ラッシュガードって何?UV効果のある普通のパーカーとどう違うの?



夏が近づき、プール、海水浴 川遊び、ハイキング、BBQなどのイベントは計画されましたか?
喜ぶ子供や彼をよそ眼に、女性は日焼けが気になるところ。できるだけ肌を焼きたくないために、日焼け止めはもちろん、UVカットのインナーやアウターも準備が必要になりますね。

スポンサードリンク

夏が近くなるとラッシュガードの購入をと考えている人も多いと思います。

でも、
ラッシュガードってそこそこの値段はしますよね。^^;

日焼け防止だけなら、
普通のUV効果のあるパーカーでもいいのかな~なんて思ってしまいます。

そもそもラッシュガードとUV効果のあるパーカーってどう違うのでしょう。

 

■ラッシュガードとUV効果のあるパーカーの違いは?

たった1回しか着なかったり水辺で戯れるだけの場合、
ラッシュにするかUV効果のパーカーにするか迷ってしまいます。

はて、どっちがいいのかな?

●ラッシュガードとは

ラッシュガードの“ラッシュ”は、すり傷の意味があり、
その名の通り“すり傷から身を守る”ものです。

主にサーフィンなどマリンスポーツウェアとして使われていて
日焼け防止、擦り傷の防止、保温性などに優れています。

日焼け防止の効果もある事から
一般の海水浴の客も着る様になってきました。

ただし、UVの効果は二の次で
あくまでも水着感覚の商品ですね。

素材(生地)によってもちがいますが…
色の薄い物、生地の薄い物はUV効果は低くなります。

ここで、

どれくらい日焼けを防ぐのか”を表すUPF(Ultraviolet Protection Factor)は、
オーストラリアやアメリカなどで定められたUVカットの基準値です。

例えば、UPF50があらわす数値に、10(分)を乗じると500(分)になります。

これは、その服を着用することで、何も着用せずに10分紫外線を浴びた状態の日焼けと、
同程度の日焼けを引き起こす時間は500分であることを意味します。

数値が高いほど紫外線の影響を防いでくれる効果があるとされています。

日焼けしたくない場合は、
ラッシュガードもUV加工が施されている商品を買うことをおすすめします。

ラッシュガードは汗や水を吸い込みつつも、
すぐに乾く薄手の素材でできています。

かばんの中にくるっと丸めてもシワになりにくく、
コンパクトで軽いので、持ち歩くのにもとても便利です。

また、蚊をよせつけにくくする防蚊加工がプラスされたものもあり、
ビーチでの木陰・キャンプ・夏フェス・園芸の際の虫刺され予防にもGOOD!

基本的に日差しや摩擦から肌を守る為に着るものですから
海やプールはもちろん、キャンプ、などでも大活躍するオールマイティーな1枚です。

とりあえず、ラッシュガードを見てみましょうか。

  → 今年人気のラッシュガードを楽天で探してみる

また、ラッシュガードは体にピッタリとフィットするので、
身長よりもやや大き目を買うと良いでしょう。

子供の場合、80なら100、
100なら120にしますと、2年は十分着られると思います。

簡単に言うとラッシュガードは、水の中で着るもので、
あくまでも水着の感覚でとらえてください。

ラッシュガードは身体にピッタリしてますが、伸縮性があり水の中でも動きやすく
特に海では、大活躍してくれると思います。

子供さんなら、間違いなくラッシュガードのほうがいいと思います。
裸で泳ぐよりも保温性もあり、くらげなどからも身を守ってくれますよヾ(´▽`*;)ゝ
 

スポンサードリンク

 

●UV効果のある普通のパーカー

アウトドアに不慣れな方や初心者には、その時だけのものより、
普段使いができるUV効果のあるパーカーがおすすめかな~て思います。

子供さんの送り迎えや買い物など、
ママはなんだかんだと外に出る機会も多く、UVカットのパーカーは何枚あっても重宝しますしね。

UVカットパーカーをダイビングとか水中で使うのではなく、
UV対策で着たり、肌寒い時に羽織る程度に使おうと思っているのなら充分使えますからオススメです。

水に入らないのであれば、パーカーで十分間に合います。
紫外線からも守ってくれるので、日光浴程度ならパーカーで十分ではないでしょうか。

ユ二クロのUVカットパーカーなら、
ラッシュガードよりもサイズ的にゆとりがあるから肌寒い時の羽織にはもってこいかも…。

購入するのであれば、水に入るなら、ラッシュガード!
入らないならUV効果のあるパーカーでイイと思います。

 

■ラッシュガードの下には何を着るの?

普通の水着を着てその上にラッシュガードを羽織ります。

ビキニなど多く肌が露出している水着は日焼けが多いので、着たほうがいでしょうね。
ただし、これも好みですww

ワンピースであっても、ビキニであっても
着たけりゃ着ればいいだけのことです!

ラッシュガードは半袖と長袖があり、
紫外線対策と寒さ軽減にもなりますのでプールで泳ぐ時も着用可能です。

陸で暑いときもラッシュを敢えて濡らした状態にして着たり
羽織ったりすると暑さをしのげたりします^^

ただ風を受けるとメチャ寒いのが特徴ですから、Tシャツなどの着替えは必要です。

良い商品があれば、いいですね。

まとめ

ラッシュガードは水の中で着るもので、パーカーは、水から上がったら着るものです。
ラッシュガードは紫外線対策と寒さ軽減にもなりプールで泳ぐ時も着用可能。
浜辺や海辺で戯れたり、水の中に入らない場合は 普通のUVパーカーで十分だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です