長寿祝い(還暦 古希 喜寿 米寿など)のやり方やタイミングとポイント!


43bb848a4928bdd69d646b69a70f5bdb_s
一生に一度の長寿のお祝い(還暦や古希、米寿など)は
本人はもちろん家族にもよい記念になりますので
楽しい思い出となるような祝い方をしたいですね。
喜んでもらえるプレゼントや食事会、旅行などの
ちょっとしたポイントについてご紹介します。

スポンサードリンク

長寿のお祝いで大切なのはタイミング。
お誕生日に長寿のお祝いをするのであれば、それに間に合うように準備をします。

お祝いを楽しみにしてる人なら、「赤いちゃんちゃんこに赤い帽子」とか、
とにかく還暦らしく盛大にお祝いをしてさしあげると喜ばれると思います。

還暦のちゃんちゃんこや帽子は貸衣装もあります。
みんなで揃ったところで記念写真を撮るのもいい記念になります。

反対にお祝いをあまり喜んでいない人であれば、
いつもの誕生日お祝いに長寿祝いのものをプラスして贈るといいでしょうね。

とにかく相手の気持ちに沿った贈り物や祝い方をすることが大切だと思います♪

では、皆さんどんな祝い方をされているのか調べてみましたので
参考にしてみてください。

関連記事
・長寿のお祝い還暦の意味としきたりやマナーとは!
・敬老の日プレゼントでおススメの人気商品ランキングを徹底リサーチ!
・敬老の日の由来と何歳から老人?その日は何をすればいいの?

 

■贈り物をする

還暦祝いの「赤いちゃんちゃんこと赤い帽子」は、
嫌がる人も多いのですが、魔除けの赤を身に着けることで、
「これからも元気でいてください」
という意味があるので何か赤を取り入れたいものです。

男性なら、赤いマフラーやネクタイなどを。
女性ならスカーフやバッグ、お財布なんかいいですよね p(´∇`)q

赤だと少し派手だなと感じたり、苦手な人なら
えんじ色、ワインカラーでもいいと思います。

贈り物は、イザと思うとなかなか見つけられません。

相手の生活や性格、好みを考え
「これは」と思うものを見つけたら買っておくのがおすすめです。
 

スポンサードリンク

 

■会食をする

長寿のお祝いは身内のお祝いなので、子や孫、兄弟姉妹などで
お祝いするのが基本になります。

普段は離れ離れに暮らしていても、
長寿のお祝いに駆けつけ、家族がひとつに集まって
楽しいひとときを過ごすというのは、何よりのお祝いになります。

お店や料理を決める時は、本人の希望を優先し、
食べたい料理や行きたいお店があれば、そこを予約されるとよいでしょう。

地元などでのお祝いは、
「家族に祝ってもらってる」という姿を周りに人にみてもらえますし
本人も喜ばれると思います。

また、祝う側がみんなでお金を出し合って費用を負担する場合、
主催者である人(例えば長男)は、兄弟姉妹の経済状況に応じて
費用の分担を決めるという心遣いも大事ではないでしょうか。

 

■旅行をする

いくつになっても、元気なら旅行も楽しめます。
長寿のお祝いに、旅行をプレゼントされる方も多いです。

親、子、孫が一緒に温泉に入って
宿で美味しいもの食べて、観光をするって
とても楽しい思い出になりますよね。

そして旅行の場合も、本人の希望を優先し、
行先や日程を、決めてあげると喜ばれると思います。

その場合、夏の暑い時期や冬の寒い時期に
旅行を計画するのは、控えた方がいいでしょう。

特に高齢になればなるほど
本人の体調や気持ちに配慮して、慎重に計画を進めてください。

 

■お祝い金を贈る

還暦祝いには、ことさら集まることもせず、
「お祝い金」を贈るという人もいます。

「日頃から頻繁に集まっているから特別なことはしない」という人や
「お祝いの席を主催する側も大変だろうから」という理由など、
状況によってはお金でお祝いをということもありますね。

お金を贈る場合は、
赤白、または金銀の蝶結びの水引の祝儀袋を用意します。

表書きは
「祝 喜寿」「祝 米寿」などのように、「祝」の後に賀寿名をいれます。

還暦の場合は
「祝 還暦」「還暦御祝」で。

他には「祝 華申」という還暦の別名の表書きもあるようです。

■まとめ

いかがでしたか?長寿のお祝いは身内で行うのが基本ですから、それぞれのやり方でお祝いして差し上げたらいいと思います。
本人の希望を優先し、プレゼントや会食の場、旅行先などを決められたらいいでしょう。ただ傍にいて一緒に語らうだけでも素敵なプレゼントになると思います^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です