 

スポンサードリンク

 

■便秘の症状と予防

加齢とともに大腸の働きが悪くなり機能も低下するので、便秘に悩む人が増えます。

じつわ、腸は弾力性など機能が低下して
排泄する力が弱まると“停滞腸”という状態に…。

原因は食生活や生活のリズムの乱れ、
運動不足で筋肉が低下したり、冷えやストレス、

50代以降になるとエストロゲンというホルモンの低下も影響するといわれています。

ところで、あなたの便秘は次のどれに当たりますか?

<軽い便秘>
・自然な排便は2~3日に1回
・いつも便が硬い

<中程度の便秘>
・自然な便意が起こらず下剤を使う

<重症の便秘>
・毎日下剤を使わないと排便できない
・下剤を使ってる期間が1年以上

 
わたしの場合は<軽い便秘>に当たりました。

とにかく硬いんです(汚くてすみません)
いわゆるコロコロウンチっていうんですか、
原因は、水分が足らない為にそのような状態になるようです。

成人は、1日に
2リットルから2.5リットルの水分を体外に排出
してるので、
その分の水分を補給していかなければいけないらしいです。

健康な人は、出て行く水分量と入る水分量が
体内でほぼ一定に保たれているんだとか。

コロコロウンチは明かに水分が足らない状態ということのようです。

毎日、朝起きてまずはコップ1杯の水分をとることで、
腸に刺激を与え、腸の運動が活発になるということで、毎朝実践しています。

便秘の予防や解消には食事が重要といわれていて

腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、
ビフィズス菌が活性化された腸内環境が良い状態のことをいいます。

腸内フローラ 腸内環境を整えるおススメの食品とサプリは何がいい?

その他、食事と合わせてマッサージや軽い運動ストレッチで、
体の内と外から大腸に刺激を与えて老化した大腸のリセットを心がけてみるといいですよ♪

そして便秘で気をつけたいのは、
一度きた便意を我慢しないこと。

規則的な生活パターンを送ることにより、
決められた時間にお通じが来るようになるとしめたものです。

重症の便秘の人は、健康的な排便リズムを取り戻すために消化器専門病院の受信をおススメしたいところですが、その前に、お腹LOBOさんのリズムハーブSを一度試してみませんか?

3日間のお試しセットが980円(税別 送料300円)です。
※じっくり試したい方は15日間のお試しセットもあり

単なる便秘だと思っていたら、他の重大な病気が潜んでいたという場合もあるそうなので、
専門の病院を受診し、何もなかったら便秘の治療を行うといいと思います。

まとめ

私も便秘で苦しんだ辛い経験があるので、便秘の怖さも辛さも十分わかっています。便が腸に何日も溜まっているわけなので、その便の重さは直接、体重にも影響しますよね。便秘になると太ったように感じるのは意味がありました。快便はキレイとダイエットの基本なので毎日便通があるということを習慣にしたいものです。長く続く場合はたかが便秘と侮ることなく、早めの対策が必要のようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください