ポインセチアがクリスマスに飾られる訳は?花言葉と誕生花も知りたい!


赤と白のポインセチア
ポインセチアが店頭に並び始めると一気にクリスマスモードに突入しますよね。ポインセチアは赤と緑のコントラストが美しい花ですが、最近は白やピンク、黄色などの色も増えてるようです。ところでクリスマスの時期にはシクラメンもありますが、何故ポインセチアがクリスマスに飾られるようになったのでしょう。その訳とは……

スポンサードリンク

クリスマスの花といえば、ポインセチアですよね。

他にも、シクラメンや西洋ヒイラギ(クリスマスホーリー)などもありますが、
圧倒的にクリスマスの花といえばポインセチアが頭に浮かびます。

日本では冬の季語にもなっているほど…。

ポインセチアがクリスマスフラワーと呼ばれ、飾られるようになったのは何故なのか。
花言葉と誕生花についてもご紹介します。

 

■ポインセチアがクリスマスに飾られる訳

11月に入るとどこもクリスマス仕様となり、
オーナメントや雑貨なども赤、緑、白といったクリスマスらしい色合いになってきますが、
ポインセチアがクリスマスの花とされるようになった主な由来の1つに、があります。

ポインセチアの色

クリスマスカラーの赤・緑・白の3色にはとても深い意味が込められています。

赤は「キリストの流した血の色」
緑は「永遠の命や愛」
白は「純潔」

 
ポインセチアには、花(じつは苞)の赤・葉っぱの緑・樹液の白があります。

クリスマスカラーの3色がポインセチアにはシッカリはいっていますね。
同じような意味では西洋ヒイラギ(クリスマスホーリー)もクリスマスに関連しています。

 

ポインセチアの開花時期

ポインセチアの最盛期は12月ですが、
12月といえばクリスマスシーズン真っただ中。

そんな時期に咲く植物がポインセチアです。

ポインセチアの由来ともいえるエピソード

昔昔の17世紀頃、フランシスコの宣教師がメキシコのタスコ付近に住みつきました。
そんなタスコの街で、クリスマスの頃に赤く色付くポインセチアの花は、『赤はピュアなキリストの血』『緑は農作物の生長』を表し、葉っぱの形がキリスト教の聖地ベツレヘムの星に似ていることから、聖Pesebreのお祭り誕生祭の行列に使われるようになり、やがてその習慣はその後メキシコ中に広がっていきました。

 

ポインセチアの神話

また、興味深いのがポインセチアの神話です。

ポインセチアの神話

聖夜にイエス・キリストに捧げるものが何もない貧乏な少女が、雑草を摘み取って教会に行ったところ、雑草が元気の出るような赤と緑の花に姿を変えたという神話からポインセチアがクリスマスの風物詩になったという話。

ポインセチアはメキシコでは「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれ
まさにクリスマスにぴったりの植物とされています。

 
ーーー現在のタスコ(TAXCO)は、世界で最も美しい街ランキングで8位に選ばれてる街らしいです。もしポインセチアが夏に開花していれば、また違った花がクリスマスの代表花になっていたのだろうか… 
 

また、ポインセチアがクリスマスに飾られる理由には
ポインセチアに込められた愛の花ことばが由来しているともいわれています。
 

スポンサードリンク

 

■ポインセチアの花言葉

まず花名のポインセチアですが、この花を最初に紹介したとされる
メキシコ駐在のアメリカ大使、ジョエル・R・ポインセットにちなんだものです。

日本には明治時代に持ち込まれ、
大酒飲みで赤い顔が特徴である伝説上の動物、猩々(しょうじょう)に似ていることから、
「猩々木(ショウジョウボク)」と名づけられました。

ポインセチアの原産国はメキシコ。
南国のイメージがありますが、ポインセチアは暑さ・寒さに弱い植物です。

真っ赤な花のように見えるのは花を守る「苞(ほう)」で
中に小さな花がかたまってついています。

 

それではポインセチアの花言葉を見てみましょう。

黄色と赤のポインセチア

●全般の花言葉:「幸運を祈る」「祝福」「聖夜」「清純」「私の心は燃えている」

そしてポインセチアの花言葉は、色によっても異なります。

・赤のポインセチアは 「祝福」「私の心は燃えている」

・ピンクのポインセチアは 「思いやり」「清純」

・白のポインセチアは 「慕われる人」 「幸運を祈る」

花言葉の「私の心は燃えている」は、クリスマスにぴったりの、
胸の高鳴りや幸福感を表した花言葉だといえます。

また、「清純」の花言葉は、メキシコの先住民族が
ポインセチアの輝くような色を清純のシンボルとしていたことに由来するともいわれています。

ちなみに誕生花も一緒にご紹介しましょう。

 

■ポインセチアの誕生花

●全般の誕生花:11月18日 11月22日 11月29日 12月4日 12月5日 12月9日 12月22日 12月25日 12月29日

そしてポインセチアの誕生花も、色によって異なります。

・赤のポインセチアは 12月3日 12月25日

・白のポインセチアは 11月18日 12月29日

いかがでしたか?
クリスマスカラーは、何だかワクワクした楽しい気持ちにさせてくれます。

私もクリスマスシーズンはおのずとクリスマスカラーの雑貨や花を
部屋に飾ったり贈り物にしたくなります。

ポインセチアは用途や贈る相手に合わせて、ピッタリの色や花言葉で選んで
飾ったりプレゼントにも喜ばれる花だと思いますね☆彡

参考にさせていただいたサイト:
https://www.hibiyakadan.com/lifestyle/z_0093/
http://gottuan7.blogspot.com/2014/12/23.html
http://www.flower-toya.jp/info/200212.html
https://hanahana018.com/poinsettia/

まとめ

ポインセチアをクリスマスに飾るわけは、色と花の開花時期と花言葉にありました。ポインセチアはその色と咲く時期から、『赤はピュアなキリストの血』『緑は農作物の生長』を表していると、聖Pesebreのお祭り、誕生祭の行列に使われるようになりました。そしてポインセチアの花ことばもクリスマスにピッタリの愛の花言葉になっています。
クリスマスシーズンに入ると、部屋や玄関にポインセチアを飾って、季節の移ろいを楽しんでください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください