普賢大御堂観音寺の菜の花畑と桜のコラボで日本の春を満喫!



暖かくなると菜の花や桜のスポットが人気になりますね。
小春日和のうららかな陽ざしを浴びて菜の花畑と桜のコラボはいかがですか。
大阪からでも日帰りで行くこともできる花見の穴場スポット「普賢大御堂観音寺の菜の花畑と桜」についてご紹介します。

スポンサードリンク

普賢大御堂観音寺

京都を代表する玉露の産地として名高い、一休さんゆかりの寺「州恩庵」や
サイクリストの聖地「八幡木津自転車道線」が走ることでも知られる京田辺市。

ここ京田辺市にある「大御堂観音寺」は、
天武天皇の勅願により義淵僧正が創建したとされています。


出典:https://www.kyotokk.com/saku_omidokannonzi.html

その後、聖武天皇の御願により良弁僧正が伽藍を増築し、
息長山普賢教法寺と号し、国宝の十一面観音立像が安置されました。

昔は 法相・三論・華厳の三宗を兼ね、七堂伽藍は壮麗を極めて
「筒城の大寺」と呼ばれた大寺院であったそうですが
幾度となく火災にあい、現在は大御堂だけが再建されてのこっているのだそうです。

 

普賢大御堂観音寺の菜の花と桜

「大御堂観音寺」周辺では3月下旬~4月中旬にかけて
参道わきに約3万株の菜の花が咲き誇り、そこいら中が菜の花の黄色い絨毯で覆われます。


出典:https://sazaneri8.exblog.jp/22434932/

この菜の花畑は稲刈り後の田んぼを利用、
地元有志と観光協会との共同事業として平成12(2000)年に登場したんだそうですよ。

 

スポンサードリンク

 

67万㎡という広大な敷地でピクニックを楽しむには絶好のロケーションになります。


出典:https://sazaneri8.exblog.jp/22434932/

また4月に入ると満開の菜の花畑を見渡す寺の参道でも
出番を控えていた約50本の桜が一斉に開花し、菜の花とのコラボでとても素敵なロケーションが……

どうですか~

桜と菜の花っていかにも日本の春っていう感じで絵になりますよね。
イエローもピンクも幸せオーラがすごいです♡


出典:https://www.kyotokk.com/saku_omidokannonzi.html

ここの菜の花畑では3月24日~4月8日まで行われる「ひとやすみフェステイバル」
ラストの8日間には、無料の花摘み体験の楽しいイベントも行われ、
多くの観光客や花見客でにぎわうのだそうです♪

ひとやすみフェステイバルの詳細はこちら

楽しいイベントもあり、子供から大人まで楽しめるイベント!
ピクニック気分で菜の花と桜のコラボを見にお出かけしてみてください。

その他、京都の観光スポットやホテルは【楽天トラベル】で探すことができます(^^♪

 

●普賢大御堂観音寺の菜の花畑
住所:京都府京田辺市普賢寺下大門13
拝観料:本堂拝観 400円 (境内は無料)
拝観時間:9:00~17:00
菜の花畑:無料
アクセス:【電車】JR学研都市線JR三山木駅または近鉄京都線三山木駅より徒歩25分
【車】京奈和道田辺西ICより10分
駐車場:大御堂観音寺駐車場 約20台 無料
TEL:0774-68-2810(京田辺市駅ナカ案内所)

まとめ

まだ予定が決まってない方は、春の陽気に誘われて、京田辺の里山に桜と菜の花を見におでかけしませんか?
大阪からでも日帰りでいける菜の花と桜のコラボが見れる穴場スポットではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.