ゴーヤの栄養価と独特の苦みを和らげる(取る)方法!!



ゴーヤが美味しい季節。ゴーヤの料理も良く出てくるようになりました。
小さい頃は大嫌いだったゴーヤですが、成長するにともないゴーヤが好きになり、子供らにも「ゴーヤは栄養があるから食べなさい!」と言い続け、今じゃすっかり我が家の定番料理となっていますww

スポンサードリンク

いやほんとうに、子供の頃はあの苦みが嫌いで嫌いで、、、

畑で作ってたゴーヤが毎晩毎晩出るんですよ。

渋々食べる私に、
母は「ゴーヤは苦いけどこの苦さには栄養があるけん」て云うんです。

小さい頃は泣きそうな顔で食べてたゴーヤですが、
成長するにともない、ゴーヤの苦みがとてもおいしく感じられるようになりました。

体の中にゴーヤの味覚が記憶されてて
ゴーヤの季節が来ると無性に体が欲するみたいな感じかなぁ…(´-`).。oO 

そんなゴーヤは夏の野菜の王様といわれ
多くの栄養素を含んでいます。

ゴーヤの栄養価と苦みをやわらげる(消す)方法についてご紹介しますね。

 

■ゴーヤの栄養価は?

ゴーヤと言えば、ゴーヤちゃんブルーが有名ですね。

昔はあまり他県では出回っていなかったのですが、
健康効果がTVなどで放送されると、アッとゆう間に全国に広まりました。

先ず、あの苦味の成分ですが、
食欲増進・胃の保護、肝臓の機能を高め、血糖値を下げる効果があります。

胃液の分泌を促進させ、食欲を増進させてくれるので夏バテ解消にも。
とかく暑さで食欲不振になる夏場にはおすすめの食材ですね!

更に、疲労回復に有効とされるビタミンCも豊富で、
ビタミンCの含有率はレモンの約3倍、キャベツの約4倍とも。

またゴーヤは油との相性が良く、ゴーヤのビタミンCは、炒めても壊れにくいとか・・・・
カロテンも含まれているので、目の疲れにも有効

つまり
夏にピッタリの食べ物と言えます!
 

スポンサードリンク

 

■ゴーヤの苦みの見分け方

ゴーヤと言えば、あの独特の苦み

沖縄の方言で「にがうり」とも言い
名前の通り、強い独特の苦みがあります。

いくら栄養価が高いとわかっていても、あの独特の苦みが苦手な人は多いですね。

そこで!
どうにかして苦みをやわらかくする方法はないものかなと悩む方に朗報です。

まずはゴーヤの色とイボイボに注意してみてください (o^-‘)b

ゴーヤには緑の色が濃く、見た目なんとなく硬い感じのものと、
色が薄く、やや柔らかく感じるものがあります。

最近は品質改良で苦みを抑えたものも出回っていますが
一般的にイボイボが大きく色が薄い方が苦みが弱いといわれています。

イボイボが細かく色が濃いものは苦みも強いですので
本来のゴーヤの苦みが欲しい人はこちらを選ぶようにするといいですね。

 

■ゴーヤの苦みを消す方法

次は料理の下ごしらえで、
独特の苦みを消す(やわらげる)方法をご紹介しますね。

1)塩をふりかけ水を出す

塩をふりかけて水を出すという方法があります。

調理用に切ったゴーヤに、軽く塩を振りかけ手でまんべんなく混ぜます。
塩の量はあまり多くしない方がいいと思います。
そのまましばらく10分くらい放置すると、ゴーヤから水分が出てきますのでそれをよく水洗いし、水切りします。

このあと調理します。

2)三温糖をふりかけ水を出す

ゴーヤのように苦みの強い野菜は
塩ではなく三温糖を使うとより味がまろやかになります。

やりかたの手順は塩と同じです。

生で食す場合も、薄くスライスして三温糖にまぶして10分ほど置く。
こうすると水分とともに苦みが抜け口当たりがよくなります。

3)タネとワタをきれいにそぎ落とす

苦みをやわらげるためには、中の種とワタの白っぽい部分を丁寧にこそぎ落とすと
苦みがやわらぎます。

4)タンパク質と油を加える

チャンプルーを作るとき、豚肉や加工肉(ソーセージなど)、
たまご、豆腐を入れて油いためをするように、タンパク質と油を加えると苦みが和らぐようです。

いかがでしょう。
ゴーヤは夏にピッタリの食べ物!(o^-‘)b

夏は積極的にゴーヤを食べることで
猛暑を元気に乗り越えていけるのではないかと思います٩(ˊᗜˋ*)و

関連記事
・夏バテに効く食材や食品でダルイ疲れるを改善する方法!

まとめ

ゴーヤは夏の食材の王様。夏になると、スーパーや八百屋さんには新鮮なゴーヤが並びます。
あの苦味の成分には、食欲増進・胃の保護、肝臓の機能を高め、血糖値を下げる効果があり、ビタミンCも豊富でゴーヤのビタミンCは熱に強いため、加熱処理しても成分が壊れにくいのも特徴的。夏バテの予防や対策にはピッタリの野菜といえるでしょう。
夏の猛暑も積極的にゴーヤを食べれば乗り越えられそうですね。٩(ˊᗜˋ*)و

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です