ホテルでのチェックイン~アウトまでの過ごし方!服装 チップ アメニティ等のマナーは?


豪華ホテルのロビー
大人や社会人になると友達やカップル・家族と旅行にいく計画も増えてきますよね。このようにプライベートやビジネスで利用するホテルですが、滞在中は心地よく過ごしたいものです。旅館とは少し違うホテルの基本マナーについてまとめてみました。

スポンサードリンク

日本人になじみの深い旅館と違ってホテルのマナーってどうなのでしょうね。

【関連】旅館でのチェックイン~アウトまでの過ごし方!心付け 温泉 浴衣のマナーは?

ホテルといえば、高級ホテルからシティホテル、ビジネスホテルなど、いろんなホテルがありますが、旅館とは違うマナーがあるので、まとめてみました。

 

■ホテルにチェックイン~アウトまでの過ごし方とマナー

<チェックインする時の決まりはある?>

フロントでチェックインするのに、特別なものは何もありません
ロビーのチェックインカウンターへ行き、「予約している○○です」と伝えると、宿泊者カードを渡されますので、住所や氏名、場合によってはクレジットカードの番号などを記入します。

家族やカップルと宿泊する場合は予約をした本人が、記帳するとスムーズですね。

記帳が終わるとホテルのカードと鍵を渡され、ベルボーイ等が案内してくれる場合もありますし、
部屋番号を知らされるだけで特に案内されない場合もあります。

 

<ホテルのロビーの服装は?>

ホテルのロビーって豪華ですよね。天井からシャンデリアが下がってたり、豪華な調度品があるので
場違いではないかと不安に思う人もいます。

もしかしたら、ドレスアップしないといけないのかとか…

しかしロビーは宿泊者以外でも利用する公共スペースになります。
外出時の服装であれば問題ありません

それとホテルでは旅館と違い部屋から一歩出たら公共スペースになります。
旅館と違ってバスローブや室内スリッパで歩き回ったりはできません。

部屋から出る時には外出時の服に着替えるのがマナーです。

 

<ホテルのレストランの服装は?>

宿泊だけでなくレストランを利用する場合、高級ホテルのフレンチであればジャッケット、タイ着用などフォーマルな服装が良いかもしれません。
シティホテルだと清潔な服装だったら心配はいらないと思います。
リゾートホテルだったら、Tシャツ、単パンでもOKかな((´∀`*))

最近は、実際にドレスコードを設けているところは少ないように思いますが・・・・

 

<ホテルマンにチップは必要?>

日本ではチップの代わりにサービス料を請求されるシステムが導入されてるホテルが多いので
基本的にチップは必要ありません

ただし海外旅行の際は国や地域によってポーターや客室係にわたすこともあります。
海外では、ボーイ等の人々は実質的にチップが歩合給というかたちになっていますので、それぞれの国ごとの慣習に従って判断して下さい。

 

<電話のモジュラーは?>

最近はPC用の差し込み口がある客室も増えているので、まずは訪ねてみてください。
モジュラーは勝手に抜き差しして壊したりしないようにしましょう。

館内にPCができる施設があることもあります。
 

スポンサードリンク


 

<外出時はキーはフロントに預ける?>

ホテルの廊下は公共スペース

ホテルの外で食事をする場合や外出もありますよね。
その場合、部屋の鍵を持って出るのか、預けたほうがいいのか迷うことがあります。

ホテルを一時的に出る際は短時間でも長時間でもカード式のキーなら預ける必要はありません
旧式のカギは持ち歩くのが煩わしいこともあるので預ける方がいいです。

一応、チェックインのさいに「外出時鍵はもってても良いですか?」と聞いてみましょう。

 

<途中で部屋を変えることはできる?>

案内された部屋が思ったより狭い場合や眺めが悪いなど、イメージとちがうこともあるかもしれません。

当日空いていれば変えてもらえることもできると思います。
私の友人はできました。

細かい希望がある場合は、予約時に伝えるようにすると、イメージに近い部屋が取れると思います。

 

<友達を部屋に入れても大丈夫?>

ホテルによりますが、客室スペースへの立ちよりは宿泊者に限る場合が多いようです。
容認してる場合でも夜遅くに招くのはマナー違反です。

 

<部屋を汚してしまったら?>

飲み物をこぼしてカーペットを汚してしまったり、備品を壊したりといった失敗はあることです。
故意でないとはいえ、小さなことでもキチンと申し出ましょう
わからないならだまってそのまんまが一番失礼な行為です。

 

<バスルームの使い方は?>

ホテルのお風呂の場合、旅館のように大浴場などがないので、トイレとお風呂が一緒にあるユニットバスを使用するケースが多いです。
なので、狭いと感じ、シャワーだけという人も多いですね。

ですが、私は特に冬はバスタブにお湯をはって浸かるようにしています。
やはり、シャワーよりもお風呂に入ったという感覚になり疲れもとれますw

また、浴槽とトイレの間には、カーテンが設置されていますが、
シャワーを浴びる時は、カーテンを浴槽の内側に入れてから使用してください。

お風呂の湯は抜いて、洗面周りは最後にタオルでざっとふいておくといいです。

 

<アメニティはどこまで持ち帰っていい?>

素敵なホテルグッズは楽しみの一つですよね。
シャンプーや石鹸など消耗品は持ち帰りもOKですがタオルやバスロープはNGです。
どうしても欲しいグッズがあれば、ホテル内のショップで購入できる場合もあるので聞いてみましょう。

 

<連泊の場合、日中に部屋に居てもいい?>

ホテルでは一日に一度、清掃が入りますが、ベッドメイキングや掃除中も部屋の中に居ても大丈夫です。
その際、貴重品はできれば金庫の中へ入れておいた方がいいですね。

シーツやタオルを変えなくてイイ場合は、ドアに「起こさないで」の札をかけておくといいです。朝食を食べるため部屋をでる時なども「起こさないでください」のふだを外側にかけておきましょう。

 

<チェックアウトの注意点は?>

使用後のタオルはバスルームに置いて、ゴミはゴミ箱へ入れ、使ったコップなどは一箇所にまとめておくなど、一応ベッドも軽く整えることが礼儀です。

チェックアウトはイチイチ電話する必要がないので、時間までに部屋をでましょう。
ドアノブにかかってるふだを裏返しにすると「掃除してください」になります。

そして万が一備品を壊した場合などもすべて申告をします。
黙ってチェックアウトすると、あとで請求されることもありますよ。

まとめ

ホテルと旅館では、少し違いがあります。旅館では浴衣や丹前で館内を散策したり歩いても大丈夫ですが、ホテルは部屋から外は公共スペースになります。きちんと私服に着替えたうえで館内を歩いたりロビーに行ったりすることです。友達が訪ねて来たら、ロビーなどの公共スペースを利用して合うようにしましょう。アメ二ティは消耗品はOKですが、タオルやバスローブはNGです。そして日本では、サービス料が宿泊代に入ってるのでチップは必要ありません。では良い旅になりますように(^^♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください